私が絶対おすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング

このサイトは、電子タバコなど健康・禁煙に関する情報提供を行っています。

*

やっぱり体に悪い? ニコチン入りの電子タバコのリキッドの害とは?

   

日本で売られている電子タバコのリキッドには、基本的にはニコチンは含まれていません。

日本では電子タバコのリキッドにニコチンを含んだものを販売する事を禁止していますから、それはないのです。

でも、海外から個人的に輸入することは禁止されていません。

では、そうして海外からそれを輸入したとして、そのリキッドはやはり害が大きいのでしょうか?

私が絶対おすすめする電子タバコランキングはこちら

依存性が生まれる

電子タバコのリキッドにニコチンが入っていると、それによって依存性が生まれることになります。

ニコチンというのは、まず人に快楽を与えます。

そうして一旦快楽を与えると、それがなくなった時にそれをまた求めてしまうのが人の体です。

そんな風にソレを求めてしまうようになると、当然ながらそこには依存性が生まれていきます。

なので、紙のタバコ同様に、電子タバコを止められなくなってしまうのです。

本来は禁煙に繋がるのが電子タバコ

電子タバコというのは、本来であれば禁煙に繋がるものです。

電子タバコのリキッドには本来ニコチンが含まれていないはずですから、それをどれだけ吸ってもニコチンによる依存症状は起こりません。

それでいて、電子タバコは煙を吸うものになるので、タバコ同様に一応吸っている感はありません。

そんな風に紙のタバコの代用としてそれを吸い続けているうちに、別にタバコを吸っても快楽にはつながらないと感じるようになり、タバコを禁煙することに繋がっていくのです。

紙のタバコから電子タバコに変えるひとには、そうしてタバコそのものをやめる為に電子タバコに変えている人も多いでしょう。

そんな禁煙に繋がるはずの電子タバコに逆に依存してしまうというのは、やはり大きな問題なのではないでしょうか?

ニコチンは少量でも依存する

そしてニコチンというのは、少量でも依存するものなのです。

電子タバコのリキッドに含まれている量のニコチンは、紙のタバコに含まれているニコチンに比べると少ない事も多いでしょう。

しかし、ニコチンの量が多いとか少ないとかいうのは、依存に関してはあまり問題ないと言えるのです。

その量が多かろうと少なかろうと、結局依存してしまうのがニコチンなのです。

なので、ニコチン入りのリキッドを使用していると、結局紙のタバコの様に依存してしまう可能性はかなり高いと言えます。

私が絶対おすすめする電子タバコランキングはこちら

血流が悪くなる

ニコチン入りのリキッドを吸うことの害として、血流が悪くなるという事も挙げられます。

ニコチンというのは、血管を縮めてしまうという特徴を持ちます。

そうして血管が縮められていけば、それによって血流が悪くなるのも当然です。

では、血流が悪くなるとどのような害があるのでしょうか?

まず体が冷えがちになる

まずはやはり体が冷えがちになると言えます。

血液がきちんと運ばれていかないと、それで体を温める事も出来ません。

なので、体は冷えがちになるのです。

そうして体が冷えがちになると、自律神経なども乱れていってしまうでしょう。

そうなったらそこからうつ病などの深刻な病気に繋がったりすることもあります。

心臓への負担も大きくなる

血流が悪くなるということは、それは心臓への負担が大きくなることも意味します。

というのも、血流が悪くても、血管が縮小していても、心臓は全身に血液を届けようとして一生懸命ポンプします。

そんな風に一生懸命に血液を押し出そうとするということは、当然それだけ心臓にかかる負担も大きくなります。

心臓への負担が大きくなれば、やはり心臓の病気にかかる可能性も高くなると言えるでしょう。

それはやはりすごく怖いものです。

肌荒れにも繋がる

意外なところでは血流が悪いというのは、肌荒れにも繋がると言えます。

なぜなら、血流が悪くなると栄養がうまく届けられなくなるからです。

栄養というのは、血流にのって届けられるものになります。

血流にのって栄養が届けられるのに、その血流がうまく回っていなかったらどうでしょうか?

そうしてうまく血流がまわっていなかったら、当然栄養も届けられくなります。

肌に栄養が届けられなくなれば、そのせいで肌は潤いを失ったり、自然治癒力を失ったりするでしょう。

そして、肌荒れが起こるようになるのです。

体の中に毒をためてしまう

ニコチン入りのリキッドの害として、体の中に毒を貯めてしまうという事も挙げられます。

ニコチンというのはそもそも、毒性のある物質なのです。

それをそのまま与えると、生物を殺す事もできるような、かなり強い毒性の物質だと言えるでしょう。

そんな毒性の強い物質を煙と一緒に摂取していくわけなのですから、その毒性を身体の中にため込んでいってしまうことになります。

そうしてためた毒は、やはりさまざまな臓器に悪影響を与えていってしまうことでしょう。

じわじわと身体をむしばんでいく

それはもちろん、いきなり大きく身体を壊すことにはつながらないでしょう。

それだけの量のニコチンが含まれているはずもないですから。

でも、毎日ソレを吸い続けていれば、じわじわじわじわと身体の中にそれがたまっていき、じわじわじわじわと身体をむしばんでいくことになるのです。

そうして知らないうちに取り返しのつかない病気になる可能性があります。

副流煙という害も出てくる

そしてニコチン入りのリキッドには、もう一つ大きな害があると言えます。

それが副流煙です。

副流煙というのは、自分にくる害ではありません。

その名の通り、喫煙をしていない人に、副産物的に与えてしまう害になるのです。

たとえばタバコを吸っている人の近くにいた場合、まず間違いなくその人が吸っているタバコの煙を吸うことになります。

そうしてその人が煙を吸ってしまうと、実際にタバコを吸っている人同様にそのニコチンを含んで煙の害を受けてしまうことになるのです。

つまり、血管が縮小したり、あるいは身体の中に毒がたまったり、最悪吸ってもいないの依存症になったりする可能性もあります。

吸ってもいないのに依存症になったらすごく辛いでしょう。

そもそもタバコを吸う人であれば、タバコをすれば一時的にその依存症から解放されていきます。

結果的にはその方が依存は強くなるのですが、それでも一時的に解放されることはされます。

しかしタバコを吸わない人はそれから解放される術を持たないのです。

それはかなり辛いでしょう。

ニコチン入りリキッドを吸うなら害を理解して

このように、ニコチン入りのリキッドを吸うのであれば、害を理解して吸う必要があると言えるでしょう。

自分だけに害を与えるのであればまだ良いかもしれませんが、周りの人にも害を与えてしまうのですから、やはりニコチンというのは怖いものです。

日本ではニコチン入りのリキッドを買うのはすごく面倒ですし、やはり電子タバコを吸うのであれば、ニコチン入りのリキッドではなく、ニコチンの含まれていないリキッドを使用することをおすすめします。

それが本来の電子タバコのあり方であることは間違いないですし、そうして害なく楽しめた方が、後々後悔しない可能性も高いですから。

まとめ

ニコチン入りの電子タバコは、この様にすごく身体にたくさんの害を与えることになります。

たかがニコチンですが、されどニコチンなのです。

みすみす体をぼろぼろにする必要なんて、やはりどこにもないのではないでしょうか?

どうせなら健康的に電子タバコを吸って、より長く電子タバコを楽しめるようにしていってください。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 電子タバコ