スーツケース・キャリーバッグの選び方

このサイトはスーツケース・キャリーバッグに注目した情報提供を行っています。

*

国内旅行用のキャリーバッグはどんなタイプがお役立ちでおすすめ?

   

旅行にお買い物にと荷物を運ぶならキャリーバッグ、と言われるほどに普及したキャスター付きのバッグですが、もちろんメインでの使用は旅行用のスーツケースとしてでしょう。

海外国内とどんな旅行にも1台あると便利なキャリーバッグですが、国内旅行で使用するのにおすすめのタイプを、用途も考えつつご紹介していきましょう。

何しろ多くの種類が出ていますから、目移りしてしまいますよね。

そんな時のご参考になれば幸いです。



私が絶対おすすめするキャリーバッグランキングはこちら

スポンサーリンク

国内旅行用にキャリーバッグを購入したい

今までキャリーバッグは使ったことがないけれど、数泊の国内旅行に行くことになったので試してみようかと思う、と言う人もいるでしょう。

また国内旅行の場合、それほど移動距離が長いわけでもないし、まあ普通のスーツケースでとこれまで縁のなかった人でも、ある日突然ちょっと試してみようかという気持ちにもなりますね。

年令に関係なく、何にでも初めてということがあります。

これを機会に、キャリーバッグ購入してみましょう。

そんな場合、どのようなサイズ材質のキャリーバッグを選べばいいのでしょうか。

もしこれまでは、トートバッグやボストンバッグで済ませていたという人の場合、ハードタイプのキャリーバッグだと違和感を覚えるかもしれません。

そういったことも考慮に入れると、中々心も決まらないこともあるでしょう。

しかし一旦使用してみれば、その楽々移動にすっかりハマること請け合いです。



私が絶対おすすめするキャリーバッグランキングはこちら

スポンサーリンク

国内旅行は数泊がほとんどなので

国内旅行で1週間以上というのは、早々あることではありません。

例えば、北端に住む人が南端まで旅行しようということがない限り、1週間以上というのはめったに無いことでしょう。

またもし、別荘などで休暇という場合も2週間とかの滞在になるでしょうが、まあ特殊な例ですね。

普通、ちょっと国内の旅行といった場合、数泊を目安にすれば充分です。

つまりはキャリーバッグのサイズも、数泊分のもので充分だということですね。

この数泊の荷物のサイズ、飛行機の機内持ち込みサイズを目安にするのが良いと思われます。

機内持ち込み出来るサイズのキャリーバッグは、元々キャビンアテンダントが使用していたサイズですから、それこそ数泊の荷物用の大きさと見て間違いないでしょう。

迷った場合は、機内持ち込み可の表示のあるものか、それより1つ小さいサイズのものがおすすめですね。

ハードタイプか柔らかい素材のものか

これは非常に悩みのタネになる問題です。

ハードタイプのもので中身をしっかり守り、盗難などの被害からもある程度の安心を得るという選択肢もあります。

またソフトタイプのもので、移動が楽でちょっとした段差を持ち上げるにも自重が軽いものを選べば、重い荷物でも少しは楽になるというものですね。

どちらを選ぶのかは、それこそ個人の好みによってと言ってもいいでしょう。

ただし、国内旅行の場合はそうそう壊れ物など持ち歩くこともありません。

お土産などで荷物が増えても、宅配便という手があります。

その点を忘れずに、素材のタイプを選びましょう。

後々、海外旅行に出る予定が無いとはいえないなら、ハードタイプのものを用意しておくと買い替えしなくても済みます。

反対に、この先はそういった予定がなく、キャリーバッグは日常でも使えるものをと言う場合は、ナイロン製などのものを選ぶと転用が利きます。

少し先のことも計算に入れて、素材選びをしてみましょう。

お値段に関してもお財布と相談の上

何しろ多くの種類のキャリーバッグが市場に出ています。

普段使いのものなら、1000円程度でも手に入ります。

でもやはり、旅行用に購入するならそれなりの耐久性も欲しいところです。

なのでお財布とも相談の上、ある程度の出費は覚悟しておきましょう。

