ソイプロテインだけでも筋肉をつけることはできるの?

プロテインにはいくつかの種類があります。

そしてそんないくつかの種類のプロテインの中でも、「筋肉をつけたいのであればホエイプロテインを飲むべきだ」と言われることが多いです。

では、ソイプロテインだけを飲んでいたのでは、せっかく筋トレをしていても筋肉がつかないのでしょうか?

ここではそんな、ソイプロテインだけでも筋肉をつけることができるのかということを見ていきます。






ソイプロテインだけでも筋肉はつく

ソイプロテインでは筋肉がつかないとか、なんらなソイプロテインはマッスル化するには逆効果だと言われることもあります。

でも、別にソイプロテインでは筋肉がつかないということはありません。

実際ボディビルダーの方の中にもソイプロテインしか飲んでいないという方もいますし、ジムにいる人でソイプロテインしか飲んでいないと言っているけどすごく見た目がマッスルな人もいます。

なので、別にソイプロテインだけを摂取するのでも別に問題はないのです。

なぜ意味がないと言われるのか

このようにしっかりと結果が出ているソイプロテインですが、ではなぜ「ソイプロテインでは意味がない」「ソイプロテインでは筋肉がつかない」と言われることがあるんでしょうか?

それにはいくつかの理由が考えられます。

先ず一つは、ソイプロテインの吸収時間。

ソイプロテインは、ホエイプロテイン等と比べると吸収がゆっくりなプロテインです。

でも、筋トレ後には30分以内に栄養を摂取するのがいいと言われていますよね。

そこで吸収がゆっくりなソイプロテインを摂取しても、いいタイミングで栄養を与えることが出来ない。

だからソイプロテインは意味がないと言われてしまうのです。

でも、それならば簡単な解決策があります。

ちょうどよいタイミングで吸収される様に、事前にソイプロテインを飲んでから筋トレをすればいいのです。

だいたいソイプロテインの吸収には5時間程度はかかると言われているので、筋トレをするそれくらい前に飲んでおけば、ちょうど筋トレ直後の筋肉に栄養を与えることが出来るのでおすすめです。

女性らしい体つきを作るものだという声もある

もう一つ、ソイプロテインでは筋肉がつかないという声の理由があります。

それが、ソイプロテインの原料である大豆の、大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするということ。

女性ホルモンの働きといえば、女性らしい体つきを作ること。

つまり、筋骨隆々のイメージとは真逆の体つきのために貢献するということになるんです。

それでは筋肉がつかないという声がでるのもわかりますね。

でも、これも別に気にすることはありません。

確かに大豆イソフラボンにはそういう効果がありますが、男性が女性らしい体つきを作るためには、相当量のそれを摂取しないとなりません。

プロテインから摂取するくらいであれば、そこまで関係はないのです。




ソイプロテインはダイエットにも効果的

ソイプロテインは、ダイエットにも効果を発揮してくれるプロテインになります。

というのも、大豆のたんぱく質には、中性脂肪にアプローチする効果があるんです。

だから、筋トレをしながらソイプロテインを摂取することによって、中性脂肪を減らしていくことが出来ます。

結果、ダイエットになるんです。

筋肉にはダイエットも大事

筋トレをしている人の多くは、バキバキの体を作りたいと思っているのではないでしょうか?

たとえば、サッカー選手のクリスティアーノロナウドのような、誰かが見てもバキバキだと思えるような体を作りたいと思っている人が多いはず。

ではあの体を作るために必要なのは何でしょうか?

一つは間違いなく筋肉です。

筋肉がないと何も始まりません。

ただ、筋肉があるだけではだめなんです。

というのも、筋肉があっても、その上に脂肪があると、その脂肪が筋肉が見えるのを邪魔してしまうのです。

つまり、お相撲さんやレスラーのような体型になってしまうということ。

それだって一つのかっこいい体系ではありますし、もし格闘技をするならばそのほうが強いでしょう。

ウェイトの差は大きいですし、脂肪という鎧が筋肉の上にあるわけですから、その分強くなるのは当然です。

でも、ボディメイクという観点で見ると、その脂肪はいりません。

筋肉をアピールしたいならば、脂肪は取り除かないといけないんです。

ソイプロテインはそのためにも役立つわけなのですから、実はボディメイクをする人にとってはすごく頼りになるものなのです。

避けられるよりもむしろ、おすすめされるべきものになります。

ソイプロテインだとやや効率は下がる

このように、ソイプロテインだけでも十分に筋肉はついていきますが、ソイプロテインだけを摂取することにはデメリットもあります。

それが、BCAAが少なめだということ。

ホエイプロテインには、筋肉を大きくするために欠かせないBCAAが豊富に含まれています。

それに対してソイプロテインはその含有量はホエイプロテインには劣ります。

それがどういうことかというと、筋肉を大きくするための効率は下がるということ。

より適切なトレーニングが必要

プロテインの効率が下がるわけですから、もしソイプロテインだけで筋肉を大きくしようとするのであれば、他のところで効率を高めないとなりません。

プロテイン以外で効率を高めるためには、やはりトレーニング内容が大切になります。

たとえば、毎日のように全体的にハードなトレーニングをするのではなく、「部位を絞って毎日筋トレをするけど、同じ部位を毎日行うことはない」というようにするなどの工夫が必要になります。

逆に言えばそういう工夫をしっかりとしていれば、ソイプロテインだけでも筋肉を効率的につけていくことは全然できるということになります。

サプリを併用するのもおすすめ

ソイプロテインで筋肉をつけていくためには、プロテインはソイプロテインにするけど、それと合わせてBCAAのサプリメントを摂取するというのもおすすめです。

たとえば、筋トレ前にソイプロテインを飲んで、筋トレ後にはBCAAを飲むようにするんです。

そうすることによって、ちょっと心もとないソイプロテインに含まれているBCAAを、サプリでカバーすることが出来ます。

さらにいえば、筋トレ後にサプリを摂取することによって、筋トレ後に何かをしたという満足感を得ることも可能になるんです。

何もしないと不安になることもある

先にソイプロテインを飲んでおいて、筋トレ後にはそれが筋肉を大きくするために働いてくれるとはいっても、やっぱり筋トレ後にプロテインを飲んできた人にとっては、筋トレ後に何もしないというのは、何となく不安になりますよね。

筋トレをして、プロテインを飲むというところまでワンセットだったでしょうから。

ただもしそこで、プロテインの代わりにBCAAサプリを飲んだらどうでしょうか?

筋トレの後にそうして筋肉のために行動をしているわけですから、その不安も薄れていきますよね。

そういうメンタル的なことも筋肉に影響を与えますから、こういうやり方もおすすめできるんです。

まとめ

ソイプロテインは何となく邪道のように思われているところがありますが、全くそんなことはありません。

ソイプロテインだってしっかりと筋肉をつけることはできるんです。

だから、もしホエイプロテインではなくソイプロテインを飲みたいという方がいれば、ソイプロテインを選ぶことだって全然おすすめできます。

ただその際には、飲むタイミングやトレーニングの仕方には工夫をしてあげてください。