プロテインバーはチョコタイプでも溶けづらい商品がある?

inバー プロテイン ベイクドビター (14本入×1箱) 甘さ控えめ しっとり焼きチョコバータイプ 高タンパク10g 糖質40%オフ

プロテインバーは、チョコタイプも販売されているので、今まで苦い味がしたプロテインでは利用を続けられなかった方でも、利用しやすい商品もあります。

ところが、チョコタイプのプロテインバーは、チョコが溶けやすいというデメリットもあったので、注意する必要がありました。

実は、数多くあるチョコタイプの中には、溶けづらい商品もあるので、これから食べやすいプロテインバーを利用したいと思っている方のために詳しく紹介しましょう。






プロテインバー ベイクドビターの特徴

inバー プロテイン ベイクドビター (14本入×1箱) 甘さ控えめ しっとり焼きチョコバータイプ 高タンパク10g 糖質40%オフ

プロテインバーのチョコタイプでも、溶けづらくなっている商品とは『プロテインバー ベイクドビター』というものです。

この商品の他にも溶けづらくなっている商品はあるのですが、多くのメリットがあるので、本商品について解説します。

溶けづらいタイプ

本商品が、チョコタイプでも溶けづらくなっているのは『焼きチョコタイプ』になっているからです。

実際に、暑い夏場の季節ではチョコタイプが溶けやすくなっているので、手でプロテインバーを持とうとしたら、短時間で溶けてしまうので手が汚れてしまいます。

さらに、溶けかかってしまったプロテインバーは、ベタベタしてしまうので、食べづらくなってしまう方も多くいるでしょう。

そのような理由から、夏場でも利用しやすいプロテインバーを探している場合には、焼きチョコタイプになっている本商品はおすすめです。

適度な甘さ

溶けづらいプロテインバーのチョコタイプは何種類も販売されていますが、それでも本商品をおすすめするのは『適度な甘さ』になっているからです。

ビター味のチョコレートは少し苦味がありますが、チョコである事に変わりはないので、適度な甘さになっています。

実際に、苦いプロテインが苦手と思って、固形タイプのプロテインバーを食べようとしても、甘すぎて挫折した方は多いでしょう。

そのような方でも、ビター味になっている本商品であれば食べやすい味になっています(個人差があるので注意)。

豊富なタンパク質

本商品は、1本当たり(35g)で、タンパク質が10.4gも含まれています。

実は、タンパク質は髪の毛・爪・筋肉などを作る際に必要な栄養素なのです。

そのため、タンパク質を摂取する事によって、美容・健康の両面で大きなメリットがあります。

もし、タンパク質の摂取量が少なくなってしまえば、爪や髪の毛の状態が悪くなってしまうので、美容で大きなデメリットがあるのです。

筋力アップする事も難しくなってしまうので、タンパク質の摂取量が足りない場合には、本商品を利用する方法はおすすめです。




タンパク質を摂取するメリット

プロテインバーを食べる事により、タンパク質を摂取したら、様々なメリットを得る事ができます。

そのメリットを把握できたら、プロテインバーを利用する重要性やメリットなどが分かると思うので詳しく解説します。

筋力トレーニングをサポート

筋力アップするために、筋力トレーニングをしても筋肉量があまり増えていないように感じている場合には、タンパク質の摂取量が足りない可能性があります。

実際に、食事をしてから筋力トレーニングをしても、筋肉に負荷をかけた後に何も栄養を摂取していなければ、筋肉が分解されてしまう事があるのです。

しかし、筋力トレーニングの前後で、食事を摂っていたら肥満体型になりやすいので、そのような場合にはプロテインバーのタンパク質を摂取したほうが良いです。

食生活をサポート

現代人は、忙しい日々を送っている方もいれば、極端な食事制限をしてダイエットをしている方もいます。

食生活が極端になってしまえば、料理をする時間や摂取カロリーもカットする事はできますが、健康に大きな悪影響を及ぼすので注意しなければいけません。

ところが、プロテインバーには様々な栄養素が含まれていて、タンパク質の他にも、糖質・食物繊維・ビタミンなどもあるので食生活をサポートする事ができるのです(商品によって違いがあるので注意)。

