おすすめのプロテインバー4選!あなたの好みの味を見つけられる?

プロテインは、手軽にタンパク質を摂取できる事から、筋力トレーニングをしている方たちの間で、高い人気を誇っていました。

しかし、水で溶かす必要があるので、一部の方たちから不満があったのも事実です。

そこで登場したのが、水に溶かさないで食べたれるお菓子タイプの『プロテインバー』です。

今まで、プロテインが飲みづらくて頭を悩ませていた方たちのために、おすすめの商品を4つまで紹介します(商品の値段は2019年2月26日時点)。






アサヒグループ食品1本満足バープロテインヨーグルト

アサヒグループ食品 1本満足バープロテインヨーグルト 1本×9本

『アサヒグループ食品1本満足バープロテインヨーグルト』は、少しカロリーが高くなっていますが、食べやすい味になっているので、詳しく紹介しましょう。

商品情報の内容

本製品は、1本(39g)で186kcalもあるので、ダイエットしようと考えている方は、注意する必要があります。

しかし、タンパク質は15gも摂取できるので、筋力トレーニングしている方には、おすすめのプロテインバーです。

実際に、ダイエットしようとして、あまりタンパク質を摂取しないで、筋力トレーニングをしたら失敗してしまうケースがあります。

なぜなら、タンパク質をあまり摂取しないで、筋力トレーニングしたら、筋肉が分解されてしまう事があるからです。

カロリーこそ多くなっているプロテインバーですが、食事でタンパク質を摂取する事に比べれば、あまりカロリーを摂取しないで済みます。

さらに、商品の名前の通りで『ヨーグルトパウダー』を利用しているので、アッサリとした味になっているのです(個人差があるので注意)。

Amazonでは、1本×9本で、税込価格2,250円で販売されています。

利用者たちの満足度

商品名にヨーグルトと書かれていますが、購入者たちの中には、あまりヨーグルトの味がしないケースがあったのです。

そのため、商品名にヨーグルトと書かれていても、ヨーグルト味と思わないほうが良いでしょう。

さらに、このプロテインバーを食べようとしたら、思ったよりも硬くなっていて、不満を抱いている方もいました。

硬く感じている方もいる一方で、それほど硬く感じない方もいたので、この辺りは個人差があるので、注意したほうが良いです。




ウイダー inバー プロテイン バニラ

ウイダー inバー プロテイン バニラ (14本入×1箱) バニラクリームの甘味を感じるウェファータイプ 高タンパク10g

『ウイダー inバー プロテイン バニラ』は、プロテインバーですが、お菓子のような味になっているので、多くの方たちが食べやすくなっています。

そのような商品は、どのような味やカロリー数になっているのか紹介するので、みていきましょう。

商品情報の内容

商品名に『バニラ』と書かれているように、ウエファータイプのバニラ味となっているので、甘めの味が好きな方には、おすすめのプロテインバーです。

原材料は、小麦粉・砂糖・ココアパウダー・とうもろこしでん粉・ホエイたんぱくなどが使われています。

食べやすい味になっているのは魅力的なポイントですが、1本(37g)で194kcalにもなっているのです。

カロリーは多くなっていても、タンパク質は10.5gしかないので、1日でも早く体重を減らしたい方は注意したほうが良いです。

値段のほうは安くなっていて、Amazonでは、12本×1箱で、税込価格2,080円で購入する事ができます。

利用者たちの満足度

筋力トレーニングをしていて、ダイエットをする期間中は、甘いお菓子を食べてしまえば、リバウンドする可能性が高いです。

そのため、お菓子を食べる事を我慢していて、それが辛く感じてしまう方もいました。

しかし、この方は、このプロテインバーであれば、お菓子の代わりとして食べる事ができて、満足しているケースがあったのです。

プロテインバーでは、あまり美味しく感じないケースが多いのですが、この商品を購入した方たちの中には、美味しく感じられる方たちが何名もいました。

