プロテインバーを食べて、ダイエットしやすい身体を手に入れよう

皆さんはプロテインバーというものをご存知ですか。

プロテインバーは、プロテインをバー状にし、摂取しやすくした食べ物になります。

このプロテインバーはダイエットにおすすめの食品とされています。

では、どのような点がダイエットに向いているのでしょうか。

プロテインバーでのダイエットについて解説しながら紹介していきます。






プロテインバーがダイエットにおすすめの理由

プロテインバーは最近、スーパーやコンビニなどでも取り扱われるようになってきた商品です。

プロテインを摂取しやすくした食べ物で、ダイエットに役立つものとして紹介もされています。

では、なぜプロテインバーがダイエットにおすすめとされているのでしょうか。

プロテインバーとは

プロテインバーはタンパク質を多く含んだ食べ物になります。

人の身体にとってタンパク質は、約20%を占めているもので、多様な働きをしています。

プロテインといえば筋肉をつけるためのもの、というイメージが強いという方も多いでしょう。

ですが、このプロテインに含まれるタンパク質は、筋肉だけではなく、内臓や血液などといったあらゆる体の組織を作るための役割を果たしている重要な栄養素です。

プロテインバーがダイエットに向いている理由

ダイエット中の食事の基本となるのは、低カロリーで高タンパクな食事となります。

ダイエット中はカロリー摂取量を落とすのが基本ですが、そうしてしまうと、筋肉まで分解されていってしまいます。

筋肉が分解されてしまうと、体重が減っても体脂肪率が増えた状態になってしまいます。

また、筋肉が減ってしまうと太りやすい身体になってしまい、リバウンドもしやすくなってしまいます。

タンパク質を摂取することができます。

普段タンパク質を摂取しようとすると、食事から摂取することになりますが、食事の内容によってタンパク質の量に差が出てしまいます。

プロテインバーを摂取することで一定量以上のタンパク質を摂取できるようになるため、おすすめとされています。

また、このタンパク質が足りていないと、どれだけ運動しても筋肉をつけることができません。

また、別の理由として、タンパク質だけではなく、ビタミンやミネラルなどが微量含まれているという点もあります。

注意が必要なのは、プロテインバーは体重を減らしたりするような食品ではなく、確実にタンパク質を摂取することで筋肉をつけ、体重を減らしやすい身体にするということです。