そのため、食生活が偏っている場合には、プロテインバーの利用をおすすめします。

筋力アップする重要性

筋力トレーニングしながら、プロテインバーを利用すれば、効率よく筋力アップする事ができます。

しかし、筋力アップする重要性について知らない方も多いと思うので、詳しく解説しましょう。

周りからの評価

日本では、結婚をしない方が増えてきているので、異性に好感を抱かれなくても良いので、筋力アップする必要がないと思ってしまう方はいるかもしれません。

ところが、結婚をする気持ちがなくても、筋力アップして、スマートな体型になっていたら、仕事で大きなメリットがあるのです。

なぜなら、お客と接する時には肥満体型の方よりもスマートな体型をしている方のほうが、印象がよくなって仕事の成果があがるケースが多いからです。

このようなケースが起きてしまうのは、肥満体型になっていたら自己管理ができないというイメージを抱かれる事が大きく関係しているので、日頃から筋力アップさせておく事は重要と言えるでしょう。

姿勢を矯正

学生時代よりも、社会人になってから姿勢が悪くなった場合には、筋力の低下が関係しているケースもあります。

なぜなら、背筋の筋力が低下したら、背筋を伸ばそうとしたら背中や腰が痛く感じてしまう事があるからです。

猫背になってしまえば、腹筋が使われる機会が減ってしまうので、さらに筋力が低下して悪循環に陥ってしまいます。

そのため、筋力アップさせる事により、ある程度まで姿勢を矯正する事も可能です。

ストレスの少ないダイエット

筋力アップしたら、以前よりも痩せやすい体質になりますが、それは『筋肉の働き』が大きく関係しています。

実は、筋肉は脂肪とは違って、カロリーを消費する働きがあるので、筋力アップさせる事によって消費カロリーを増やす事ができます。

そのため、筋力アップしたら、極端な食事制限をしなくても痩せる事が可能になるので、あまりストレスをためないでダイエットを続ける事が可能です。

プロテインバーを利用する際の注意点

プロテインバーは、メリットの多い食べ物ですが、利用する際にはいくつか注意すべきポイントがあります。

そのポイントを把握しておかなければ後悔する事があり得るので、詳しく紹介しましょう。

食べる量

プロテインバーは、お菓子のような形状や味になっているので、気付かないうちに食べ過ぎてしまう事があります。

実際に、プロテインバー ベイクドビターでも、1本だけで155キロカロリーもあるのです。

2本も食べたら300キロカロリーにもなってしまうので、あまり食べ過ぎないように注意して下さい。

実際に、どのように優れたダイエット法でも、消費カロリーより摂取カロリーのほうが多かったら太ってしまうので、摂取カロリーは抑えておきましょう。

眠るタイミング

筋力トレーニングの後に、プロテインバーを食べれば筋力アップしやすくなりますが、睡眠の時間帯に注意しなければいけません。

なぜなら、食事を済ませてから、あまり時間が経たないうちに眠ってしまえば、睡眠中に胃が消化活動を行なってしまうからです。

睡眠中に胃が消化活動を起こしていたら、睡眠の質が低下してしまうので、寝不足に陥ってしまいます。

そのため、プロテインバーを食べた場合には、それから数時間後に眠るようにしましょう。

まとめ

プロテインバーは、チョコタイプであれば苦くないので、食べやすくなっていますが、溶けやすい商品もあるので注意しなければいけません。

溶けやすい商品が嫌になってしまえば、夏場の季節だけ利用しなくなって、途中で利用を辞めてしまう恐れがあるので、溶けづらいチョコタイプを利用する事が重要です。

溶けづらいチョコタイプを選べば、オールシーズンで利用を続ける事ができるでしょう。

参考URL・参考文献・根拠など

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%99%…
http://www.keshigomu.jp/diet/okikae…
http://cp.glico.jp/powerpro/protein…