食べ過ぎて太ってしまう方にはプロテインバーがおすすめ!

マイプロテイン スキニー フラップジャック(LEAN FLAPJACK)50g×12個入り (バノフィー)

私たち人間には『三代欲求』というものがあって、性欲、睡眠欲・食欲などがあります。

3つの欲望は、どれも抑える事が難しくて、その中でも食欲を抑える事ができなければ、スタイルが悪くなってしまうので頭を悩ませている方は多いでしょう。

実は『プロテインバー』を利用したら、食べ過ぎてしまう方でも食欲を抑える事が可能なので、その理由について解説していきましょう。






プロテインバーをおすすめする理由

食べ過ぎてしまう方でも、プロテインバーを利用したら、食欲を抑えられるだけではなく、ダイエットを成功させやすくなります。

そのため、ダイエットをしている方には興味深い商品だと思うので、ダイエットを成功させやすくなっている理由について説明します。

低カロリーの食品

プロテインバーは商品によって、多少の違いはありますが、多くの商品は『低カロリー』になっています。

実際に、カロリーが少ないほうの商品であれば、100キロカロリー前後になっているのです。

低カロリーになっていても、プロテインバーには様々な栄養素が含まれているので、カロリーを抑えても、栄養もしっかりと摂取できるのです。

特に、タンパク質が豊富に含まれていて、筋力トレーニングしている方やダイエットしている方たちの間で高い人気を集めています。

なぜなら、タンパク質は筋肉を作る働きがあるからです。

タンパク質は食事でも摂取する事はできますが、肉や卵など高カロリーな食べ物が多いので、プロテインバーを利用する事をおすすめします。

咀嚼回数

プロテイン関連の商品には、プロテインバーの他にも、粉状の『プロテイン』もあります。

しかし、粉の場合には水または牛乳などで溶かして飲む事になるので、あまり空腹感を緩和できないとう問題点があるのです。

それに引き換え、プロテインバーは固形タイプになっているので、噛んでから飲み込む事になります。

実は、咀嚼回数が多くなっているほうが、空腹感を緩和する事ができるのです。

プロテインでは、お腹が空いてしまう場合には、咀嚼して空腹感を緩和できるプロテインバーのほうが、おすすめです。

様々な種類

プロテインバーには、様々な味が用意されているので、同じ味では飽きてしまう方でも、長く利用する事ができます。

実際に、日本には様々なダイエット関連の商品が販売されていますが、長く利用を続けなければ、その効果を発揮する事ができません。

しかし、プロテインバーの中には、チョコレートタイプもあればチーズタイプもあるので、同じが味では飽きてしまう方でも長く利用する事が可能です。

朝の食事量

朝の時間帯に食事を済ませる事は重要ですが、食事量が多くなっていたら、ダイエットを成功させる事は難しいです。

実際に、茶碗一杯分のご飯は200キロカロリー以下になっていますが、山盛りのご飯を食べる場合や、ご飯をおかわりしてしまう場合には200キロカロリーを超えてしまうので注意しなければいけません。

