高圧洗浄機でらくらくきれい!

このサイトは高圧洗浄機、高圧スチームを中心とした情報提供を行っています。

*

高圧洗浄機の洗車で注意することは?避けるべき4つのポイント

   

高圧洗浄機は、外壁や床など、いろいろなものを洗浄できる便利な商品であり、洗車にも最適です。

水を高圧で噴射し、汚れをきれいに洗い流すことができます。

ただし、高圧洗浄機で洗車をするときは、注意点を押さえておかなければなりません。

間違った使い方をすると、車にダメージを与えてしまうこともあるのです。

では、高圧洗浄機の洗車で避けるべきことについて、詳しく説明しましょう。

私が絶対おすすめする家庭用高圧洗浄機ランキングはこちら

スポンサーリンク

水圧を強くしすぎてしまう

高圧洗浄機の特徴は、強い圧力で水を噴射し、汚れを落とすことになります。

しかし、その水圧が強すぎた場合は、車にダメージを与えてしまうことがあるのです。

といっても、家庭用の商品はパワーが抑えられているので、1点に長時間水流を当てたりしない限り、車がへこんだりする心配はありません。

注意しなければならないのは、塗装です。

高圧洗浄機の水流は、ボディをへこませることはなくても、塗装を傷つけるには十分な圧力があります。

外壁を洗浄するときでも、近距離で圧力を加えたりすると、汚れと一緒に塗装を削り取ってしまうことがありますが、車の場合も同じです。

水圧を強くしすぎたり、あまり噴出口を近づけたりすると、塗装を削ってしまいます。

それを避けるためには、距離をとることも大切ですが、作業を始める前に水圧を調節することも忘れないでください。

最初は地面に

高圧洗浄機を使用するときは、いきなり車に向けるのではなく、まず地面に噴射してみて、水圧が強すぎないかチェックしましょう。

特に、買ってきたばかりの商品は要注意です。

その場合、最初から最大の水圧に設定されている商品があるので、無造作に車にかけたりすると、塗装を傷つける可能性が高くなります。

まずは地面に噴射して感覚をつかみ、水圧を適度に調節してください。

もし調節が難しい場合は、距離だけでも十分にとることをおすすめします。

噴出口が車から離れていれば、大きなダメージは防ぐことができるのです。

私が絶対おすすめする家庭用高圧洗浄機ランキングはこちら

スポンサーリンク

上から下へ洗浄する

高圧洗浄機で洗車をするときは、水を噴射していく順番も重要です。

これを間違えると、うまく洗浄することができず、車に傷をつける恐れもあります。

そのため、必ず正しい順番で洗浄作業を行ってください。

避けるべき順番は、上から下へ進めていくことです。

上から始めた場合、下の洗浄を行うときに巻き上げられる土や砂が、きれいになったボディに付着してしまいます。

高圧洗浄機の水圧は、地面の汚れを広範囲に散らしてしまうこともあるので、この点には注意しなければなりません。

上から下の順番で洗浄すると、自分では汚れを落としたつもりでも、「また汚れがついている」という失敗もあり得るのです。

そのため、洗浄をするなら、まずは下から始めていきましょう。

タイヤやホイールから始めて、上に移動していく方法なら、最初に地面が濡れるため、汚れが巻き上げられる心配はありません。

傷を防ぐために

上から下に洗浄してしまったとき、ボディの新しい汚れに気づいた場合は、二度手間になるとはいえ、再び洗浄すれば済むことです。

しかし、土や砂の汚れに気づかなかった場合は問題です。

その場合、拭くときに汚れを擦りつけることになるため、細かい傷をたくさんつけてしまいます。

つまり、大切にするつもりで洗車しても、実際には劣化を早める結果になってしまうわけです。

そうした失敗を防ぐためにも、洗浄の順番はしっかり意識しておきましょう。

エンジンルームまで洗ってしまう

高圧洗浄機で洗車をするなら、外側だけにとどめておいてください。

エンジンルームにまで高圧の水流を浴びせると、故障の原因になってしまいます。

