私が絶対おすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング

このサイトは、電子タバコなど健康・禁煙に関する情報提供を行っています。

*

胸焼けを防ごう!電子タバコでの胸焼け対策ってどうすれば良い?

      2017/12/13

電子タバコを吸っていると、マレに胸やけをしてしまう事があります。

そうして胸焼けをしてしまうと、せっかく気持ちよく電子タバコを吸っていたのに、気分もだだ下がりになります。

そうならないようにするためには、電子タバコでの胸焼けへの対策術を把握しておかないとなりません。

そこでここでは、電子タバコでの胸焼け対策の方法を紹介します。

Amazonタイムセール「サイバーマンデーセール」<最大5000ポイント還元>(12/6~12/9)

私が絶対おすすめする電子タバコランキングはこちら

まず吸い過ぎないようにすることが大切

電子タバコでの胸焼けが何故起こるのかと言うとそれは、単純に吸い過ぎてしまっているからだという事が多いです。

なので、電子タバコでの胸焼けを防いでいきたいと思ったら、吸い過ぎないように気を付けて行く必要があります。

電子タバコは、紙のタバコとは違いニコチンもタールも含まれていません。

だから、たくさん吸うのが苦しくなることはそうそうありません。

となると、ついつい調子にのってどんどん吸ってしまうのも分かります。

でも、結果それは胸焼けを起こして、そのせいで苦しくなる事があるわけなのですから、そうならないように、自分でルールを作るようにするのがおすすめです。

吸うことが出来る時間を決めてしまう

たとえば、電子タバコを吸う時間を決めてしまうのです。

吸う時間を決めるとはいってもそれは、別に15時、20時、とかそういう風に決めていくわけではありません。

もちろんそういう風に決めていっても良いですが、その定めた時間通りに動けることなんてそうそうありませんから、それはあまりおすすめしません。

では、どういう風に時間を決めていくのかと言うと、1日の中で20分だけ吸う事が出来るとか、そういう風に決めていくのです。

そうすれば、その20分の間でしか吸う事が出来なくなるので、吸い過ぎて胸焼けになってしまうという事はなくなります。

時間で決めると守れやすい

時間で決めるというのは、人が最も日常的に自分に課している制約になります。

だから、時間で決めていけば、その分だけその制約は守れやすくなるのです。

どれだけ自分で制約を決めていっても、それを守る事ができないのであれば意味がありません。

守れない成約はないのと同じになります。

だから、出来るだけ守れやすい制約を課していく必要があります。

そんな守れやすい制約が、時間で決めてしまうという制約なのですから、時間で決めてしまうのはすごくおすすめです。

Amazonタイムセール「サイバーマンデーセール」<最大5000ポイント還元>(12/6~12/9)

私が絶対おすすめする電子タバコランキングはこちら

早く吸い過ぎないようにする

電子タバコで胸焼けをしてしまう時には、早く吸い過ぎてしまっているという事も多いです。

早く吸おうとすると、その分短期間でたくさん煙を吸いこむことになります。

そうして短期間でたくさん煙を吸いこんでいけば、結果トータルでたくさん煙を吸いこんだ時と同じようになってしまうのは仕方ありません。

だから、早く吸うのもまた、胸焼けの原因となってしまうのです。

電子タバコは、先述の通りニコチンやタールが含まれていないモノになりますから、早く吸おうとしてもあまりむせたりすることはありません。

そしてえてして、電子タバコを吸う時というのはイライラしているものです。

なので、早く吸ってしまう気持ちもわかります。

でも、それで胸焼けを起こしていたらますます気分も下がりますし、そうならないように、なるべく落ち着いて吸うようにしていってください。

カウントしながら吸うのが吉

早く吸わないようにするためには、電子タバコを吸う際に、カウントしながら吸うのが吉です。

吸う際に何秒かけてすうのか、そしてそれをどのくらいかけて吐き出していくのか、そういう事をカウントしながら吸っていくのです。

そうすると、必然的にゆっくり電子タバコが吸えるようになりますし、そうして呼吸に注視することで、イライラが解消されていきます。

呼吸をゆっくりにしていくと、心は落ち着いていくものなのです。

実際お寺などで行われる座禅でも、肝となるのは座り方ではなく呼吸です。

しっかりとゆっくり呼吸をすることで、心を落ち着かせていくのが座禅なのです。

それは逆に言えば、呼吸さえしっかりとゆっくりできていけば、それだけでも十分座禅的な効果が得られるということになります。

だから是非、電子タバコを吸う際にはカウントしながら呼吸を感じてゆっくりと吸うようにしていってください。

空腹時や満腹時に吸わないようにする

電子タバコによる胸焼けを抑えていきたいのであれば、空腹時や満腹時に吸う事を避けるようにするという事もポイントになります。

やはりこちらのコンディションがいまいちな状態で電子タバコを吸っていくと、その分だけ胸焼けなどの問題に繋がる可能性は高くなります。

でも、電子タバコを吸う時には、そういうタイミングで吸う事が多いものです。

たとえば電子タバコを吸うタイミングとして多いのは、仕事の休憩中です。

仕事の休憩中と言うのは、ちょうどお腹が空いている時が多いです。

また、電子タバコはご飯を食べた後に、食後の一服として吸われることも多いです。

食後の一服という事は、当然すでにお腹がいっぱいだということになります。

そういうタイミングで吸われることが多いから、胸焼けになってしまうのです。

コンディションを見ながら吸うようにしよう

こうして胸焼けになってしまう事への対策に、特殊なことはありません。

ただただ、コンディションを見ながら吸うようにすればよいのです。

コンディションを見ながら、空腹時や満腹時に吸うことは辞めるようにしていけば、胸焼けも自然としなくなっていきます。

どうしてもそういうタイミングでしか吸う事が出来ないというのであれば話は別ですが、なかなかそんな方もいないものです。

だから、自分で上手くコントロールして、コンディションが悪くないタイミングで吸うようにしていってください。

味の弱いものに変えるのも効果的

電子タバコで胸焼けしてしまう原因として、味が合っていないという事もあります。

味が合っていないというのはたとえば、甘すぎるリキッドを吸っていたり、あるいは強烈なインパクトのある味のリキッドを吸っていたりと言う事です。

そうして味が強めなリキッドを吸っていると、次第にくどく感じるようになります。

くどく感じていながらも、その電子タバコを吸い続けていたら、それはやはり胸焼けに繋がってしまっても仕方ありません。

こういう味が強すぎる物を吸っているせいで胸焼けしてしまうという場合には、やはり味を変えていくのが効果的。

あまり味が強くない、薄味のリキッドに変えていってください。

煙の量を減らすのもアリ

それか、煙の量を減らすのもアリです。

煙の量を減らしていけば、そもそもそのリキッドの味をあまり感じなくなります。

そのリキッドの味がすごく強かったとしても、そうして味をあまり感じなくなるのであれば、その分だけ胸焼けが起こるリスクは減っていきます。

物足りなくはなるかもしれませんが、それは味を変えても同じことなので、どっちもどっちです。

両方試してみて、しっくりくる方で対処していくというのが一番おすすめです。

しっくりくる方であれば無理なく対処していけますから。

まとめ

電子タバコで胸焼けしてしまう時の対処法としてあげられるのは、吸い過ぎないようにしたり、早く吸わないようにしたりというような、基本的なことになります。

でもそんな基本的な事を意識していない方がたくさんいるから、電子タバコで胸焼けをしてしまう方が出てくるのです。

是非これらの事を参考にして、そうならないように対処していってください。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 電子タバコ, 電子タバコの使い方, 電子タバコの安全性