さらに、オカズの種類や味噌汁などの合計カロリーを考えたら、摂取カロリーを抑える事は簡単ではないのです。

そこで、朝食をプロテインバーに変えれば、摂取カロリーを抑える事ができるのでダイエットを成功させやすくなります。




カロリーを計算

プロテインバーを食べて、ダイエットする際には『総カロリー』と『基礎代謝』などを把握したほうが良いです。

この2つのポイントを把握しておかなければ、ダイエットが失敗してしまう可能性があるので、その理由について説明しましょう。

食事の総カロリー

日本では様々なダイエット法がありますが、同じダイエットを行っていても、成功する方もいれば失敗する方もいます。

同じダイエットでも違う結果になってしまうのは、カロリー計算が大きく関係しているのです。

実際に、どのように優れたダイエット法でも消費カロリーより摂取カロリーのほうが多くなっていたら、太ってしまいます。

そのため、プロテインバーを食べてダイエットを行ったとしても、1日の合計の摂取カロリーが消費カロリーを上回らないように注意して下さい。

基礎代謝

多くの方たちは、運動や筋トレをしている時だけカロリーを消費していると思うかもしれませんが、実は、体を動かしてしていなくてもカロリーを消費しています。

体を安静にしている時でも、消費しているカロリーの量を『基礎代謝』と呼ばれています。

カロリー計算をする上では、基礎代謝を把握しておかなければ正確な消費カロリーが分からないので、ダイエットを行う際には、ジムまたは体育館などで基礎代謝を測ったほうが良いでしょう。

有酸素運動と無酸素運動

運動やトレーニングをして、ダイエットする方法は大きく分けて2つの種類があって、それが『有酸素運動』と『無酸素運動』です。

2つの運動には大きな違いがあるので、詳しく解説するので確認してみて下さい。

有酸素運動

有酸素運動とは、ランニングやウォーキングなどの運動を指します。

筋力アップする訳ではないので、筋肉を付けたくない女性には、おすすめの運動方法です。

注意して欲しいのは、肥満体型の方が最初からランニングをしようとしたら、膝に大きな負担をかけてしまうので、ウォーキングから始めたほうが良いです。

ウォーキングは、平坦な道を歩いていたら、消費カロリーは少なめになりますが、膝にかかる負担を軽減できます。

ある程度まで痩せていったら、ウォーキングからランニングに切り替えてみて下さい。

無酸素運動

無酸素運動とは、ダンベルまたはバーベルなどを使った『筋力トレーニング』の事で、効率よく消費カロリーを増やす事ができます。

なぜなら、有酸素運動は体を動かしている時だけカロリーを消費しますが、筋力アップしたら基礎代謝をアップさせる事ができるからです。

実は、脂肪はカロリーを消費する事はできませんが、筋肉はカロリーを消費する事ができます。

そのため、少しでも痩せやすい体質にしたい場合には、無酸素運動を取り入れてみましょう。

食欲を抑える方法

プロテインバーを利用しても、食欲を抑える事ができない場合には『飲み物』や『睡眠』を上手く活用する事が重要なので、その方法について解説します。

飲み物で空腹感を緩和

ダイエットしようとして、食事量を少なくしたら、お腹が空いてしまうので集中力が低下してしまいますし、ストレスもためてしまいます。

そのような状態が続いてしまえば、多くの方たちは食材に手を伸ばしたくなると思うので『水』を飲むようにしましょう。

水は『0カロリー』なので、水を飲んで空腹感を緩和させておけば、ダイエットを成功させやすくなります。

夏場の季節には、水を多く飲んでおけば、夏バテ防止にもなるので、食べ過ぎてしまう方は水ダイエットを行ってみて下さい。

睡眠のタイミングと量

食事をしてから、あまり時間が経過しないで眠ってしまえば、睡眠中に胃が消化活動を行ってしまいます。

そのような事になれば、睡眠中という事もあって、上手く消化されなくて、太りやすくなってしまうのです。

さらに、睡眠時間が足りなかったら『レプチン』というホルモンが低下してしまいます。

レプチンは、ホルモンの一種で、肥満を抑制する働きがあります。

そのため、食事をしてから、1~2時間まで起きるようにして、睡眠時間は長く確保するようにしましょう。

まとめ

プロテインバーは、低カロリーの食品になっているので、ダイエットに向いた商品になっています。

そのため、食事量が多くて食べ過ぎてしまう方は、食事前にプロテインバーを食べておいて、空腹感を緩和させる事ができたら食事量を抑える事ができます。

そうすれば、ダイエットを成功させやすくなるので、摂取カロリーを抑えたい方は試してみて下さい。

参考URL・参考文献・根拠など

https://kirari-media.net/posts/1352
https://www.weider-jp.com/protein/c…
https://www.weider-jp.com/protein/c…
https://www.lifehacker.jp/2010/02/1…