プロテインバーの食べ過ぎは太る?いつ食べるのが正解なの?

ダイエット中の置き換え食や間食代わりにピッタリのプロテインバーですが、食べるタイミングや量によっては逆効果になるということをご存知でしょうか?

「プロテインバーだから!」と安心して食べていたのに、理想とは程遠い体型になってしまうケースも多いんです。

上手にプロテインバーを取り入れる秘訣や、ダイエット向けのプロテインバーの選び方についてまとめました。






プロテインバーを食べ過ぎると太る2つの理由

ダイエット中でも手軽に栄養素を補給できるプロテインバーは、男女問わず人気のアイテム。

ケーキや和菓子を食べるよりもヘルシーな気がしますが、だからといって食べ過ぎるのは危険です。

プロテインバーの食べ過ぎを防ぐためにも、2つの注意点について知っておきましょう。

市販のプロテインバーは甘みが強めだから

プロテインバーというとヘルシーなイメージがあるかもしれませんが、実は1本当たりのカロリーは高めのものが多めです。

カロリーが高いと言っても「高タンパク」なのでそこまで気にする必要はないのですが、問題は甘味料です。

プロテインは肉や魚に含まれる「たんぱく質」なので、本来味はありません。

味っ気のないプロテインを美味しく食べるためにつくられているプロテインバーは、性質上どうしても甘味料が多くなってしまいます。

プロテインバー1~2本程度なら基本的に問題ないはずですが、それ以上食べたり、美味しいからと言って何本も食べたりしないように気をつけたいところです。

手軽さゆえに食べ過ぎてしまう

プロテインバー最大の魅力「手軽さ」は、メリットであると同時にデメリットでもあります。

市販のプロテインバーは封を開けるだけで手軽に食べられてしまうので、「もうちょっと食べたいな」というときについつい手が伸びてしまいやすいです。

さらにスティックタイプ(バー)になっているので、スマホやPC作業をしながらでも食べられてしまいます。

ながら食べは脳の満福中枢を刺激しにくく、どれだけ食べても満足しない原因の1つ。

ダイエットには大敵の食べ方になりますから、忙しくて時間がない時にこそ1本でしっかり満足感を味わうために手を止めて味わうようにするといいでしょう。

「それでも美味しくて食べすぎてしまう」という場合は、買い置きしないことです。

その日に必要な本数だけを購入する、もしくは持ち歩くようにして、「ついつい」の回数を減らすだけでもダイエット成功率は高くなります。




プロテインバーを食べる3つのタイミング

プロテインバーでダイエットに成功するためには、いつ・どう食べるかが重要です。

ライフスタイルに合わせた3つのタイミングについてまとめました。

食事の代わりに

朝食を食べる時間がない、忙しくて3食しっかり摂れていない、1日のうち1食だけでもカロリーを抑えたい。

このような場合におすすめしたいのが、食事代わりにプロテインバーを食べる方法です。

SNSでは「食事を抜くと痩せる」といううわさが広まっているようですが、食事を抜くと痩せるのは一時だけ。

体重の数値が減るので痩せたような気分になるだけで、実際には代謝が落ちて太りやすい体をつくってしまいます。

食事を1食抜いたり、忙しくて食べる時間がないほどなら、食べない代わりにプロテインバーを1本取り入れてみてください。

菓子パンやチョコレートでお腹を満たすより低カロリーですし、高タンパクなので筋肉の元にもなります。

不思議かもしれませんが、食べない時よりも代謝が上がって痩せ体質に近づきますよ。

満腹感をUPさせるためにも、プロテインバーを食べるときはたっぷりの水分も忘れずに摂取しましょう。

温かい物なら胃の働きをサポートしてくれるので、さらにダイエット効果がUPするはずです。

おやつの代わりに

小腹が減って何も手につかない、1日1回のおやつタイムがやめられない、ついつい甘いものに手が伸びてしまう…。

このような場合におすすめしたいのが、おやつ替わりにプロテインバーを食べる方法です。

1日のおやつの目安は200kcal以内が目安。

これより多いと食事の摂取カロリーにも影響しますから、1本当たりのカロリーが200kcal以内のものを選ぶといいでしょう。

例えば、森永製菓から発売されているココア味のプロテインバーは約170kcalです。

おやつ替わりに食べるポイントは、とにかく好きな味のプロテインバーを選ぶこと。

ダイエット中は「少しでもカロリーの低いものがいい!」と思ってしまいがちですが、好きな味を食べるのと、カロリーで妥協した味を食べるのとでは満足度が全然違います。

おやつの代わりにプロテインバーを食べるというだけでも1つ我慢していることになりますから、ストレスをためすぎないためにもプロテインバーの味は好きなものを選ぶことをおすすめします。

フレーバーの違いで多少のカロリー差はありますが、正直なところフレーバーが違うだけで50kcal以上も違うような製品は見当たりません。

ストレスが溜まって他のものについ手が伸びてしまうより、好きな味のプロテインバーを食べて1本の満足度を上げることをおすすめします。

食事と食事の間があくときに

ダイエットに理想的なのは、朝昼晩と規則正しい食事時間をキープすることです。

特に夜は寝るだけの食事ですから、できれば19時前には食事を済ませておくのが理想的。

といっても仕事やプライベートの都合で、なかなか理想通りの時間に食事をとれないという人は多いですよね。

そんな時にもプロテインバーが役立ちます。

夜ごはんが遅くなりそうなときには、夕方の時間帯にプロテインバーを1本食べておくのです。

こうすることで食事と食事の間が開きすぎるのを防ぎます。

というのも、食事と食事の間が開きすぎると体は栄養をため込むモードにチェンジしてしまうのです。

これは私たちの体の本能的な部分なのですが、体の中に食べ物がない状態が続くと脳は「栄養素が足りないぞ!

エネルギーをため込め!」という指令を出します。

するといつもと同じものを同じように食べていても代謝されず、体に蓄積されて太りやすくなるというわけです。

太りやすい体にならないために、食事が不規則な人こそ上手にプロテインバーを取り入れてみてください。

小腹を満たしておくことで、夕食が遅くなってもドカ食いしにくくなるというメリットも得られますよ。

プロテインバーの目安は1~3本

プロテインバーを食べ過ぎはダイエットに逆効果になるとお伝えしましたが、では何本までなら食べても平気なのでしょうか?

これは、どのようにプロテインバーを取り入れるか次第です。

おやつや、食事の間の補助食として取り入れる場合は1本までにしておきましょう。

市販のプロテインバーは1本200kcal以内のものが多いですから、ちょうど間食にピッタリの摂取カロリーとなります。

食事の代わりにプロテインバーを食べる場合の目安は、2~3本です。

カロリーの摂りすぎもいけませんが、少なすぎても「体がため込みモード」になってしまいますから、500kcal前後は摂取しておきたいところです。

ただし一度に食べると満腹感が半減してしまいますから、1本食べることにコップ1杯分の水分を摂取するといいですよ。

まとめ

おやつ替わりや食事の代わりに手軽にたんぱく質を補えるプロテインバーは、上手に使えばダイエットの味方になります。

間食が多い人はプロテインバーに切り替えるだけで効果を実感できるはずです。

その他つい食事を抜いてしまう人は、まずは1本からでもいいので取り入れてみてください。

全く食べない時よりも摂取カロリーは増えているはずなのに、代謝がUPして痩せ体質に近づけますよ!

参考URL・参考文献・根拠など

世界一わかりやすいプロテインの本