高圧洗浄機でらくらくきれい!

このサイトは高圧洗浄機、高圧スチームを中心とした情報提供を行っています。

*

高圧洗浄機で風呂場が洗える?風呂掃除をするときの4つのポイント

   

高圧洗浄機といえば、洗車や外壁の洗浄などで重宝されるものですが、その使い道はさまざまです。

うまく使えば、家庭のいろいろな場所を洗浄することができます。

特に、風呂掃除では高い効果を発揮してくれるので、おすすめです。

風呂場の気になるカビなども、高圧洗浄機の水圧があれば、楽に落とすことができます。

では、風呂場で高圧洗浄機を使うときに重要となるポイントを、4つに分けて説明していきましょう。

私が絶対おすすめする家庭用高圧洗浄機ランキングはこちら

スポンサーリンク

水だけで掃除できる

高圧洗浄機で風呂掃除を行うときは、漂白剤などの薬剤を使わなくても、かなりきれいに汚れを落とすことができます。

そのため、高圧洗浄機を使うなら、まずは水だけで洗浄してみましょう。

水だけであっても、カビなどの汚れをしっかり落とすことができます。

これは、高圧洗浄機の強い水圧のおかげです。

高圧洗浄機の強い水圧があれば、大抵の汚れなら楽に除去することができます。

風呂場をピカピカにしようとすれば、普通は地道に手で擦らなければならないため、時間も労力も多くかかってしまうものです。

しかも、風呂場の汚れというのは、少し油断していると、すぐに増えてしまいます。

すると、大変な作業を頻回に行うことになり、負担はさらに大きくなるのです。

しかし、高圧洗浄機があれば、そうした心配はなくなります。

普通の風呂掃除だと、「手間をかけた割にはきれいに落ちなかった」ということもありますが、高圧洗浄機を使えば、最小限の労力でしっかり洗うことができるのです。

ニオイが発生しない

水圧だけで多くの汚れが落ちるという点は、漂白剤のニオイに抵抗がある人にとっても、大きなメリットになります。

風呂掃除で汚れを確実に落とそうとすれば、そうした薬剤を使用する場合も多くなりますが、その際の独特のニオイは、かなり気になってしまうものです。

そんなとき、基本的に水だけで掃除できる高圧洗浄機は、とても役立ちます。

ただし、いくら水圧が強くても、すべての汚れに対応できるわけではありません。

あまり頑固な水垢などは、高圧の水流でも落としきれないことがあるので、どうにもならないときは薬剤が必要になることもあります。

しかし、やはり最初は水圧だけで洗浄してみましょう。

それで汚れの大部分を取り除くことができれば、たとえ薬剤を使わなければならなかったとしても、少量だけで済む場合があります。

せっかく風呂場をきれいにするのなら、ニオイもできるだけ少なくしたいものです。

私が絶対おすすめする家庭用高圧洗浄機ランキングはこちら

スポンサーリンク

飛び散る水に注意しよう

高圧洗浄機で汚れがどんどん落ちるのは、強い水圧があるためです。

しかし、それほど強い水圧があると、かなり水が飛び散ることになります。

自分にも多量の水がかかってしまうので、濡れてもよい服装で行うようにしましょう。

ただし、あまり肌を露出させるのはよくありません。

というのも、高圧洗浄機の水圧だと、跳ね返る水の勢いも強くなってしまい、ただ濡れるだけでなく、痛みを感じてしまうことも多いからです。

場合によっては、皮がむけるなどの怪我をすることもあります。

そのため、肌に直接当たらないように、できれば長袖や長ズボンを着用するのがおすすめです。

足元も、裸足ではなく長靴を履いておけば、余計なダメージを負う心配はありません。

そうした対策をしておけば、安全に作業を進めることができるのです。

また、自分の体だけでなく、脱衣所の方にも気を配っておけば、あとからの面倒がなくなります。

水が飛び散れば、隣の脱衣所まで水浸しになってしまうことも多いので、バスタオルや雑巾などを、あらかじめ用意しておいてください。

何も対策をしていないと、作業が終わったあと、慌てて対応することになってしまいます。

