スーツケース・キャリーバッグの選び方

このサイトはスーツケース・キャリーバッグに注目した情報提供を行っています。

*

バックパックってどんなもの?普通のリュックやバックとの違いと、バックパックの選び方を解説

   

バックパッカーという言葉を聞いたことがある方も多いと思われますが、そのバックパッカーという言葉の元となっているのがバックパックです。

今回はバックパックについて全く知識がない方のために、バックパックとは何かを解説します。

また、これから購入予定の方におすすめのバックパックも合わせて紹介していきますので参考にしてみて下さい。

私が絶対おすすめするリュックサック・バックパックランキングベスト12はこちら

スポンサーリンク

バックパックとはどんなもの

バックパックは日本では背負うタイプのバッグやリュックサックの事を指します。

登山のときによく背負うようなバッグがバックパックという訳です。

呼び名が違うだけでザック、ナップサックとも言われることがあります。

ただ、日本でバックパックというと、バックパッカーが使うような、かなり大型のバッグを想像する方も多いです。

私が絶対おすすめするリュックサック・バックパックランキングベスト12はこちら

スポンサーリンク

バックパッカーとは

バックパックと一緒に出てくる用語として、バックパッカーがあります。

バックパッカーとはバックパックを背負っている人や、少ない予算でバッグ一つで旅する旅行者の事です。

バックパックは大容量のものも多く、それ一つで旅行に必要な荷物をほぼ全て入れることも可能なので、スーツケース代わりにもなります。

スーツケースも便利ですが、スーツケースは登山には不向きだったりします。

一方、バックパックは背中に背負うので登山の時に邪魔になりません。

色々な国を渡り歩くような旅行や、登山などのアウトドアを楽しむ旅行ではバックパックのほうがおすすめです。

バックパックの活用術

バックパックは色々な使い道があります。

海外旅行

一番定番の使い方が、旅行の時に使う方法です。

国内旅行の場合、駅構内やホテルには大抵荷物を預けるロッカーがあったりしますが、国によっては預ける場所がなかったり、防犯上預けるのに不安が残る場合もあります。

しかし、荷物を全て持ち運べるバックパックなら、荷物を預けるロッカーが無くても比較的快適に荷物を持ちながらの移動が出来ます。

スーツケースを使ってバックパッカーが行っているような旅行をするのは不便な部分もありますので、動きやすさを重視するならバックパックがおすすめです。

自転車を使った旅行にも使える

自転車などの乗り物に乗って旅する方をオーバーランダーと言いますが、バックパックはそのオーバーランダーにも最適です。

自転車に乗る時に背負うタイプのバックならペダルをこぐのに邪魔になりませんし、大量の荷物を持ち運ぶことが出来ます。

また、旅先で自転車をレンタルして使う場合も、荷台が無いタイプの自転車だったとしてもバックパックなら問題無く乗ることが出来ます。

ファッションアイテムとして

バックパックは色々なタイプの商品があり、中には見た目がオシャレな商品もあります。

そのため、ファッションアイテムとして使うことが可能です。

最近は学生さんが通学に使ったり、会社勤めをしている社会人が通勤に使ったりするというケースも増えています。

また、通勤や通学でバックパックが使われる理由は、単純にデザインが良いからだけではなく、バックパックが機能的という側面もあります。

小型のハンドバッグとは違って、基本的にバックパックは要られる容量が多いので教科書や書類を入れて荷物を持ち運ぶのにも適しています。

更にポケットも多いので、小さな小物を整理整頓して持ち運ぶことも可能です。

デザインも豊富で、容量が大きくポケットも多く使いやすいため、旅行のシーンだけではなく普段の日常生活でも活用してみましょう。

価格

一般的なバックパックの価格帯は数千円から一万円前後です。

一万円を超えない物でも、それなりに容量が入るものも結構あります。

有名なブランドが作る製品は数万円以上してきますが、ブランドにこだわらなければ、安価で手に入りますので使ったことがない方は安い商品を買って、使った具合を確かめるのも良い方法です。

選び方のポイント

バックパックは買う前に色々とチェックしたいポイントが沢山あります。

以下、ポイントをまとめます。

容量とサイズ

まず確認したい部分が容量となります。

ネット通販で商品選びをする時には、画像だけで判断するのではなく、商品の基本情報に書かれている最大容量をチェックしましょう。

商品画像だけを見れば大きそうに見える商品でも、買って中を開けてみたら、思ったより入らなかったということあります。

ですから、最大容量を見ることはとても重要です。

また、容量があってもバッグが特殊な形状 をしていたりすると、入れたい品物が入らない場合もあります。

パソコンなどを入れて使いたいと思っている方は、容量だけではなくサイズも確認して、パソコンが入れられるか見ることが大切です。

ブランド

本格的にバックパックを旅行時のバッグとして使いたいなら、出来るだけブランドものを使うのがおすすめです。

というのも、安い商品は使われている生地が薄かったり耐久力が無かったりして直ぐに穴が空くこともあるからです。

使い捨てでお試しで使う分には、海外製のバッグでも問題ありませんが、旅行のお供として使うバッグにするなら、品質がある程度保証されているブランドもののバッグが良いでしょう。

ブランドと言っても、高級ブランド品という意味ではなく、バックパックを販売しているメーカーの中でも有名なブランドという意味です。

高級ブランド品が作るバッグは数十万円以上しますが、普通のバックパックブランドメーカーが作る商品なら数万円程度でよく売られています。

バッグは床に置いたり担いだりする事も多く、消耗も激しいので、それに耐えられる品質が良いブランド品もチェックしていきましょう。

担ぐ部分や背中に当たる部分の素材

基本的にバックパッカーは、荷物を担いで移動しますので、バッグに使われている肩や背中に当たる部分の素材は重要です。

クッション性の悪い素材が使われている商品だと、長時間担いでいると肩が痛くなってしまいます。

また、通気性が悪い製品を夏場に背負うと、背中が汗でびっしょりになることもよくあるケースです。

ですから、体に長時間触れることになる部分の素材は見ておきたいポイントの一つです。

ポケットの数や使いやすさ

バッグはポケットが沢山付いていると、収納がしやすくなります。

ポケットが全く付いていないバッグだと、荷物が中で暴れてグチャグチャになってしまいますが、小分けしてポケットに入れておけばそれも無くなります。

多すぎると入れた荷物を探すのに苦労する場合もあるので、一概に多ければ良いというものではありませんが、ある程度ポケットは付いていたほうが便利に使えます。

折りたたみ傘を入れるためのポケットや、ペンを入れるポケットなど、目的に合わせた専用ポケットもあると便利です。

機能が豊富か

最後に見ていきたいのは機能性です。

旅行先で写真撮影や動画撮影をする方も多いですが、そこで役立つUSBポートが付いているものや、カメラ本体を守ってくれるカメラプロテクション構造になっている商品があります。

色々と便利な機能が付いているバックパックも多いので機能面もポイントです。

まとめ

バックパックはいわゆる背中に背負うタイプのバッグで、バックパッカー御用達のアイテムとなっています。

また、買うときには重量やサイズ、ブランドや機能性などが重要なチェックポイントです。

快適に担いで移動が出来る良いバックパックを見つけていきましょう。

ちなみに、アウトドアで使いたい時は防水機能が付いているバックパックがおすすめです。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - バックパック・リュックサック