お値段に耐久性が反映されていることが多いので、その辺りもしっかりとチェックしておきたいものです。

旅先でキャスターが壊れた、などという事のないようにしておくために、それなりの値段の品を選んでおきましょう。

こんな場合にこんなキャリーバッグがおすすめ

さて少し細かく用途や年齢に応じて、どのようなキャリーバッグが使い勝手がいいのか見ていきましょう。

ただしこれも個人差がありますので、あくまで参考意見ということでお受け取りください。

どんなケースでもこれは必須の条件

使い捨てするなら別ですが、この後も使っていきたい場合はキャスター部分の耐久性と、持ち手やキャリーバーの耐久性に注目して選びましょう。

酷使する分劣化も激しい、キャスターやキャリーバーです。

これらの部分がきちんとしているかが、楽しい旅行であるかどうかまで左右します。

キャスターは大きめのものを選んでおくと、まず間違いありません。

若い人や移動の多い旅行をする人

若い人の場合特に、できるだけ旅行先で普段できない経験をしてみたい人が多いでしょう。

旅行先でひたすらのんびりしたい場合を除くと、ちょっとアクティブに動く事が多い旅行者もいるはずです。

もし旅先ではカジュアルを通して、出来るだけサクサク見て回りたいと言う場合、おすすめなのがリュックタイプにもなるキャリーバッグです。

ナイロン製のもので、背中部分にリュック紐が収納されていますので、それを出せば簡単に背負うことが出来ます。

舗装のしていない場所を歩く時など、大変便利に使用できます。

ちょっとお年寄りやのんびり旅行の人

旅先では観光も勿論するけれど、でも日常生活を忘れてのんびりするのが主目的、と言う人の場合は普通のキャリーバッグで充分に間に合います。

ただし力に自信のない人の場合、やはり問題になるのはバッグの自重です。

国内旅行の場合自分の手元からバッグが離れることは殆どありませんので、ソフトタイプでも海外旅行ほどには問題が起きずに済みます。

軽くて丈夫なナイロン製なら、普段の生活でも使用ができますのでおすすめです。

ただこの後、海外にもという人はできるだけ軽いハードタイプのものを選んでおきましょう。

TASロック付きのものだと、海外旅行の時も面倒なく使用できますので、そこのチェックもしておくといいでしょう。

観光だけでなく仕事もという人

国内旅行と言っても観光だけとは限りません。

出張もあるでしょうし、取材を兼ねた旅行もあるでしょう。

そういう場合、ちょっとフォーマルな服も必要になったり、パソコンなどの精密機械も持っていく必要が出てきます。

この場合はためらいなく、ハードタイプのものを選びましょう。

特にパソコンを持っていく場合でキャリーバッグに収納する場合は、しっかりとした素材のキャリーバッグを選ぶことが必須です。

また衣服にしても、ハードタイプのものならきちんと収納しておけば、あまり型崩れもしなくて済みます。

いざという時には宅配便という手があるので気楽に

国内旅行のありがたい点は、帰宅時には宅配便が簡単に使用できるという点にあります。

安全に家まで荷物を運んでくれるのですから、あまりに重くなった荷物は預けてしまうに限ります。

なのでそれを前提としている場合は、特に購入時に要チェックということもありません。

多少荒っぽく扱われても大丈夫な素材のものを選んでおけば、重さなどはあまり考慮に入れなくても済みます。

帰宅時には自分の手でなく、と言う前提がある場合は気楽にお好みのキャリーバッグを選んでしまいましょう。

まとめ

国内旅行での新しいキャリーバッグの購入は、かなり自分の好みで行って問題ありません。

重さや行き先である程度心がけて選んだほうがいいこともありますが、それ以外では気楽に選んでもほぼ大丈夫でしょう。

なのでこの先、旅行から帰った後にこのキャリーバッグをどう使用するか、という点をメインにして選ぶといいかもしれません。

クローゼットの肥やしにしないためにも、先々のことを考慮しての購入がおすすめと言っていいでしょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - キャリーバッグ