ソイプロテイン、買うなら何味が正解?飲みやすいものを紹介

Kentai パワープロテイン デリシャスタイプ バナナ 1kg

ソイプロテインにも、最近ではいろいろな味のものが増えてきています。

でも、だからこそ何味のプロテインを買えばいいのかわからないという方もいるでしょう。

ソイプロテインも、決して安いものではないですから、どうせ買うならば、やっぱり飲みやすいものを買って、しっかりと続けていきたいですよね。

そこでここでは、ソイプロテインにおいて飲みやすい味を紹介していきます。




ココア味が一番外れナシ

もちろん、一口にこの味のソイプロテインがおすすめと言っても、各メーカーによって当然味は微妙に違ってきます。

でも、極端な話をすれば、どの缶コーヒーを飲んでも基本的にはそれらはどれもコーヒーの味がしますよね。

そんな風にソイプロテインも、微妙に味は違っていても、○○味と記載されていれば、それの味はするのです。

○○味に当てはまるもの中で、一番外れがないのはココア味。

ココア味はプロテインの定番

プロテインと言えばココア味と言っていいくらいに、ココア味というのはプロテインの定番の味となっています。

なぜココア味が定番になっているのかというと、それはやはり、多くの人がココア味が飲みやすいと思ったから。

ではなぜそれを飲みやすいと思ったのかというと、おいしいからに他なりません。

おいしくて飲みやすい味のものがあれば、各社こぞってそれを真似するのは当然です。

そんな風に切磋琢磨して、どのメーカーのココア味のプロテインもおいしくなっていったのです。

定番のものにはずれはありませんし、迷ったらココア味を買ってみるのがおすすめです。

難点は飽きやすい点

ココア味のソイプロテインは、外れはありません。

ただ、難点がないわけではないのです。

ココア味のソイプロテインの最大の難点は、飽きやすいという点。

ココアというのは、比較的に強い味になりますよね。

でもそうした強い味のものは、日々摂取していると次第に飽きてくるものなのです。

ましてやソイプロテインをはじめとしたプロテインは、基本的には一袋で1か月くらい持つようになっていますし、最低でも、1か月はその味を続けるはずです。

だから、どうしても最後の方には飽きてきてしまうのです。




意外とおすすめなのがバナナ味

一見すると、バナナ味と言われるとすごくまずそうに思えますよね。

でも、どこのメーカーのものであっても、バナナ味のプロテインのほとんどは、バナナオレの味になります。

もちろん、コンビニなどに売られている純粋なバナナオレと比べると、プロテイン独特の風味はあります。

ただそれはあくまでも、しっかりと比較した場合。

普段あまりバナナオレを飲まないという人や、小さい頃は飲んでいたけどもう何年も飲んでいないという人であれば、純粋なバナナオレとして、バナナ味のソイプロテインを出されても気が付かない可能性が高いです。

それくらいに、バナナ味のソイプロテインはおいしいです。

だから、ココアがあまり好きではないという方は、バナナ味のソイプロテインもおすすめできます。

甘さが苦手な人は注意が必要

ただ、中には甘いものが苦手な人もいるでしょう。

もし甘いものが苦手なのであれば、バナナ味のソイプロテインはそこまでおすすめできません。

バナナ味のソイプロテインは、やはり甘いです。

甘さ控えめとされているものであっても、甘いものなのです。

もし甘いものが苦手なのであれば、まだココア味の方が飲みやすいと感じることが多いはずです。

逆に甘いものが好きな人であれば、バナナ味のソイプロテインは、特に筋トレをしていない時でも日常的に飲みたいと思うくらいにおいしいと感じるでしょう。

難点はべたつくことがある点

バナナ味のソイプロテインの難点は、気持ちココア味と比べるとべたつくことがあるという点です。

べたつくというのは、味的にべたつく、舌に残るという意味ではなく、文字通り、手やカップがべたつくという意味です。

甘さが比較的に強いからか、バナナ味のソイプロテインをこぼしたり、それが手についたりすると、ややべたついてしまい、不快感を抱きます。

別にこぼさないようにしたり、すぐに洗ったり、最悪ゆすいだりすれば問題はありませんが、それが難点といえば難点です。

また当然、バナナ味も味が強いので、ココア味同様に飽きてしまうこともあります。

バランスの良い味のミルクティー味

ソイプロテインには、ミルクティー味のものもあります。

ミルクティー味と言われると、なんだか癖のある味を想像する人もいますよね。

でも、ソイプロテインのミルクティー味は、全然癖がありません。

ふつうのミルクティーを飲んでいるかのような感覚で、ソイプロテインをのみすすめていくことが出来ます。

ふつうのミルクティーのような味なので、甘さを強く感じることもありませんし、味が薄いということもありません。

実にバランスの取れた味になっているのが、ミルクティー味のソイプロテインになるのです。

ごくごく飲みやすいのがミルクティー味

バランスの取れた味になっているというのは、言い換えればごくごく飲めるということもでもあります。

ミルクティー味のソイプロテインは、一気に飲むことも出来ます。

ココア味やバナナ味だと、確かに味はおいしく感じますが、一気に飲むのはちょっと厳しく感じる人もいるものです。

味が強いですから、少しずつ飲む方が飲みやすかったりするんです。

でも、ミルクティー味はごくごく飲むことが出来るので、時短で筋トレしている人などにおすすめできます。

折角筋トレの時間短縮しているのに、プロテインを飲むのに時間がかかっていたら結局あまり意味はありませんから。

一番おすすめなのは幾つかの種類を日替わりで飲むこと

この通り、単体でおすすめできるソイプロテインの味は、ココア味やバナナ味、そしてミルクティー味になりますが、本当に一番おすすめなのはどれか一つをずっと飲み続けるのではなく、日替わりでいろいろな味のソイプロテインを飲むことになります。

そうすれば、日々違う味を楽しむことが出来るようになりますし、口の要求に応じて味を変えていくことが出来ます。

たとえば、普段は比較的に味の強いココア味のプロテインを飲みたいと思っていたとしても、それが1か月の間続くとは限りません。

というかまず確実に、今日はそういう気分ではないという日が生じてきます。

ココア味のプロテインしか家にないのであれば、そんな時でもそれを飲むしかないのです。

ではもしそこにたくさんの味のプロテインがあればどうでしょうか?

その時々の体調に応じて、飲みやすいものを選択していくことが出来ます。

だからまず飽きることがありませんし、プロテインを飲むことが楽しくなります。

もし買いそろえる余裕があるのであれば、そうするのが一番おすすめです。

少しずつ買い足すのもあり

一気に3種類くらいを買いそろえると最初にかかるコストが増えてくるので、一気に3種類くらいを買いそろえるのではなく、少しずつ買い足していくというのもおすすめできます。

たとえば、まずはココア味を買って、それを2週間くらい試したらバナナ味という風に。

そうすることによって、同時にプロテインがなくなるということも避けることが出来ますし、コストも分散させることが出来ます。

もちろん最初に全部買っても問題ありませんし、こういう買い方をしてもいい。

どんな買い方をするにしても、いくつかのソイプロテインを置いておくのは間違いなく効果的です。

まとめ

ソイプロテインでおすすめなのは、ココア味、バナナ味、ミルクティー味の3つになります。

だからぜひこれらの3つを日々日替わりで摂取してみてください。

そうすれば、1年でも2年でも、プロテインの摂取を飽きることなく続けていけます。

もちろんその間に、冒険した味にチャレンジしてみるのも、プロテインの楽しみ方の一つです。

手元にいくつかの味の選択肢があれば、そんなことも可能です。