もしエンジンルームを水浸しにした場合は、内部の部品が正常に働かなくなり、点火不良を起こしてしまうのです。

そうなれば、車が動かなくなることもあります。

水害などで車が水に浸かったとき、故障して動かなくなるのは、プラグ関係の部品が水をかぶったことも、大きな原因なのです。

油断は禁物

エンジンルームに水を入れないことは、故障を避けるためには重要なポイントですが、「少しくらいなら大丈夫」と考えてしまうこともあります。

これは、車が雨の日にも使用できるためです。

大雨のときなどは、エンジンルームにも多少の水は入るものですが、だからといって、車が故障することはありません。

このことから、「エンジンルームに水が入っても大丈夫」と考えてしまう人もいますが、それで高圧洗浄機を使ってしまうのは間違いです。

確かに、車のエンジンルームには水が入ることも多いため、ある程度の量なら問題ないように設計されています。

しかし、水害で水に浸かれば故障してしまうことからもわかるように、直接水流を浴びせたりすれば、ただでは済みません。

適切な方法を用いれば不可能ではありませんが、それはあくまでもプロが行う場合です。

素人ではリスクが大きすぎるので、エンジンルームの洗浄は避けてください。

傷や劣化の見落とし

高圧洗浄機で洗車を行う場合、事前に車全体をチェックして、傷や劣化がある部分を確かめておくことも大切です。

そして、作業をするときは、その部分を確実に避けてください。

直接水流を当てたり、長い時間当て続けたりしてはいけません。

そのような弱い部分は、高圧の水流によって、簡単に壊れてしまうのです。

高圧洗浄機の水流は、しっかり調節しておかないと、塗装を傷つけるほどの威力があります。

それで傷や劣化を刺激すれば、ダメージはかなり大きくなってしまうので、十分注意しながら作業を進めていきましょう。

時間の経過に注目

傷や劣化をチェックするといっても、明らかな傷であれば見分けるのは容易ですが、劣化を見極めるとなれば、素人では難しいこともあります。

そんなときは、「どれくらい時間が経過したか」という点を考えてみましょう。

樹脂やゴムのパーツは、時間が経てば経つほど、劣化している可能性が高くなります。

そうしたパーツは、紫外線や雨などの影響を受け、だんだん劣化してくものです。

すると、本来あったはずの柔軟性がなくなり、固く壊れやすい状態になってしまいます。

そこに強い水流が直接当たった場合、すぐにヒビが入ってしまうのです。

したがって、長く使っている樹脂やゴムのパーツは、極力避けて洗浄してください。

10年以上使用しているものは固くなっていることが多いので、要注意です。

また、時間による劣化の影響は、塗装にも出てきます。

もし塗装が色あせているような場合は、高圧洗浄機のような強い圧力はNGです。

その場合、塗装が劣化しているため、強い水流で簡単に剥がれてしまいます。

少しでも剥がれてしまったら、そこからどんどん広がっていくこともあるので、色あせは見落とさないようにしましょう。

傷や劣化は丁寧に

傷や劣化があった場合は、高圧洗浄機で洗うのではなく、手洗いかスポンジなどで、優しく汚れを落としてください。

弱い勢いの水で、優しく丁寧に洗っておけば、傷を広げたり、劣化したパーツが破損したりするリスクは回避できます。

高圧洗浄機は、強い水圧で早く作業が進むこともメリットのひとつですが、この点だけは、しっかり手間をかけましょう。

長持ちさせるためには、ただ見た目をきれいにするだけでなく、余計なダメージを加えないことも大切なのです。

まとめ

高圧洗浄機による洗車は、普通に洗うよりも素早く、楽に済ませることができます。

ただし、そのためには正しい方法で行うことが大切なので、ここで紹介した注意点を、しっかり頭に入れておきましょう。

避けるべきポイントを把握して、高圧洗浄機をうまく使えば、大きな失敗は起こりません。

適切な方法で汚れを落とし、車を長持ちさせましょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 家庭用高圧洗浄機