そのため、これだけを食べるのではなく、食事なども利用して、必要な栄養素を摂取する必要があります。




プロテインバーダイエットがおすすめの人

プロテインバーによるダイエットは、特に特定の生活習慣の人にはおすすめとされています。

では、プロテインバーによるダイエットに向いている人とはどのような人なのでしょうか。

朝食を食べる時間がない人

ダイエットをしているという人の中には、忙しくて朝食が食べられないという人もいるでしょう。

ですが、人の体にとって朝食は重要な役割をしています。

朝食をとることで血糖値が上昇し、活動の合図となります。

タンパク質を摂取することでお腹を満たす働きもしてくれます。

昼食の量が確保できない人

朝食を食べておくと、エネルギーを作り出す回路が活発になっています。

その後の昼食では、夕食までお腹が空くことがないようにしっかりと食べることが大切になります。

この際に、糖質を取り過ぎてしまうのに注意が必要です。

プロテインバーはこのエネルギーを作るのに重要なタンパク質がしっかりと含まれています。

また、エネルギーを作る効率を良くするビタミンなども微量ですが含まれています。

昼食にプロテインバーを摂取することで、確実にタンパク質やビタミンを摂取することができます。

夕食が遅くなってしまう人

夕食が遅くなってしまう人は、先に分食を摂取し、その後夜に夕食として低カロリーなものを摂取するのが重要です。

この際の分食としてプロテインバーがおすすめです。

ここでおにぎりなどを食べてしまうと、ダイエット中に気を付けている糖質を摂取することになってしまいます。

糖質を減らしながらタンパク質を確実に摂取するためにも、プロテインバーがおすすめとされています。

間食をよくする人

ダイエット中には、3食以外食べないようにするという人も多いでしょう。

ですが、空腹状態が続くと、食事の食べ過ぎに繋がってしまいます。

ですので、適度な間食は重要になってきます。

この際に、ビタミンやミネラルを摂取することや低カロリーな食品を選ぶこと、糖質の量に気を付けることが大切になっています。

プロテインバーはこれらを満たした食品ですので、間食におすすめです。

プロテインバーダイエットの方法

プロテインバーはタンパク質を確実に摂取できるダイエットに向いた食品であると紹介しました。

では、このプロテインバーをダイエットに使うには、どのように摂取すればいいのでしょうか。

間食に摂取する

間食はダイエット時には天敵となってしまいます。

ですが、先に紹介したように、間食としてお菓子やスイーツを食べるより、プロテインバーを摂取する方がタンパク質を確実に摂取でき、カロリーも低くなります。

そのため、普段の間食の代わりに置き換えて摂取するといいでしょう。

食事と組み合わせる

一日の食事の中で、脂質や糖質が多くなってしまう食材をプロテインバーに置き換えるという方法もあります。

単純に脂質や糖質の多い食品をなくしてしまうと、十分なタンパク質量を確保できなくなってくる場合があります。

そういった場合にプロテインバーを合わせて摂取することで、確実にタンパク質も摂取できるようにします。

運動を意識する

プロテインバーを用いるダイエットをした場合、ダイエットに必要な筋肉が落ちにくく、痩せやすい身体を実現しやすくなります。

プロテインバーを交えた食事をしながら運動も取り入れることで、代謝もよくなり、消費カロリーも多くなり、ダイエットの効果も大きくなります。

運動が苦手という方や、運動する時間がとりにくいという方は、ウォーキングや階段を使うようにするなど、できるようなところで活動量を多くしていくだけでも効果は見られます。

プロテインバーダイエットの注意点

プロテインバーをダイエットに取り入れる際には、いくつか注意点があります。

これらに気を付けておかないと、ダイエットの効率が悪くなったり、ダイエット自体が失敗してしまったりすることに繋がります。

頭に入れておいて、ダイエットに臨むようにしましょう。

プロテインバーだけを摂取する

プロテインバーはあくまで栄養補助食品であるということを忘れてはいけません。

タンパク質を摂取でき、低カロリーだからとこれだけを食べるようになってしまっては、日常生活を送るのに必要な栄養素を摂取することができなくなってしまいます。

そのため、食事などと組み合わせて必要な栄養素を摂取できるような食事を行うのが重要です。

プロテインバーを食べ過ぎてしまう

プロテインバーがお菓子などに比べて低カロリーだといっても、お菓子感覚で多量に食べてしまっては、カロリーの取り過ぎに繋がってしまいます。

そのため、目安としては、間食の場合には100~200kcal、食事に置き換える場合には、一日の食事での摂取カロリーに応じて調整する必要があります。

プロテインバーに含まれるタンパク質量

プロテインバーは、種類によって含まれているタンパク質量が異なります。

タンパク質が2gしか含まれていなかった、といったこともあります。

タンパク質量が少ない場合、満腹感が持続する時間が減ってしまいます。

また、炭水化物がタンパク質の2倍以上含まれている場合、血糖値が急上昇してしまう恐れもあります。

タンパク質は炭水化物ほどインスリンを必要としないためです。

理想的なのは、最低15gのタンパク質が含まれており、脂質はタンパク質の半分以下、糖質はタンパク質の1.5倍以下、3~5gの食物繊維が含まれていることです。

IMO

IMOと呼ばれる隠れ糖質と呼ばれるものが含まれていることがあります。

これは食物繊維のように腸内環境の改善に役立つのですが、糖質並みに高カロリーな成分です。

これの厄介な点は、成分表示で糖質ではなく食物繊維に含まれているということです。

そのため、表示されている糖質は少なくてもこれが含まれていて、実は想定よりも高カロリーだったということもあります。

これはアメリカなど海外の商品にも含まれていることがあります。

イヌリンとオリゴ糖

イヌリンとオリゴ糖はプロテインバーの味を良くし、食物繊維を増やすために使われています。

ですがこれらは、むくみやガスの発生、お腹の不快感をもたらすことがあります。

これらの症状が出てしまった場合は、プロテインバーの摂取を止める必要があります。

まとめ

プロテインバーはダイエットの際に役立つ食品です。

ですが、これをとにかく食べればよいというわけではなく、補助食品として摂取しなければなりません。

あくまでダイエットを助けるものだということを覚えておきましょう。

それを忘れなければ、プロテインバーはダイエットしやすい身体を作るのに便利な食品です。

的確にプロテインバーを摂取し、ダイエットしやすい身体を手に入れましょう。

参考URL・参考文献・根拠など

https://headlines.yahoo.co.jp/artic…
https://www.weider-jp.com/protein/c…
https://www.weider-jp.com/protein/c…
http://cp.glico.jp/powerpro/diet/en…