プロテインバーについてさらに深く知りたい人に読んでほしい豆知識

プロテインバーは最近になって様々な場所で販売もされているので、食べたことがある人も多いのではないでしょうか。

ですが、プロテインバーを摂取しやすくするためにいくつかの工夫がされていることを知っていますか。

また、プロテインバーの効果をさらに高めるために一緒に摂取すると良い栄養素があるのをご存知ですか。

そんな、プロテインバーについての豆知識を紹介していきます。






プロテインバーの工夫

プロテインバーは摂取しやすくするためにいくつかの工夫がされています。

そのため、通常のプロテインよりも摂取が継続しやすくもなっています。

プロテインバーにどのような工夫がされているかを紹介していきます。

最近ではプロテインにも味がついていて飲みやすくなるように作られています。

ですが、プロテインバーはさらに味がつくようにされており、おいしく摂取することができるようになっています。

プロテインはあくまで風味を付けるだけになってしまいますが、プロテインバーの場合には中にチョコレートなどを入れたり、フルーツを加えたりすることで味がより良くなるようにしています。

形状

プロテインバーには、さまざまな形状のものがあります。

基本はチョコなどを含んだバー状のものであることが多いです。

それ以外にも、ウエハースタイプのものや、グラノーラでできているものまであります。

特に変わっているものとしては、鳥のささみでできているプロテインバーも販売されています。

様々な形状で出すことで、食感なども変わるようにしており、飽きずに継続して摂取することができるように工夫されています。

摂取方法

本来のプロテインは粉状であるため、水や牛乳などに溶かして飲む必要がありました。

ですがバー状にしたことによって、それ単体で摂取することができるようになりました。

そのため、場所を選ばずに摂取することができ、摂取する際にも準備や片づけといったものが必要なくなりました。

そのため、好きなタイミングで摂取できるため、継続して摂取しやすくしています。

購入方法

プロテインバーは一回分単位で販売しているので、コンビニなどでも販売されています。

そのため、手元になかったり、準備するのを忘れてしまったりした場合でも簡単に手に入れることができます。

安いものでは1本100円程度から購入することもできます。




さまざまな種類のプロテインバー

プロテインバーの工夫として、さまざまな形状のものが販売されていると紹介しました。

これらについて実際に商品を紹介していきます。

紹介できるのはあくまで一部になりますので、参考程度にしておいてください。

ウエハース

ウエハース状の商品は、「ウイダーinバー プロテイン バニラ」です。

国産のプロテインバーで、バニラ味のウエハースタイプになります。

お菓子のようにも見えてしまいますが、10gのタンパク質を含んでいます。

サクサクとした食感をしているため、通常のプロテインバーと食べた感覚が異なるので、飽きずに食べることができます。

また、お菓子感覚で食べることができるので食事の代わりというよりも間食などに向いているような商品です。

グラノーラ

グラノーラタイプの商品は、「ウイダー inバー プロテイン グラノーラ」です。

大豆パフとフルーツによってできていて、パフ独特の食感を楽しめます。

中にフルーツも含まれているので、ビタミンも同時に摂取することが可能です。

グラノーラタイプのものはソイプロテインが使われているものが多い傾向にあります。

そのため、筋肉の増量よりもダイエットなどに向いているような商品が多いです。

食べごたえを増やしつつもカロリーを低くするために、フルーツが使われています。

肉タイプの商品は「丸善 プロフィットささみプロテインバー」です。

鳥ささみを原材料にしたソーセージタイプのプロテインバーになります。

鳥ささみの高タンパク低脂質な部分に注目し、簡単に摂取できるようにしたものになります。

タンパク質が22.2g、コラーゲンが2000mg含まれています。

他のタイプのプロテインバーと比較して、日持ちがしないので注意が必要です。