脱衣所にバスタオルなどを敷いてから作業を始めれば、後始末も楽になるのです。

汚れも飛び散る

高圧洗浄機の水圧で勢いよく飛び散ってしまうのは、水だけではありません。

カビなどの汚れも、水と一緒に飛び散ることになるのです。

そして、その汚れは自分にも向かってくるため、そちらの対策も必要になります。

例えば、顔に向かって飛んできた場合は、目や口に汚れが入り込む可能性もあるので、何か保護するものを身につけておくべきです。

そこでおすすめなのが、マスクやゴーグルといったアイテムになります。

顔をガードしてくれるものがあれば、たとえ汚れが飛び散っても、その被害はかなり軽減できるのです。

音に気をつけよう

高圧洗浄機は便利な商品ですが、その一方で、音が大きいというデメリットもあります。

この音というのは、高圧で噴射される水の音や、それが物体に当たるときの音、本体が振動する音などです。

外で車や壁を洗うときなどは、近所迷惑になってしまうこともあるほどの大音量なので、この点には十分注意しなければなりません。

使うときは、早朝や夜を避けて、なるべく日中にしておきましょう。

家庭用でも音は大きい

家庭用の高圧洗浄機は、業務用の商品よりも小型で軽いのが特徴です。

それだけ使うときの音も小さくなっていますが、たとえ家庭用の商品であっても、音への配慮は必要になります。

業務用よりは小さくても、高圧で水を噴射したり、それが物に当たって跳ね返ったりすれば、どうしても音は出るものです。

そのため、「家庭用を買ったから大丈夫」と油断していると、周りの迷惑になってしまうこともあります。

家庭用だからと安心せずに、時間帯などはきちんと選ぶようにしましょう。

また、段ボールの上に本体を乗せて振動音を軽減するなど、音を小さくするためのちょっとした工夫をすることもおすすめです。

水圧によるダメージ

高圧洗浄機の最大のメリットは、水圧でどんどん汚れを落とすことですが、これにはデメリットもあります。

それは、水圧で風呂場を傷つけてしまうことです。

高圧洗浄機の水圧はかなり強力なので、注意して噴射しないと、物を壊してしまう可能性があります。

例えば、補修したタイルなどがある風呂場だった場合、そこにはあまり水流を当てるべきではありません。

そうした少し弱い部分は、高圧洗浄機の水圧に耐えられず、簡単にタイルが剥がれ落ちたりするのです。

これを避けるためには、同じ部分に長く水流を当てないようにしましょう。

一点にだけ圧力が集中すれば、それだけダメージも大きくなります。

そして、噴射口を近づけすぎないことも、重要なポイントです。

噴射口が近すぎると、ただでさえ強い圧力がさらに強まってしまうため、物が破損する可能性が高くなります。

使用するときは、少し距離をとって洗浄することを忘れないでください。

天井も危ない

風呂場の汚れというのは、天井にもかなり蓄積されてしまうものですが、高圧洗浄機でそれを洗い落とすなら、照明と換気扇に注意しなければなりません。

これらに水流をまとも浴びせれば、水が入り込んでしまう恐れがあります。

そのため、天井に向けて使うときは、できるだけ照明や換気扇を避けるようにしましょう。

また、ビニールなどで覆い、水から守るのもよい方法です。

先述したように、高圧洗浄機は水が飛び散るので、避けるように意識しただけでは、対策としては不安が残ります。

きちんと保護してから作業を行えば、より安全性を高めることができるのです。

まとめ

高圧洗浄機は、外での洗浄作業に使うイメージも強いですが、室内であっても十分に役立つ便利な商品です。

しかし、強力な水圧があるために、使い方によってはデメリットも発生します。

それを防ぐためには、ここで紹介したポイントを参考にしてみてください。

適切な使いかたであれば、高圧洗浄機のメリットをしっかり引き出すことができます。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 家庭用高圧洗浄機