スーツケース・キャリーバッグの選び方

このサイトはスーツケース・キャリーバッグに注目した情報提供を行っています。

*

登山のためのバックパック選びでよくある失敗とは?避けたい5つのNGポイント

   

バックパックは、登山をするときの重要なアイテムのひとつであり、購入するときは、よく考えて選ぶ必要があります。

いろいろなバックパックがあるので、適当に決めたりすると、自分に合わないものを買ってしまうことがあるのです。

しかし、登山を楽しむためには、そんなバックパックを使うべきではありません。

では、よいバックパックを見極めるために、選ぶときによくある失敗について紹介していきましょう。



私が絶対おすすめするリュックサック・バックパックランキングベスト12はこちら

スポンサーリンク

フィット感を確かめずに決める

登山用のバックパックを選ぶときは、見た目のデザインだけでなんとなく決めたりしてはいけません。

もちろんデザインも重要ではありますが、登山で使うのであれば、フィット感を確認しておくことを忘れないでください。

この点が疎かになっていると、自分の体と合わない使いづらいバックパックを購入してしまい、実際に背負って歩くときに困ることになります。

合わないバックパックを使っていると、無駄に疲れることが多いので、登山を楽しめなくなってしまうのです。

これを防ぐためには、店頭でフィッティングを行うようにしましょう。

試しに背負ってみることで、そのバックパックが本当に自分の体に合っているか、しっかりと確かめることができます。

それなら、買ってしまったあとで後悔するようなことはありません。

背面の長さ

バックパックのフィッティングをするときは、ただ背負うのではなく、背面の長さに注目してみましょう。

そこが合っていないと、快適に背負うことができません。

背面長は、うつむいたときに首の後ろにできる出っ張り部分から、腰骨までの長さになります。

自分でよくわからないようなときは、一緒に買い物をしている友人や家族、店員さんに声をかけて、合っているかどうか見てもらいましょう。

背面長を合わせることは、フィッティングの基本なので、忘れずに確かめておいてください。

ウエストハーネス

バックパックには、肩にかけるショルダーハーネスだけでなく、腰に巻くためのウエストハーネスもついています。

フィッティングをするときは、そこもしっかりチェックしておいてください。

ウエストハーネスは、荷重が肩だけにかからないように、腰にも分散させる役割をもっています。

ショルダーハーネスとウエストハーネスの2か所にバックパックの重さを分けることで、より楽に背負うことが可能になるのです。

肩にばかり重さが偏り、ショルダーハーネスが食い込んでしまうようだと、登山がとても苦しいものになってしまうので、ウエストハーネスが自分の体に合うことは、とても重要です。

短すぎたり長すぎたりしないように、きちんと巻いて締められるものを見つけてください。

また、硬さや厚さなども確かめて、なるべく違和感の少ないものを選ぶようにしましょう。

隙間がないか

フィッティングをするなら、ショルダーハーネスや背面部分の隙間も、見落としてはいけないチェックポイントのひとつになります。

あまり隙間ができず、ぴったりと体に合うようなものを選んでください。

確実にフィットするものなら、背負ったときに安定するため、荷重の偏りが起こることはありません。

肩や腰、背中などをすべて使って、体全体でバックパックを支えることができるのです。

それなら、体が痛くなったり、疲れやすくなったりすることはなく、登山を存分に楽しむことができます。

重りを入れてもらう

バックパックのフィッティングでは、店員に声をかけて重りを入れてもらうようにすると、実際に使うときに近い感覚になります。

そのため、なるべく失敗しないためには、ぜひおすすめです。

重りを使わなかったときは、中に何も入っていない軽いバックパックを背負うことになるので、どうしても実際に使うときの感覚とは違ってきます。

登山で実際に使うときは、荷物の重さがプラスされるため、「どうもフィッティングのときと違うな」という違和感を覚えることがあるのです。

それを避けるためには、重りを入れてもらい、できるだけ使うときの状態に近づけて選ぶようにしましょう。

本番とまったく同じ重さでなかったとしても、何も入れないままフィッティングするよりは確実です。



私が絶対おすすめするリュックサック・バックパックランキングベスト12はこちら

スポンサーリンク

モデルの違いをよく見ていない

バックパックには女性用モデルが用意されているので、選ぶときはしっかりチェックしておく必要があります。

もし確認しなかった場合は、使いづらいものを購入してしまう可能性があるので、注意してください。

女性用のバックパックは、通常のものより若干小さめであり、背面長が短く、横幅も狭くなっています。

また、ショルダーハーネスやウエストハーネスも、女性の体型に合いやすいように設計されているのです。

そのため、女性が使いやすいものを選ぶなら、女性用モデルは最適な商品になります。

逆に、男性が誤って女性用のものを使ってしまった場合は、体に合わず、小さくて使いづらいものになってしまうので、気をつけて選ぶようにしましょう。

目的と容量が合っていない

登山のためにバックパックを選ぶときは、容量をよく考えずに買ってしまい、「もっと大きいものにすればよかった」と後悔してしまうことがあります。

そのため、フィット感をしっかり確かめたとしても、油断してはいけません。

どのような登山をするのかよく考えてみて、最適な容量のものを選んでください。

例えば、テントを張って何日か泊まり込むような本格的な登山をするなら、30L程度のものでは容量が足りません。

そんなときは、持って行くものも多くなるので、60L以上はあった方が、便利に使うことができるのです。

逆に、日帰りでハイキングのような軽い登山をするのであれば、あまり大容量だと持て余してしまいます。

目的に合ったものを見極めることができれば、バックパックをより便利に使うことができるので、きちんと登山の予定を考慮して選ぶようにしましょう。

レインカバーがないものを選ぶ

登山のためのバックパックを選ぶなら、レインカバーの有無を確認しないで決めてしまうのは、よくない方法です。

天気予報を見ていたとしても、予想外の雨に降られる可能性はゼロではありません。

そんなとき、レインカバーのないものを使っていると、たちまちびしょ濡れになってしまいます。

バックパックが濡れることを防ぐためには、レインカバーが標準装備されたものを選んでください。

レインカバーがあれば、突然雨に降られても、安心です。

サイドポケットを見ていない

登山用のバックパックは、サイドポケットがないものだと、頻繁に取り出す必要があるものを入れておくことができません。

それではとても使いづらいものになってしまうので、サイドポケットを確認せずに購入するのはNGです。

特に、水分補給には大きな影響が出る可能性があるので、注意が必要です。

サイドポケットがないタイプのバックパックだと、必然的に飲み物を中に入れることになりますが、それだと取り出すのが面倒になってしまいます。

すると、無意識に水分補給を制限してしまい、脱水症状を起こしてしまう恐れがあるのです。

しかし、サイドポケットがついたものなら、背負ったままでも簡単に取り出すことができるので、そのような失敗は起こりません。

安全に登山をするためにも、サイドポケットのあるものを選ぶようにしましょう。

まとめ

登山のためにバックパックを選ぶなら、適当に選んだりしてはいけません。

フィットしないものや不適切な容量のものを購入してしまった場合は、快適に使うことができず、登山を楽しめなくなってしまう可能性があるのです。

本当に便利なものを選んで、登山を存分に楽しむためには、ここで紹介したよくない選び方を、しっかり頭に入れておきましょう。

NGな選び方を避けて、慎重に検討していれば、自分にぴったりなバックパックを購入することができます。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - バックパック・リュックサック