プロテインバーを食べるならグラノーラがおおすめ!その理由とは?

ウイダー inバー プロテイン グラノーラ (12本入×1箱) フルーツの入ったザクザク食感グラノーラ 高タンパク10g 低脂肪

プロテインバーは、気軽に様々な栄養を摂取できる事から、筋力トレーニングしている方から、健康に気を使っている方たちまで、多くの方が利用しています。

しかし、プロテインバーには様々な商品が販売されているので、どの商品を食べたら良いのか悩んでしまうかもしれません。

そこで、おすすめしたいのが『グラノーラ』です。

グラノーラには、他のプロテインバーにはないメリットもあるので、これから購入しようと考えている方たちのために、詳しく紹介しましょう。






プロテインバー グラノーラのメリット

通常のプロテインバーにもメリットはいくつもありますが、グラノーラには共通するメリットもあれば、この商品だけのメリットもあります。

そこで、特有のメリットや、共通するメリットなども紹介するので、みていきましょう。

空腹感を緩和

グラノーラのメリットを知るためには、まずは、グラノーラがいかなる物か把握する必要があります。

実は、グラノーラとは、穀物やナッツなどを多く利用した食べ物の事なので、ある程度まで噛み砕かなければ食べる事ができません。

そのため、咀嚼感(そしゃくかん)があるのです。

ある程度まで咀嚼しなければ、食べられなかったら面倒に感じてしまうかもしれませんが、実は咀嚼したほうが満腹感を得られるのです。

食べ物に比べて、飲み物のほうが満腹感を得られないのも、この咀嚼感が大きく関係しています。

そのような事を考えたら、ダイエットするために、プロテインバーを購入しようと考えている場合には、グラノーラがおすすめです。

手軽にタンパク質を摂取

グラノーラには、他のプロテインバーと共通するメリットがあって、それが『タンパク質』の摂取です。

サイズが小さなものですが、多くの商品で、1食分で10g前後のタンパク質を摂取する事ができます。

実は、タンパク質は筋肉を作る上で、必要不可欠な栄養素と言えるでしょう。

そのため、筋力トレーニングをしている方にとって、コンパクトなサイズなのに豊富なタンパク質を摂取できるのは、大きなメリットです。

飲むタイプのプロテインの場合には、水または牛乳が必要になりますし、苦く感じる場合もあるので、食べられるプロテインバーはおすすめです。

食事の代用

プロテインバーは、水や牛乳などが要らないので、気軽に外でも食べる事ができます。

気軽に食べられる事から、朝の時間帯に忙しくて食事を済ませられなかった方でも、コンビニでプロテインバーを購入して、朝食の代用として利用する事ができます。

このような事を聞いたら、オニギリやパンでも良いのではないかと思ってしまうかもしれませんが、オニギリやパンではタンパク質が少ないので注意しなければいけません。

朝から、しっかりと様々な栄養を摂取する場合には、プロテインバーのほうが摂りやすいです。




タンパク質を摂取するメリット

プロテインバー グラノーラを食べれば、タンパク質を摂取する事はできますが、どのようなメリットがあるのか知らない方は多いでしょう。

そこで、どのようなメリットがあるのか紹介するので、参考にしてみて下さい。

痩せやすい体質

筋力トレーニングをして、プロテインバー グラノーラを食べてタンパク質を摂取したら、筋力アップしやすくなります。

筋力アップしたら、痩せやすい体質になると説明しましたが、それは筋肉の役割が大きく関係しているのです。

実は、脂肪はカロリーを消費してくれませんが、筋肉はカロリーを消費してくれます。

食事制限をして、ダイエットする方は多くいますが、脂肪だけではなく筋肉まで痩せてしまうので、太りやすい体質になってしまうのです。

そのような事を考えたら、極端な食事制限をしないで、筋力トレーニングをしてタンパク質を摂取したほうが、痩せやすい体質になりやすいです。

美容対策

タンパク質は、筋肉だけではなく、髪の毛にとっても重要な栄養素です。