また、持ち歩く際には高温多湿な状況などでは傷んでしまう恐れがあります。

一緒に取ると良い栄養素

プロテインバーは、それ単体でも効果を発揮します。

ですが、同時に摂取することで、その効果をさらに高めてくれる栄養素がいくつか存在しています。

これらの栄養素について紹介していきます。

プロテインバーにさらなる効果を期待したいという方は参考にしてみてください。

炭水化物

プロテインバーを摂取することで筋肉の強化を目指す場合には、タンパク質だけでなく炭水化物(糖質)が必要になってきます。

タンパク質は筋肉を作る原料として有名です。

プロテインバーを筋肉増強目的で摂取する人は、筋肉の原料を体内に取り入れるために運動後にプロテインバーを摂取するという人が多いでしょう。

その筋肉が動くエネルギー源となるのが炭水化物及び糖質なのです。

運動後に筋肉が損傷してしまった場合にも、このエネルギーが必要になります。

つまり、エネルギーが足りないと、どれだけ原料のタンパク質があっても筋肉を修理することができないのです。

炭水化物もタンパク質も筋肉を強化させるためには重要なものですが、とにかく量を摂取すればよいというわけではありません。

炭水化物を摂取しすぎると、エネルギーを消費しきれずに死亡になってしまう恐れもあります。

炭水化物とタンパク質を効率よく筋肉にする場合には、炭水化物:タンパク質=3:1の比率で摂取するのが理想とされています。

この比率で摂取した場合、炭水化物のみを摂取した場合と比較して100%、タンパク質の身を摂取した場合と比較して38%の筋力アップにつながったというデータもあります。

そのため、筋肉を増強させるときには炭水化物も必要なのです。

ですが、ダイエット目的でプロテインバーを摂取しているときは特に、一歩間違えると脂肪が増えてしまうので注意が必要です。

BCAA

運動後にプロテインバーを摂取する場合、その運動前にBCAAを摂取すると、運動の効果が上昇すると言われています。

このBCAAは、必須アミノ酸と呼ばれるものの一部で、筋肉の合成に関わっていて、筋肉に含まれています。

これは糖質や脂肪が無い場合に運動時のエネルギーとなっています。

ですが、BCAAは人間の体内では合成することができません。

では、人間の身体は糖質や脂肪がなく、BCAAもない状態ではどのようにエネルギーを作るのか、それは、筋肉を分解してBCAAを取り出し、エネルギーにするのです。

そのため、筋肉を増強するために運動しているにもかかわらず、エネルギーのために筋肉を分解して減らしてしまうという状況になってしまいます。

そうならないためにも、事前にBCAAを取り入れておくことで、筋肉が分解されてしまうのを防ぐのです。

国産と海外産

日本では最近になってプロテインバーに着目されるようになり、種類も増えてきました。

ですが、海外ではさらに進んでいることをご存知ですか。

海外産の方が優れている点についていくつか紹介していきます。

タンパク質含有量

海外で生産されているプロテインバーの方が国産のものに比べて、タンパク質含有量が多い傾向にあります。

そのため、1本当たりで摂取できるタンパク質量が海外産の方が多いです。

種類

海外では日本よりもプロテインバーの開発が活発です。

そのため種類がたくさん販売されています。

特にソイプロテイン以外の植物性タンパク質が原料のものは海外産にしかほとんどありません。

最近になって国産のピープロテインバーも開発されましたが、海外では菜食主義などのための商品も開発されています。

まとめ

プロテインバーは、手軽にプロテインを摂取することができるように作られた商品です。

さまざまな種類が販売されているので、それぞれの人に合ったものも販売されているでしょう。

自分に合ったものを見つけることが継続して摂取するための秘訣です。

今回紹介した豆知識も覚えつつ、プロテインバーを取り入れた生活を送ってみてください。

参考URL・参考文献・根拠など

https://www.amazon.co.jp/ref=nav_lo…
https://www.weider-jp.com/protein/c…
https://www.otsuka.co.jp/health-and…