スーツケース・キャリーバッグの選び方

このサイトはスーツケース・キャリーバッグに注目した情報提供を行っています。

*

スーツケースに入れておくべきサブバッグとはどんなもの?

   

MEI(エムイーアイ) ショルダーバッグ サコッシュ ブラック Free

スーツケースを持って出かけるのであれば、そこにはサブバッグも入れておくべきです。

そうでないと、旅行先で使うバッグが無くなります。

旅行先でずっとスーツケースを持っているわけにもいきませんが、バッグがないのはそれはそれで困るものです。

そこでここでは、スーツケースに入れておくべきサブバッグについて紹介していきます。

Amazonタイムセール「サイバーマンデーセール」<最大5000ポイント還元>(12/6~12/9)

私が絶対おすすめするスーツケースランキングはこちら

スポンサーリンク

スーツケースにはサコッシュを入れるのがおすすめ

MEI(エムイーアイ) ショルダーバッグ サコッシュ ブラック Free

スーツケースに入れるサブバッグとしておすすめなのは、サコッシュバッグです。

サコッシュバッグとは、小さな薄手の肩掛けバッグで、本来はロードレースなどで使用されるバッグになります。

でも、最近では、それのおしゃれなものも、いろいろなブランドから出ています。

だから、その中から自分の好みに合うものを見つけて、それを選んでいくのがおすすめです。

勿論、サコッシュバッグを選ぶべきだというからには、理由があります。

スーツケースの中でかさばらない

まず一番の理由は、スーツケースの中でかさばらないということです。

スーツケースの中にサブバッグを入れる際には、かさばらないことが第一条件になります。

たとえば、リュック。

リュックは収納力もすごく高いですし、旅行先でリュックがあれば便利なことは間違いありません。

しかし、旅行先でリュックがあったとしても、旅行先にリュックを持っていくまでに不便があったとしたら、結果あまり意味がありません。

リュックは、小さくしようとしてもどうしてもなかなか小さくはなりません。

だから、スーツケースに入れようにもすごく邪魔になるのです。

それならば肩にかけていけばよいのではないかと思うものですが、スーツケースもあってさらにリュックも持つとなると、やはり荷物が多くなりすぎて機動力にかけますし、ただでさえスーツケースがあって邪魔なのに、それに加えてさらにリュックもあるという、すごく邪魔なスタイルになります。

そうならないようにするために、やはりスーツケースの中に入れることができるサイズのバッグを持っていくべきなのです。

サコッシュバッグであればそれも問題なく可能になります。

肩掛けもできるので邪魔にならない

そういう薄手で小さなバッグであるサコッシュバッグですが、基本的には肩掛けができます。

肩から掛けることができるということは、手をふさいでしまったりすることがないということになります。

しかも、肩にかけている分、簡単にそれを奪うことはできません。

肩にかけないで、手でバッグを持っていたら、ひったくりに合う可能性もあります。

日本ではそうそうないかもしれませんが、海外では日常的に起こるのがひったくりです。

なので、気を付けないとなりません。

肩からかけていれば、その点も安心です。

だから、サコッシュバッグがおすすめなのです。

Amazonタイムセール「サイバーマンデーセール」<最大5000ポイント還元>(12/6~12/9)

私が絶対おすすめするスーツケースランキングはこちら

スポンサーリンク

しっかりジップでとめられるものを

サコッシュバッグであれば何でも良いのかというと、当然そんなことはありません。

サコッシュバッグと一口に言っても、それには色々なものがあります。

スーツケースの中にサブバッグとして入れるのであれば、出来ればしっかりとジップでとめることができるタイプのものを選ぶようにしていってください。

しっかりとジップでとめることができないで、ボタンでとめるだけだったりするサコッシュバッグも中にはあります。

でもそういうものの場合、やはり中身をなくしてしまうというリスクが高くなります。

勿論そう簡単に中身が出てしまうということはありません。

でも、ジップで止めていればほぼほぼ100パーセント中身が出てしまうことはなくなりますが、ボタンの場合は到底100パーセントとは言えなくなります。

特に小さいものの場合。

それではやはり、旅行先で使用するバッグとしては心もとないです。

だから、そういうボタンで留めるようなサコッシュバッグではなく、しっかりとジップでとめることができるサコッシュバッグを選んでいってください。

ジップもしっかりした作りの物を

ジップもできればしっかりとしたつくりのものを選んでいって下さい。

ジップがついているもので怖いのは、ジップが動かなくなることです。

旅行先でジップが動かなくなってしまっていたら、やはりすごく困ります。

ましてやこの場合のサコッシュバッグにはいろいろと大事なものが入っていることになります。

それが出せなくなるのですから、それはすごくこまります。

そうならないようにするためにも、ジップはなるべくしっかりした作りのものを選んでいってください。

収納箇所が多いものを選ぶと吉

サコッシュバッグの中にも、一つの収納箇所しかないものもあれば、リュックのように大きな収納箇所一か所と、細かい収納がいくつかあるものがあります。

どちらの方が旅行で使用するサブバッグとして向いているかというと、それは明らかに後者になります。

収納が多ければ、その分小さな中にいろいろ入れて持っていくことができるようになりますし、そして何より、リスクが軽減できます。

先述のように、もしジップが途中で開かなくなってしまったとしても、貴重品をその細かい収納にうまく分けて収納していけば、問題なく対処できますから。

確かに、ジップが途中で開かなくなってしまうなんて言うことは起こってもしかたないことではありますが、だからと言って、すべてのジップが開かなくなるということは、まず起こりません。

だから、そうして分けて収納していけば問題はないのです。

それができるサコッシュバッグを選んだ方が良いのは、明白です。

収納が多くて困ることはない

収納が少なくて困ることさえあれど、収納が多くて困るということはまずありません。

だったらやはり、収納は多い方が良いのです。

収納が多い分価格が高くなることはありますが、それもものによります。

たとえば有名なブランドのサコッシュバッグよりも、収納が多い無名のブランドのサコッシュバッグの方が安いことは多いです。

だから、収納が多いと必ずしも高いというわけではありません。

そういうことがあるのでますます、収納が多いものを選ぶべきなのです。

サコッシュバッグの中では大きいものを選ぶべき

また、サコッシュバッグを選ぶ際には、サコッシュバッグの中では大きいものを選ぶのが吉です。

サコッシュバッグは基本的にはちいさいバッグになりますが、小さい中にもそれなりに大きいものはあります。

そういうものがあるのであれば、やはりそういうものを選んでいくべきなのです。

大きい方が、旅行先でいろいろとものを詰めて出かけることができるようになります。

そして当然、旅行先で買ったものもそこに入れることができるようになり、安全かつ楽に過ごすことができるようになります。

だから、できれば大きい方が良いのです。

大きくても薄いのでかさばらない

大きいと、普通のバッグであればスーツケースの中でかさばります。

でも、サコッシュバッグは基本的に薄いですから、たとえ大きくてまずかさばりません。

かさばって邪魔をしないのであればやはり、大きいものを選ばない手はありません。

まとめ

スーツケースの中に入れるサブバッグとしては、サコッシュバッグという種類のバッグがおすすめになります。

もしまだスーツケースの中に入れるバッグが定まっていないのであれば、是非サコッシュバッグを探してみてください。

そして自分の好みに合うデザイン、そして問題なく出せるくらいの価格帯のものを買っていってください。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - スーツケース