プロテインバーはコスパが高い?多くの食材や食品と徹底比較

プロテインバーは、ダイエットに向いていると言われていますが、実際にコスパが高いのか疑問に思っている方もいるでしょう。

実際に、プロテインバーに含まれている栄養素は、その他の食材や食品からも摂取する事ができます。

そこで、プロテインバーのコスパが本当に高いのか紹介するために、他の食材や食品と徹底比較してみるので、参考にしてみて下さい。






プロテインバーの魅力

プロテインバーのコスパが、本当に優れているのか把握するためには、まずは、どのような魅力があるのか知る必要があります。

そこで、プロテインバーの魅力を紹介するので、確認してみて下さい。

高タンパク質

プロテインバーには、タンパク質が豊富に含まれているので、筋力トレーニングをしている方や、ダイエットしようとしている方たちの間で高い人気を集めています。

なぜなら、筋力トレーニングをした後に、タンパク質を摂取したら、筋力アップしやすいからです。

筋肉は脂肪とは違って、カロリーを消費する事ができるので、筋力アップできたら痩せやすい体質にする事ができます。

プロテインバーは、値段が安い商品ではありませんが、ダイエットを成功させやすいので、利用価値の高い食べ物です。

低カロリー

高タンパク質な食べ物であれば、プロテインバーの他にも多くあります。

それでも、プロテインバーのコスパが高いと言われているのは『低カロリー』になっている事が大きく関係しているのです。

実際に、どのような優れたダイエット法を行なったとしても、消費カロリーよりも摂取カロリーのほうが多くなってしまえば、ダイエットは失敗してしまいます。

テレビ番組で紹介しているダイエットをしても、痩せられる方がいる一方で、痩せられない方がいるのは、このカロリー計算が出来ていない事が大きく関係しているのです。

そのような事を考えたら、高タンパク質になっている上に、低カロリーになっているのは、プロテインバーの大きな魅力と言えるでしょう。

食べやすい商品

プロテインバーの他にも、低カロリーで高タンパク質な『プロテイン』というものがあります。

以前までプロテインを多く利用している方がいましたが、最近になってプロテインバーが利用されるようになってきたのは食べやすさが関係しています。

プロテインの場合には、粉を水または牛乳で溶かす必要があるので、手間暇をかける上に苦い味がする商品も多くあるのです。

それに引き換え、プロテインバーは、固形タイプでお菓子のような味になっているので、あまり苦くありません。

食べやすくなっている商品なので、値段が少し高くなっていても、コスパが優れているのです。




高タンパク質な食べ物

プロテインバーの魅力とタンパク質の働きを理解してもらえたところで、次に高タンパク質になっている『様々な食材』や『プロテイン』を紹介しながら、プロテインバーと比較してみるので確認してみて下さい。

様々な食材

高タンパク質な食材で有名なものと言えば、肉類・魚介類・卵類・大豆製品などがあります。

食材をそれぞれ100g当たりのタンパク質の含有量で比較してみたら、肉類は13~24g・魚介類は11~32g・卵類は11~16g・大豆製品は3~35gになっています(タンパク質のグラム数はおおよその数値なので注意)。

それに引き換え、プロテインバーは、1本当たりで10g程度になっているのです。

タンパク質だけで言えば、プロテインバーのほうが優れているとは言えませんが、プロテインバーは1本当たりで100キロカロリー前後しかないので、他の食材を調達するよりも低カロリーで済みます。

食材だけで食べる方は少ないと思うので、ご飯と一緒に食べて摂取カロリーが増えやすいので、ダイエットしている方には、プロテインバーはおすすめです。

プロテイン

プロテインであれば、低カロリーと高タンパク質のバランスは、プロテインバーに劣るものではありません。

ただし、水や牛乳が必要になるので、ある程度のお金をかける事になってしまいます。

特に、牛乳の場合にはカルシウムを摂取する事ができるとは言え、水よりもお金をかけてしまうので注意しなければいけません。

あまり手間暇をかけないで、出費を抑えたい場合には、プロテインよりもプロテインバーのほうがおすすめです。

高カロリーな食べ物のデメリット

男性たちの中には、筋力アップすれば、摂取カロリーが少し増えても構わないと思ってしまうかもしれません。

そのような考えを持っていたら、ジューシーなお肉を食べたいと思ってしまうでしょう。

しかし、高カロリーな食べ物ばかりを口に入れてしまったら、様々なデメリットがあるので詳しく解説します。

ダイエットが必要

筋力トレーニングをしていても、カロリー計算をする事は難しいので、ダイエットしているのに、体重が増えてしまう事があります。

実際に、筋肉が付いても、脂肪まで付いてしまうケースもあるので、肉を多く食べる方は注意しなければいけません。

高カロリーな物ばかりを食べていたら、肥満体型になってしまって、歩く際には、膝に大きな負担をかけてしまいます。

膝に負担をかけていたら、膝痛になってしまう可能性が高くなるので、高カロリーな食べ物は、控えたほうが良いでしょう。

生活習慣病

高カロリーな食べ物ばかり選んでいたら『生活習慣病』になってしまう恐れがあります。

実際に、高カロリーな食べ物ばかりを選んでいたら『糖尿病』になる場合もあれば『痛風』になる場合もあるのです。

糖尿病は恐ろしい病気で、最悪のケースでは、体の一部が『壊死(えし)』してしまって、体の一部を切断するケースもあるので注意しなければいけません。

痛風は、体の一部に激痛が走るようになってしまうので、高カロリーな食べ物の摂取量は控えたほうが良いです。

プロテインバーの活用法

プロテインバーのコスパの高さを理解できても、正しい活用法を把握しておかなければ、あまり効果を発揮できない場合があります。

そこで、プロテインバーの活用法について解説するので、みていきましょう。

偏った食生活をカバー

プロテインバーは、様々な栄養素が含まれているので、偏った食生活を送っている場合には、プロテインバーで足りていない栄養素を摂取する方法が、おすすめです。

注意して欲しいのは、プロテインバーの効果を過信しない事です。

様々な栄養素を含んでいるとは言っても、人間が必要とする栄養素の全てを摂取できる訳ではないので、あくまでも自分が摂取できていない栄養素をカバーする程度に利用したほうが良いでしょう。

食欲を抑制

ダイエットをしていても、思わず間食でお菓子を食べてしまう方はいるでしょう。

お菓子は、カロリーが高くなっているだけではなく、多くの砂糖が使われている商品が多いので、ダイエットが失敗する恐れがあります。

それに引き換え、プロテインバーはあまり砂糖を使っていない商品もあるので、お菓子の代わりに食べてみたら、摂取カロリーを抑える事ができます。

ただし、数多くあるプロテインバーの中には『チョコレートタイプ』もあるので、ダイエットしている方は購入するべき種類に注意して下さい。

まとめ

プロテインバーは、値段が高くなっていても、インターネットショッピングでまとめ買いしたら、お買い得な価格で購入する事ができます。

コンビニで購入してしまえば、お金をかけてしまいますが、それでも、肉や卵などを購入していたらカロリーを多く摂取してしまいます。

そのため、ダイエットしようと考えている方にとって、プロテインバーは、コスパが優れている商品と言えるでしょう。