ウイダー inバー プロテイン グラノーラ

ウイダー inバー プロテイン グラノーラ (12本入×1箱) フルーツの入ったザクザク食感グラノーラ 高タンパク10g 低脂肪

プロテインバーは、カロリーが高くなっているので、ダイエットしている方は敬遠したくなるかもしれません。

ところが『ウイダー inバー プロテイン グラノーラ』であれば、低カロリーになっているので、詳しく解説しましょう。

商品情報の内容

本製品は、1本(30g)で、わずか106kcalしかないので、ダイエットしている方でも、気軽に食べる事ができます。

ただし、タンパク質は10.5g程度になっているので、タンパク質の摂取よりも、摂取カロリーの少なさを重視している方に合う商品と言えます。

原材料は、レーズン・オーツ麦・大豆タンパク・水あめ・砂糖などが使われていて、アッサリとした味になっているのです。

食感はザクザクとするので、歯ごたえのあるプロテインバーになっています。

実は、咀嚼(そしゃく)をしたほうが、満腹感を得られるので、ある程度まで食欲を抑える事が可能です。

値段は安くなっていて、Amazonでは税込価格1,880円で販売されているので、気軽に購入できます。

利用者たちの満足度

カロリーが少なくなっている所を気に入っている方がいましたが、食べようとしたら、ボロボロとこぼれやすくなっている所を気にしていました。

そのため、このプロテインバーを食べる時には、ある程度まで汚れても大丈夫な所を選んだほうが良いでしょう。

味のほうは、あまり美味しく感じない方もいれば、美味しく頂けた方もいたので、好みが分かれる商品になっています。

そのため、最初に購入する時は、ケースではなくて、単品で購入してみて、自分の好みに合う味なのか確認したほうが良いです。

丸善 プロフィットささみプロテインバー ペッパー

丸善 プロフィットささみプロテインバー ペッパー 130g×10袋

筋力トレーニングをしている方たちの間で、高い人気を集める食材ささみを利用しているプロテインバーがあって、それが『丸善 プロフィットささみプロテインバー ペッパー』です。

本製品は、ささみを利用している事もあって、タンパク質が多くなっているので、詳しく紹介しましょう。

商品情報の内容

本製品は、65g×2本入りで、138kaclになっていて、タンパク質は22.2gも摂取する事ができます。

実際に、ささみを料理しようとしたら、蒸す場合や電子レンジで調理する必要があるのです。

電子レンジで調理する場合には、つまようじで何ヶ所も穴を開けておかなければ、破裂する可能性が高くなります(何ヶ所も穴を開けても、調理時間によって破裂する場合があるので注意)。

手間暇をかけて調理をしていたら、時間をかけてしまうので、手軽に本製品を食べるほうが、気長にダイエットを続ける事が可能です。

ただし、本製品はソーセージのようになっていて、他のプロテインバーより食べづらい方法になっているので、注意して下さい。

値段のほうは少し高くなっていて、Amazonでは税込価格2,142円になっています。

利用者たちの満足度

少し値段が高くなっているプロテインバーですが、タンパク質が多くなっている事から、コストパフォーマンスが優れている所を気に入っている方がいました。

ペッパー味になっているので、お酒のおつまみのような感覚で食べられる方もいました。

ただし、お酒を飲んでしまったら、カロリーの高いおつまみを食べたくなってしまうので、ダイエットを挫折する可能性が高くなってしまうので注意して下さい(個人差があるので注意)。

まとめ

プロテインバーは、食べやすいお菓子タイプなので、プロテインが苦手な方たちには、おすすめの食品です。

ダイエットする方たちに魅力的な食品ですが、食事を作る暇がなくて、気軽に栄養だけを摂取したい方にも高い人気を誇っているので、朝食の代わりに食べる事もできます。

ただし、プロテインバーにばかり頼っていたら、食生活が偏ってしまうので、ある程度は自炊もするようにして、適度にプロテインバーを利用したほうが良いです。