高圧洗浄機でらくらくきれい!

このサイトは高圧洗浄機、高圧スチームを中心とした情報提供を行っています。

*

窓洗浄ではここに注意!高圧洗浄機で窓を洗浄する際の4つの注意点

   

高圧洗浄機では、色々な物を洗浄していくでしょう。

時には、それで窓を洗浄することもあるはずです。

でも、高圧洗浄機で窓を洗浄する際には、それならではの注意点もあります。

では、高圧洗浄機で窓を洗浄する際には、何に注意すれば良いのでしょうか?

ここではそんな、高圧洗浄機で窓を洗浄する際の注意点を紹介していきます。

私が絶対おすすめする家庭用高圧洗浄機ランキングはこちら

スポンサーリンク

目に入らないように注意

高圧洗浄機で窓を洗浄する際には、跳ね返りが目に入らないように注意しないとなりません。

というのも、窓は、高圧洗浄機で洗浄をするところの中では、比較的に高いところにあることが多いでしょう。

高いところを高圧洗浄機で洗浄していくとなると、当然その反動で顔に高圧洗浄機の水が跳ね返ってくることがあります。

そうして顔に水が跳ね返ってくると、それが目に入ることもあるでしょう。

そしてそこで目に入る水は、ただの水ではありません。

ただの水であれば、別に目に入ってもあまり問題はないでしょう。

しかし、高圧洗浄機で跳ね返る水は、汚い水になります。

そもそも窓が汚れているから、高圧洗浄機で窓を洗浄しようと思ったのでしょう。

そうして窓が汚れているから高圧洗浄機で窓を洗浄しようと思ったということは、跳ね返ってくる水は、その窓の汚れを含んだ水になります。

というかそもそも窓の汚れが飛び散ってくる可能性だってあるでしょう。

そんなものが目に入ったら、目はどうなるかわかりません。

なのでそうならないように、注意して使用しないとならないと言えるでしょう。

目に入れない為の予防策

では、高圧洗浄機で窓を掃除する際には、どう気をつければ、その跳ね返りが目に入らないようになるでしょうか?

それは、何もアイテム無しで気を付けていても、なかなか防げるものではないと言えるでしょう。

しかし逆にアイテムがあれば、それだけですごく簡単に防ぐことが出来ます。

そんな、高圧洗浄機で窓を掃除する際に、跳ね返りが目に入ることを防ぐことが出来るアイテムが、ゴーグルになります。

プールなどで使用するゴーグルでも良いですし、そこまでの物でなくとも、なんとなく目を守れそうなゴーグルがあれば、それで十分に汚い水や汚れが目に入ることを防ぐことが出来るようになるでしょう。

そしてそういうものは、一つくらいは家にあるのではないでしょうか?

なので、高圧洗浄機で窓を掃除する際には、是非それを着用して掃除をしていってください。

私が絶対おすすめする家庭用高圧洗浄機ランキングはこちら

スポンサーリンク

晴れた日には避けるのが吉

高圧洗浄機で窓を掃除する際には、晴れた日には避けるのが吉だと言えます。

高圧洗浄機は、水をつかって掃除をするわけなのですから、なんとなく晴れた日の方が掃除がしやすそうだと思っている方もいるかもしれません。

でもそれは間違いなのです。

高圧洗浄機で窓を掃除する際には、晴れた日ではなく、曇り位の日にするのがおすすめです。

それは何故だかわかりますでしょうか?

晴れた日だと水跡がつくことがある

もし、晴れた日に高圧洗浄機で窓を掃除していたら、窓に水跡がついてしまうことがあるのです。

もちろんその水跡は、とれないということはありません。

しかしそれをとるのにまたひと手間かかることは間違いありません。

どうせ高圧洗浄機をつかって掃除をするのであれば、一回で綺麗にしたいものです。

その水跡をとるためにまた掃除をしないとならないとなるのは、すごく面倒でしょう。

なので、晴れた日には避けた方が良いのです。

なぜ晴れた日だと水跡がつくのか

でも、なぜ晴れた日に高圧洗浄機で窓を掃除していたら、水跡がついてしまうのでしょうか?

