ソイプロテインって一体何?普通のプロテインとは違うの?

プロテインと言えばもちろん、筋肉を作るのに必要なアミノ酸サプリです。

これ少しでもトレーニングやダイエットをしている人には、おなじみの言葉ですね。

しかしこれにソイ、とついた場合はまだ、それって何か違いがあるのかと不思議に思う人も結構います。

ソイプロテインと普通のプロテイン、一体どこが違うのか考えてみませんか。

Amazon新生活セール<最大5000ポイント還元>(3/27~3/30)




そもそも何でプロテインがおすすめ

人間の身体にはタンパク質が不可欠です。

これがないと、しっかりとした筋肉も作れません。

このタンパク質、肉や魚や卵に多く含まれているので、それを食べることによって身体をキープしていくことになります。

しかし普通の人ならともかく、アスリートなど日常的に体を動かす人には、食事だけで摂るタンパク質では不足になりがちです。

と言うよりも、いくら肉類が好きでも流石に必要なだけ食べるのは、飽きてしまうと言ったほうが正しいですね。

どんな肉好きの人でも、運動量に応じたタンパク質をこれらで摂取するのは、実は大変なのです。

それに加えて、肉類というものが含んでいるのは、運動やダイエットのじゃまになるものもあります。

飽和脂肪酸やコレステロールなどが、今度は生活習慣病の問題を引き起こすこともないとは言えません。

健康のためにダイエット、健康のために運動、そのためにタンパク質を摂取したら結果が生活習慣病では、元も子もありませんね。

そういったこともあり、食べ物だけでは足りないタンパク質を補うのに、プロテイン摂取が勧められるようになったのです。




プロテインだってタンパク質だって

しかしこのプロテイン、もちろんタンパク質もですが、決して一種類だけではありません。

お肉だって、赤身の肉と言えば牛肉が代表ですが、それも部位によって違いが出てきます。

鶏のささみにも多くの蛋白質が含まれますし、卵にはかなり多くのタンパク質が含まれています。

またもちろん、赤身の魚類にもタンパク質は多く含まれます。

食べ物でもこれだけの種類があるのですから、プロテインにも種類があって不思議はありませんね。

大きく分けると、食べ物にも植物性蛋白質と動物性蛋白質があるように、プロテインにも植物由来のものと動物性由来のものがあるのです。

ホエイプロテインやカゼインプロテインは乳製品由来のものですから、これは動物性蛋白質です。

一方植物性蛋白質の代表、大豆から作られたのがソイプロテインなのです。

何と言ってもソイプロテインのありがたいメリットは

プロテインと言うサプリ自体、普通の食事に比べて余分な飽和脂肪酸など除いてありますので、その分健康的です。

しかもソイプロテインの場合、植物性由来なのでそこもまた魅力がいっぱいです。

植物性蛋白質の代表は大豆

大豆が健康にいい食品だということは、昔から知られています。

特に近年その、植物性蛋白質に注目されていますね。

余分な飽和脂肪酸やコレステロールもなく、効果的にタンパク質を摂取できる食品です。

日本人としては、豆腐が加工食品では代表ですし、食卓に登る機会も非常に多い食品です。

しかしこれ、必要なだけのタンパク質を摂るには、かなりの量の豆腐を毎日食べなくてはなりません。

これは流石に、辛いのものがあります。

そこで、大豆から不要な油脂を取り去って、タンパク質を取り出したソイプロテインが登場しました。

ソイプロテインはまずアスリートにおすすめ

ソイプロテインの場合、筋力維持や筋損傷抑制の効果が期待できます。

これは何よりも、アスリートにはありがたいメリットです。

単に筋肉を作るだけでなく、筋力を維持して損傷を抑制というのは、日々過酷なトレーニングを行うアスリートには必須のものです。

そして重要なエネルギー源であるブドウ糖の筋肉への取り込みを、ソイプロテインは促進してくれます。

なので寝る前に摂取すると、翌日の運動の準備になってくれます。

寝る前に大丈夫なのかと思うかもしれませんが、脂肪成分が少ないので安心して使用できます。

オフの日にも同じく、安心して摂取してください。

腹持ちがいいのでダイエッターにも

これは短所にもなるのですが、ソイプロテインは消化に時間がかかります。

なので胃腸には負担がかかりますが、ダイエッターには大きな味方になってくれますね。

消化に時間がかかるということは、要は腹持ちがいいということです。

ダイエッターの最大の敵、食欲を抑えるのには最高のパートナーです。

空腹を抱えて運動する辛さは、ダイエッターには共通のものです。

それを少し和らげられるということだけでも、ソイプロテインを選ぶ意味があるというものです。

しかも筋肉生成にも効果的なのですから、言うことはありませんね。

ソイプロテインは実は更年期の女性にも

特にダイエットの云々ではなく、更年期中の女性にもこのソイプロテインはおすすめなのです。

大豆に含まれるイソフラボン、これが女性ホルモンのエストロゲンに似た作用を持っているのです。

更年期中の不安定さや不調は、女性ホルモンの不足にあると言われています。

それを補う意味でも、大豆イソフラボンの摂取は効果があるのですね。

それに加えて、この時期どうしても筋力も弱ってきます。

なので多少運動を始める人も、結構多いですね。

筋力や筋肉育成にも、更年期の女性ホルモンのゆらぎにも対応できるソイプロテインは、こういった女性の味方でもあるのです。

デメリットも無いとは言えない

メリットがあればデメリットも有るのが世の習いです。

デメリットとまでは行かなくても、これはちょっとという点もありますので、そこも解説しておきますね。

他のプロテインよりも消化吸収に時間が

ソイプロテインの場合、アミノ酸結合が多いのが特徴です。

なのでどうしても、消化に時間がかかってしまいます。

吸収がゆっくりなのは、特にダイエッターには長所ですが、その分内蔵に負担はかかります。

ダイエット中や、運動のし過ぎで疲れて胃腸が弱っているときなど、いささか負担がかかってしまうこともあります。

即効性というか消化吸収のいいものをと言う場合、大豆ペプチドのように分解を進めた成分のものを選んでください。

苦味があるのが飲む時に辛い

これはもうどうしようもないのですが、大豆タンパク質を酵素などで処理する時に、苦味成分が作られてしまします。

結果、普通のプロテインよりも味に癖が出てしまうのですね。

これがどうしても馴染めない、という人も少なくないはずです。

ただこれ、製品によって結構違いが出ていますので、何種類かのソイプロテイン製品から、まあこれならと思うのを選ぶようにするのも手です。

またフレーバー付きの製品も出ていますので、試してみてください。

アレルギー的な問題が

大豆は残念ながら、食品アレルギーの一つと認識されています。

なのでこのアレルギーのある人には、ソイプロテインは避けておいたほうが賢明です。

もちろんアレルギーの度合いにもよりますが、大豆アレルギーは結構難しいものがありますので、危うきには近寄らないほうがいいですね。

こうした人の場合、動物性のアレルギーがなければ、ホエイプロテインやカゼインプロテインでプロテイン摂取してください。

まとめ

プロテインと言ってもその成分と効果は、結構違うものがあるのです。

中でもソイプロテインは植物由来のものとして、効果的に健康的に使用ができるサプリです。

アスリートにもダイエッターにも、そして更年期中の女性にもいい影響があるのですから、ぜひ使用したいものですね。

ただ使用前に、大豆関係のアレルギーの有無、必ずチェックしてからにしてください。

参考URL・参考文献・根拠など

https://www.weider-jp.com/protein/c…
https://www.weider-jp.com/protein/c…