実は、タンパク質によって『コラーゲン』が構成されるので、髪の毛に大きな影響を及ぼします。

実際に、タンパク質が足りなくなってしまえば『枝毛』や『切れ毛』の原因になってしまいます。

そのような事になれば、健康的な髪の毛を維持する事が難しくなってしまうので、日頃からタンパク質を摂取したほうが良いです。

集中力をキープ

タンパク質の摂取量が足りない状態が続いてしまえば『神経伝達物質』が、脳内で上手く作られないので、脳の働きが鈍くなってしまいます。

脳の働きが、普段よりも鈍くなってしまえば、集中力をキープする事も難しくなってしまうので、仕事や勉強に集中する事が難しくなってしまうので注意しなければいけません。

そのような事を考えたら、朝からプロテインバー グラノーラを食べて、タンパク質を摂取しておくメリットは大きいです。

プロテインバーを食べる際のポイント

プロテインバーを食べる際には、いくつか抑えておくべきポイントがあります。

そのポイントを抑えておかなければ、ダイエットが失敗する可能性があるので詳しく解説しましょう。

タイミング

筋力トレーニングをして、タンパク質を摂取すれば痩せやすい体質を目指す事はできますが、食べる『タイミング』が重要になります。

なぜなら、筋力トレーニングをした後は筋肉が分解されていくからです。

お腹が空いているので、プロテインバーを食べてから筋力トレーニングしてしまえば、筋肉が分解されてしまうので注意しなければいけません。

筋肉の分解を抑えるためには、筋力トレーニングをした後に、プロテインバーを食べるようにしましょう。

カロリーに注意

プロテインバーは低カロリーになっていますが、コンパクトなサイズになっているので、オヤツを食べる感覚で何本も食べやすくなっています。

しかし、1本だけで豊富な栄養素を含んでいる事もあって、カロリーは意外と多くあります。

低カロリーと説明したのは、サイズに比べてという訳ではなくて、タンパク質を豊富に含まれている事に比べてカロリーが少ないという意味です。

そのため、プロテインバーを食べる時は、あまり多く食べないようにして下さい。

おすすめのプロテインバー グラノーラ

知名度の高いプロテインバー グラノーラは『ウイダー inバー プロテイン グラノーラ』と『ウイダー inバー プロテイン グラノーラ ココア』などがあります。

それぞれ味が違っているので、どのような商品なのか詳しく解説します(商品の値段は2019年3月20日時点)。

ウイダー inバー プロテイン グラノーラ

ウイダー inバー プロテイン グラノーラは、フルーツが入ったプロテインバーなので、少し爽やかな味わいになっています。

栄養成分は、30g当たりで、106キロカロリーあって、タンパク質は10.5gになっているのです。

脂質は0.7gしかないので、食べる量にさえ気を付ければ、ダイエットを成功させる事は十分に可能です。

筋力トレーニングをする事が面倒に感じる場合には、間食として、オヤツの代用に利用すれば、ある程度まで摂取カロリーを抑えられます。

本商品は、Amazonでは12本入り×1箱で税込価格1,880円で販売されています。

ウイダー inバー プロテイン グラノーラ ココア

ウイダー inバー プロテイン グラノーラ ココアは、ココア味になっているので、オヤツに近い味になっています。

そのため、フルーツよりもお菓子の味に近いほうが良い場合には、本商品のほうがおすすめです。

ただし、31g当たりで、111キロカロリーもあって、タンパク質は10.7g・脂質は0.8gになっているので、注意して下さい。

値段のほうは、Amazonでは12本入り×1箱で税込価格2,203円で販売されています。

まとめ

プロテイン グラノーラは、咀嚼感があって、ザクザクとした食感になっています。

そのため、他のプロテインやプロテインバーよりも、空腹感を緩和しやすいので、ダイエットを成功させやすくなっているのです。

ただし、サイズがコンパクトになっているので、1度に何本も食べてしまえば、太りやすくなってしまうので、注意して下さい。