スーツケース・キャリーバッグの選び方

このサイトはスーツケース・キャリーバッグに注目した情報提供を行っています。

*

スーツケースを引くときの迷惑にならない方法は?おすすめの4つの対策

   

スーツケースは、旅行や仕事などで活躍する便利なアイテムのひとつですが、引き方には注意しなければなりません。

あまり適当な使い方をしていると、他の人の邪魔になってしまうことがあるのです。

そうなると、相手だけでなく、自分にも余計なストレスがたまってしまいます。

気持ちよく使うためには、迷惑をかけないための対策を知っておくようにしましょう。



私が絶対おすすめするスーツケースランキングはこちら

スポンサーリンク

腕を曲げる

スーツケースを引いて歩くときは、他の人の足が引っかかってしまうことがあります。

特に注意しておきたいのは、自分とスーツケースとの距離が大きく開いているときです。

人混みの中を歩くときは、その空間が広くなるほど、何かが引っかかる可能性が高くなります。

そのため、誰かの足が引っかかることも多くなってしまうのです。

これを防ぐためには、できるだけ隙間を狭くしておくことをおすすめします。

自分とスーツケースの間が離れすぎていると、どうしても引っかかりが起きやすくなってしまいます。

しかし、距離が近く、あまり隙間がない状態になっていれば、何かが入り込むことは少なくなり、引っかかりを回避できるのです。

この方法なら、誰にも迷惑をかけず、スムーズに人混みを通り抜けることができます。

もちろん、自分が不必要なストレスを感じることもありません。

そのために注意しておきたいのが、腕を曲げながら歩くことなのです。

引き寄せる

腕を曲げた状態で引くと、スーツケースを自分の体にぐっと近づけることになります。

つまり、スーツケースをなるべく引き寄せるようにして、デメリットになりそうな隙間を埋めてしまうというわけです。

それなら、誰かの足が入り込むことは少なくなるため、人混みでもスイスイと進むことができます。

スーツケースを引くときは、つい腕を伸ばしてしまうこともありますが、人が多い場所を移動するときは、ぜひこの方法を試してみてください。

やたらと引っかかりが多く、普段から歩きづらさを感じている人にはおすすめです。

引っかかるほどの隙間をつくらないことで、不便さはかなり解消できます。

些細な対策ではありますが、自分も周囲の人も快適に移動できるように、常に意識しておくようにしましょう。

取っ手の長さを調整する

引っかかりを防ぐために重要なのは、何かが入り込む隙間を狭くしてしまうことです。

そのための方法は、腕を曲げるだけではありません。

取っ手の長さを調整して、短い状態にしておくことも、かなり有効な対策になります。

長くして引いていると、どうしても広い隙間ができてしまいますが、自分の体に近くなるように縮めておくと、その隙間は狭くなり、引っかかりを減らすことができるのです。

ずっと腕を曲げたままにするのが疲れるようなら、この方法で対応するようにしましょう。

取っ手が短く、常に自分の体に近い状態になっていれば、少しくらい腕が伸びていても、それほど隙間は大きくなりません。



私が絶対おすすめするスーツケースランキングはこちら

スポンサーリンク

狭い場所は腕を内側に

スーツケースを引いて狭い通路などを歩くときは、道幅に余裕がないため、誰かにぶつかってしまう可能性が高くなります。

自分ではぶつけるつもりなどなくても、自然と距離が近くなり、うっかりぶつかってしまうことが多くなるのです。

これを防ぐためには、なるべく幅をとらない引き方をすることが大切です。

何も考えずにただ引いていると、知らず知らずのうちに幅をとって歩いていることもあります。

そんなことでは、狭い道をスムーズに通り抜けることはできません。

狭い場所でも迷惑をかけないように歩くなら、自分が少し細くなるようにしましょう。

そのためには、腕を内側に入れることを意識してください。

背骨の後ろになる位置で

腕を内側に入れるといっても、なかなかイメージしづらいものですが、要は腕を引っ込めて歩くということです。

なるべく背中の方に腕を入れて、スーツケースを隠すようにしましょう。

その方法なら、無駄に幅をとることはなく、誰かにぶつかってしまう心配もありません。

自分がなるべく細くなれば、狭い道でもすんなりと通過することができるのです。

腕が背骨の後ろになるくらい引っ込めていれば、かなりスマートになるので、狭くてぶつかりそうな道を歩くなら、ぜひ試してみてください。

少し蹴る

スーツケースで人に迷惑をかける可能性があるのは、道を歩くときだけではありません。

電車やエレベーターなどから降りて動き出すときも、誰かの迷惑になってしまうことがあるのです。

スーツケースを持って動き始めるとき、段差などに引っかかってしまうと、なかなかスタートできないことがあります。

そうなると、後ろにいる人の足まで止めてしまうことも多いですが、誰かを待たせている状況だと、かなり焦ってしまうことも問題です。

早く動き出したいのに、焦れば焦るほどうまくいかなくなり、余計に時間がかかってしまうのです。

そのような状況から一刻も早く抜け出すためには、足を使いましょう。

スーツケースの下につま先を入れ、キャスターの横のあたりを少し蹴ります。

すると、スーツケースが一瞬浮き上がり、すんなりと脱出することができるのです。

焦ってしまうと、ただ引っ張って解決しようとすることも多いですが、少しだけ浮かせた方がより確実であり、無駄な労力を使うこともありません。

動けなくなったときのために、この方法をしっかり頭に入れておいてください。

蹴りすぎない

スーツケースを蹴るといっても、重要なのは、あくまでも少しだけ浮かせることなので、あまり強く蹴らないように注意してください。

引っかかったことにイライラして、思いきり蹴り飛ばしたりすると、スーツケースに余計なダメージを与えてしまいます。

また、「ゴン」という大きな音が響いてしまう可能性もあるので、他の人を驚かせないためにも、きちんと加減するようにしましょう。

階段でも取っ手はそのまま

スーツケースを持って階段を昇り降りするときは、取っ手をきっちり収納したくなりますが、他の人の迷惑を考えるなら、それはNGです。

取っ手を収納するために立ち止まっていると、後ろの人を待たせることになってしまいます。

人が少ないならともかく、混んでいる場所でそんなことをしていると、かなり迷惑です。

それを避けるためには、取っ手をいちいち収納せず、そのままにして運んでしまいましょう。

取っ手は出したままで持ち手を握り、とにかく動き出してください。

収納せず、取っ手から持ち手に切り替えるだけなら一瞬なので、後ろに人がいたとしても、待たせてしまう心配はありません。

それなら、誰の迷惑にもならず、スムーズに移動することができるのです。

取っ手をつかまない

取っ手を出したまま持ち運ぶときは、取っ手をつかむのではなく、必ず持ち手の方をつかむようにしてください。

思わず取っ手をつかみたくなることもありますが、取っ手をつかんでいると、抜けてしまう可能性があるのです。

人混みの中でそんなことになれば、迷惑になることは避けられません。

余計なトラブルを防ぐためにも、きちんと持ち手をつかむようにしましょう。

まとめ

スーツケースは便利なアイテムですが、引いて歩くときは、ここで紹介した対策を忘れないようにしてください。

自分とスーツケースが離れすぎていたり、腕が外側に広がっていたりすると、他の人に迷惑をかけてしまうことがあります。

正しい引き方を常に意識して、なるべく邪魔にならないように使い、トラブルを避けるようにしましょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - スーツケース