スーツケース・キャリーバッグの選び方

このサイトはスーツケース・キャリーバッグに注目した情報提供を行っています。

*

さあ冬休み!いざ旅行に行こと思った時のスーツケース選びは?

   

日本に住んでいると、長期に休みを取れる期待というのはやはり、年末年始かゴールデンウィークですよね。

勿論お盆の時期の夏休みという手がありますが、やはり休みを取りやすいのは年末年始ではないでしょうか。

海外旅行のチャンス到来、というわけです。

しかし寒い冬の時期の荷物、結構増えてしまいがちです。

ではどんなスーツケースを用意したらいいのでしょうか。

私が絶対おすすめするスーツケースランキングはこちら

スポンサーリンク

そういう考え方もあるんだなあと

実は筆者先日、電車の中でちょっと面白い会話を聞いたのです。

2人の、20代と思える女性が休みについて話をしていたんですね。

で、長く休みを取れる時期で旅行に行きたいけど、などと言っていたんです。

聞くともなしに聞いていたら、そのうちの1人が、休みとるなら正月がいい、と言い切りました。

若い人なのに珍しいな、と思っていたらその続きがなかなか秀逸でした。

正月なら休みをとっても、何も言われないで済む、というのです。

確かに、日本の風潮として年末年始は休むのが当たり前と言った感があります。

近頃ではそれも怪しくなってきましたが、でも一般的な会社に務める人にとっては、周囲に気を使うこと無く休める機会でもありますね。

私が絶対おすすめするスーツケースランキングはこちら

スポンサーリンク

混むのは仕方ない冬の休暇の旅行

とは言え誰でも考えることは同じですので、この長期休暇を海外旅行に当てたいと思う人は、かなりの数に上ります。

特に社会人1年生や、春に卒業を迎える学生の場合、ここでちょっと贅沢な休みをと思うのも仕方ありませんね。

しっかりと羽根を伸ばして、翌年に備えたいものです。

でもこういった若い人の場合、初の海外旅行だということも結構あります。

また海外は、家族旅行などで経験済みという人も、自分だけのスーツケースは持っていない場合も多いですね。

なのでこれを機会に、新しいスーツケースも用意と思った場合、どんなスーツケースがおすすめなのでしょうか。

冬の休暇の旅行用スーツケース

まず考えなくてはならないことが、スーツケース選びの前にあります。

何日間の旅行になるのか

これは勿論季節問わず、旅行用のスーツケースを新調する時に考えなくてはならないことです。

とは言え、年末年始を利用した旅行は、1週間位のものになる事が多いので、自然大きめのスーツケースを選ぶ人が増えますね。

せっかく長めの休みが取れるのだから、ちょっと遠い国へと言う感じです。

逆に、近場の国へ行ってちょっと遊んで、残りは家でほっこりという人もいるでしょう。

まずは何日間の旅行に行くのか、しっかりと確認しておくことが大事ですね。

これ実は、大は小を兼ねるで、数泊の旅行に大きめのスーツケースを用意する人もいるのです。

悪くはないのですが、結局持て余してしまうし、長期の旅行はそうそう行く機会もないので、その辺りも考慮に入れたいですね。

行き先はどこの国

世界は広いです。

なので冬真っ最中の日本を基準に考えてはいけません。

行き先がハワイだったり、もしくは南半球だったら、これはもう冬服ではとても対処ができませんね。

夏服を持っていくことになります。

となると、枚数は必要ですがかさばらないものばかりなので、容量はそれほどになりません。

思っているよりも小さめサイズのスーツケースで充分と言うこともあります。

逆に同じく冬で、こちらよりもっと寒い地域に行く場合、しっかりと防寒具の用意が必要になります。

自然着るものも、枚数はともかくかさがはるものが多くなってしまいます。

そこも考慮に入れたいところです。

複数で行く旅行か一人旅か

これあまり荷物と関係ないように思われるでしょうが、実は結構関係があるのです。

複数の、友達同士での旅行だと、ちょっと席を離れる時にも荷物を見ていてもらえます。

複数の荷物を持っての移動の時にも、そういった時に誰かに見ていてもらえるのは、セキュリティ的に安心です。

