筋トレをしている方にはプロテインバーがおすすめ!その理由とは?

日本では、筋トレをする事によって、スリムな体型にできた方や、筋肉質になった方もいます。

しかし、筋トレに興味がない方や、筋トレをしても見た目があまり変わらないという方もいるでしょう。

実は、筋トレに失敗してきた方でも、プロテインバーを食べれば、筋力アップしやすくなるのです。

筋力アップできたら、美容・健康の両面でメリットがあるので、プロテインバーを食べる事によって筋力アップしやすい理由やポイントなどを紹介しましょう。






プロテインバーをおすすめする理由

筋トレをしている方に、プロテインバーをおすすめする理由は、栄養補給が大きく関係しています。

実際に、筋力アップするためには、栄養補給が重要になるので、その理由を詳しく解説します。

空腹感を緩和

脂肪だけを減らして、筋肉を付けたい方は、何も食べない状態で、筋トレしたくなるかもしれません。

実際に、会社から帰宅して夕食を済ませてから、筋力アップしようとしても、満腹の状態になってしまうので運動しづらいでしょう。

しかし、空腹になっている状態でも、筋トレしづらいので、適度に空腹感を緩和する必要があります。

そのため、会社の休憩中または仕事が終わった直後でも構いませんが、プロテインバーを食べておけば、適度に空腹感を緩和して筋トレしやすくなります。

筋肉の分解を抑制

筋力アップするためには、筋肉に負荷をかけておけば良いと思っている方は多いかもしれませんが、筋力アップするためには『栄養補給』も重要です。

実際に、筋トレした後に、タンパク質を摂取しておかなければ、筋肉が分解されてしまうのです。

そのような事になれば、筋トレしても、筋肉量が減ってしまうので、筋肉に負荷をかけている意味が無くなってしまいます。

プロテインバーには、多くのタンパク質が含まれているので、筋トレした後に食べておけば、筋肉の分解を抑えられて、筋力アップしやすくなります。

食生活をカバー

プロテインバーを食べなくても、食事でタンパク質を摂取する事は可能です。

しかし、タンパク質を含んでいる食材は、魚・肉・卵などでカロリーが高くなっているものばかりです。

納豆のように低カロリーでも、タンパク質を含んでいるものもありますが、毎日の夕食に納豆を食べていたら飽きてしまうでしょう。

しかし、プロテインバーでタンパク質を摂取しておけば、食事量を少し減らしても、筋力アップしやすくなります。

そうすれば、脂肪があまり増やさないで、筋力アップする事も可能です。




筋トレとダイエットの関連性

筋トレをしたら、ダイエットを成功しやすくなるのは、筋肉と脂肪に大きな違いがあるからです。

そこで、どのような違いがあるのか解説するので、みていきましょう。

脂肪が見た目を左右

筋トレをしていったら、スリムな体型になっていきますが、あまり体重が変わらないケースがあります。

なぜ、このような事が起きるのかと言えば、筋肉と脂肪は同じ重さになっていたとしても、筋肉より脂肪のほうが膨らんでいるように大きくなっているからです。

そのため、筋力アップして、体重があまり減らなかったとしても、焦る必要がありません。

ダイエットをするために筋トレしている場合には、体重よりも見た目を重視したほうが良いです。

そのような理由がある事から、筋トレする事によって、スリムな体型になりやすいのです。

筋肉と脂肪の違い

筋肉は、脂肪とは違ってカロリーを消費する働きがあります。

そのため、脂肪が多くなっている場合には、消費カロリーが多くなっていませんが、筋力アップしている場合には消費カロリーを増やす事ができるのです。

運動をしている方や、筋トレをしている方たちの多くが、太りづらくなっているのは筋肉量が多くなっている事が関係しています。

そのため、ある程度まで好きなものを食べながら、ダイエットしたい場合には筋トレは有効な方法と言えるでしょう。

筋力アップするためのポイント

筋力アップがダイエットのために有効な方法と分かっても、上手く筋力アップできない方もいるでしょう。

実は、筋力アップするためには、いくつかコツがあるので詳しく紹介します。

負荷と休息のバランス

筋力アップするためには『筋肉に負荷』をかける事と『休息』が重要になります。

実際に筋力アップに失敗している方は、筋肉に負荷をかける事ばかりしていて、あまり休息を取らない傾向にあるのです。

例えば、筋肉痛になった場合には、しっかりと休息を取ってから、筋トレを再開したら筋力アップしやすくなります。

しかし、筋肉痛になっている状態で筋トレをしようとしたら、本来の力を発揮する事ができない上に、筋肉の回復を遅らせてしまうので注意して下さい。

ダンベルの重量

筋トレをする際に、多くの方たちが利用しているのが『ダンベル』でしょう。

ダンベルを利用して、筋トレをしていけば、そのうち筋力アップして、ダンベルを持ち上げる回数を増やす事ができます。

しかし、ダンベルを持ち上げる回数は、15回以上まで出来るようになったら、筋力アップよりも持久力がつくだけになるので注意しなければいけません。

そのため、15回程度までダンベルを持ち上げられるようになったら、ダンベルの重量を上げたほうが、筋力アップしやすくなります。

正しいフォーム

正しいフォームで、筋トレをしていたら、筋力アップしたいと考えている部分の筋肉に負荷をかけられます。

しかし、誤ったフォームで筋トレをしていたら、違う筋肉に負荷をかけてしまって、筋力アップできない場合があるのです。

例えば、上腕二頭筋を鍛えようとしていたのに、途中で上腕二頭筋が疲れてきってしまって、他の筋肉でダンベルを持ち上げようとします。

前腕の筋肉の力で、ダンベルを持ち上げる事になれば『力こぶ』と言われる上腕二頭筋の筋力アップが難しくなります。

そのため、正しいフォームを心がけて、筋トレするようにして下さい。

筋トレをするメリット

筋トレをした後にプロテインバーを食べて、筋力アップすれば様々なメリットを得る事ができます。

そのメリットを知れば、筋トレが面倒に感じてしまう方でも、行いたくなると思うので詳しく紹介しましょう。

睡眠時無呼吸症候群

筋トレをしないで、肥満体型になっている状態で、眠っていたら『睡眠時無呼吸症候群』に陥ってしまうケースがあります。

この睡眠時無呼吸症候群とは、呼吸をする際に空気が通る気道が、脂肪によって狭くなってしまう事により、呼吸が何回も止まってしまう症状です。

いびきをかく音が大きかったり、呼吸が途中で止まったりする場合には、睡眠時無呼吸症候群の恐れがあるので早めにダイエットまたは筋トレを始めたほうが良いでしょう。

体にかかる負担

肥満体型になった場合には、少しだけでも猫背になっていたら、上半身の体重の負担が腰にかかるようになってしまいます。

そのような状態で歩いていたり、椅子に座っていたりしたら腰痛になってしまうので注意しなければいけません。

さらに、歩いている際には、上半身の体重は膝にも大きな負担をかけてしまうので、膝痛になる恐れがあります。

健康に気を付けている方は、体にかかる負担を軽減するためにも、筋トレはおすすめです。

まとめ

筋トレをしたら筋力アップする事はできますが、タンパク質の摂取量が少なかったら、筋肉が分解される事になってしまうので注意しなければいけません。

しかし、食事量を多くしたら、太ってしまうのではないかと心配になってしまう方は多いでしょう。

そのような場合には、低カロリーで高タンパク質なプロテインバーを食べて、筋トレをする方法がおすすめです。

参考URL・参考文献・根拠など

https://club.panasonic.jp/diet/kiso…
https://charaku.net/745/