それは、晴れた日に高圧洗浄機で窓を掃除していたら、その掃除をしている最中に、窓についた水滴などが蒸発してしまうことがあるからです。

太陽の光もあたりますし、そして空気も乾燥していることが多いでしょうから、どうしても蒸発しやすくなるのです。

でも、そうして水分が蒸発してしまったら、それは水跡となってしまうのです。

だから、高圧洗浄機で窓を掃除する際には、出来れば水が蒸発しづらい環境の時に行うべきなのです。

そんな、水が蒸発しづらい環境の時だと言えるのが、曇りの日の時になります。

なので、高圧洗浄機で窓を掃除する際には、曇りの日に行うのがおすすめです。

部屋の中に水が入ることがあるので注意

高圧洗浄機で窓を掃除する際の注意点として、部屋の中に水が入ることがあるという事もあります。

高圧洗浄機は、すごく圧力の水になります。

だからこそ高圧洗浄機と呼ばれるのですから、それは当然でしょう。

そうして強く圧力の水を窓に当てていると、水分を部屋に入れない為の窓のシーリングが剥がれてしまう事があります。

もしくは、剥がれるとまではいかなくても、それを突き抜けて水漏れのような状態で水が部屋に入ってしまう事が出てくるでしょう。

そうすると、高圧洗浄機で窓を掃除し終えたころには、部屋の中はぐちゃぐちゃになっているという可能性が出てきます。

それは、やはり困るでしょう。

でも、窓はキワキワが特に汚れていたりするので、キワキワを掃除しないわけにはいきません。

キワキワと言うのは、シールが付いているところになるので、シールを避けることは難しいです。

なので、部屋の中に水が入ってしまうリスクは、避けられないと言えるでしょう。

水が入っても困らないようにしておく

部屋の中に水が入ってしまうリスクが避けられないのであれば、そもそも水が入っても困らないようにするしかありません。

ではどうすれば水が入っても困らないように出来るでしょうか?

まず基本的には、窓の周りに物を置かないようにすることです。

特に家電製品や布製品は避けないとならないと言えるでしょう。

それらは水に弱いので、水がかかってしまうとそのせいで再起不能になることがあります。

それでは勿体ないですから、そうならないように、窓の周りから外しておきましょう。

また、窓の周りには、タオルを敷いておくと良いでしょう。

タオルが敷いてあれば、そのタオルによってしっかりと水漏れから地面を守ることができます。

なので、そうすれば被害は最小限に抑えられるでしょう。

高圧洗浄機で掃除した後には速やかに拭く

高圧洗浄機で掃除をした後には、速やかに拭くという事も大切になります。

なぜなら、速やかに吹かないと、下の方などに水が溜まってしまうからです。

窓の下の方に水が溜まってしまうと、それが窓枠にカビをつけてしまったりすることも出てきます。

そうするとまた高圧洗浄機で洗わないとならなくなります。

でもそこで拭かないとまたカビが生えやすくなり、また洗わないとならなくなる。

そんな無限ループになってしまうでしょう。

そうなったらやはり無駄に手間がかかることになるでしょう。

なので、そうならない為にも、高圧洗浄機で掃除をした後には、窓やその下についている水滴などを速やかに拭くようにしていきましょう。

それは確かに手間ではありますが、そのひと手間が、後々に自分をきっと楽にしてくれますから。

先に少しの手間を負うという方が、ずっと楽でしょう。

まとめ

高圧洗浄機で窓を掃除する際のポイントとしては、以上の通りになります。

これらのことを参考にして、注意して窓を洗うようにしていけば、窓の掃除も問題なく出来ていくでしょう。

逆にこれらの注意点を守らないで掃除をしていても、二度手間になったり、トラブルが起こったりしてしまうので、そうならないように、是非注意を守っていってください。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 家庭用高圧洗浄機