一人の旅行の場合、荷物の管理は勿論自分でということになります。

つまり、できるだけ荷物の数は増やさないほうが、管理という点でおすすめなのです。

特に冬の場合、寒さに負けてもしくは、行き先が暖かかった場合、仕方なく洋服を現地で購入することもあります。

冬着はどうしてもかさばりやすいものなので、荷物が増えてしまうこともあるわけです。

そういった面も考えて、一人旅の場合少し大きめのスーツケースで、出来るだけ荷物の数を減らすのがおすすめですね。

最初に購入するスーツケースなら

さて年末年始の休暇で、初の海外旅行の場合新調するべきスーツケースは、どんなものがおすすめでしょうか。

卒業間近の学生や新社会人の場合

来年は卒業で、その後就職も決定しているので、ここは羽根を伸ばしておこうとみんなで旅行というのも、年末年始には多いですね。

またすでに社会人となって、初の年末年始を迎えた場合も、ちょっと贅沢してと思う人も多いでしょう。

これらの場合、スーツケースを新たに購入するなら、もうこれは仕事の出張などにも使えるものを選ぶのがおすすめです。

特に卒業間近の学生の場合、ついはしゃいで派手なスーツケースや、キャラクターもののスーツケースを選んでしまうことがあります。

勿論遊び専用のスーツケースとして使用すればいいのですが、これの他にも今度は仕事用のスーツケースをとなると、収納場所に問題が起きてきます。

1週間の旅行用のスーツケースは、思ったよりも場所をとるものです。

一人暮らしで社会人になったばかりだと、住んでいる部屋もそうは広くなく、収納場所も限られます。

仕事遊び兼用で使える、しっかりしたスーツケースがおすすめですね。

大学に入ったばかりや学生真っ最中の人の場合

バイトで貯めたお金で、気のあった友達と旅行というのも、年末年始ならスケジュールが合わせやすいものです。

学生の場合時間は社会人に比べて、自由にはなりやすいですが、それでも年末年始は特別の休みという感じですね。

他の休みの場合、課題というものが結構控えていますが、この時期はそこそこそういったものからも自由です。

なのでここで海外へと言う場合、さてスーツケースを新調しようと思う人も、少なくないはずですね。

しかしここでちょっと考えてみてください。

海外への旅行というのは、そうそう行けるものではなくスーツケースもお蔵入りになる可能性も出てきます。

ここは割り切って、レンタルのスーツケースを利用するのがおすすめです。

購入するよりずっと安いですし、今では業者が家まで運んでくれます。

収納についても考えずに済むので、特に学生にはおすすめです。

冬の時期の旅行の着るものの荷物詰め

どうしても冬の衣類はかさばります。

重さはそうでもありませんが、なにしろ場所を取ります。

夏のTシャツ5枚分が、セーター1枚のかさと同じくらいですかね。

これを詰めるのですから、スーツケースが重さの割に満杯に、となってしまうのです。

こういった場合、とにかく衣類用の圧縮袋を利用しましょう。

使い捨てのものから再利用できるものまで、多くの種類いやサイズが、今では100均でも購入可能です。

衣類を入れてくるくるたたむだけで、圧縮できるタイプのものは、冬の旅行に欠かせません。

どうも荷物を考えると、ひとサイズ大きなスーツケースが必要なのでは、と思った場合にこの圧縮袋を思い出してください。

やたら大きなスーツケースを用意せずに済みますよ。

まとめ

冬の時期、年末年始は混雑するので家でのんびり、と思いつつもやはりそこは長期休暇です。

出かけたくなるのも当然ということですね。

そんな時期にはじめてのスーツケース購入は、荷物の量なども考えると結構悩ましいものです。

使った後の収納場所の問題も、その後使用する場合の状況も、考えての購入をしたいものです。

もし行き詰まってしまったら、これはレンタルスーツケースの出番です。

せっかくの旅行の最中もその後も、無駄なく楽しく過ごしたいですね。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - スーツケース