スーツケース・キャリーバッグの選び方

このサイトはスーツケース・キャリーバッグに注目した情報提供を行っています。

*

スーツケースは持つのが大変、なのでキャリーバッグにしたら段差や道路で上手く転がせない。解決策は?

   

旅行はスーツケースが必須なのは当たり前と言う時代です。

勿論身軽にリュックだけとかボストンバッグで行く人もいるでしょうが、やはりちょっと長期になるとスーツケースが欲しいものです。

特に海外旅行には、キャリーバッグ型のスーツケースが便利ですね。

とは言え人間贅沢なもので、キャリーを引くのが難しい時に何とかならないだろうかと、そこも要求してしまいます。

Amazon新生活セール<最大5000ポイント還元>(3/27~3/30)

私が絶対おすすめするスーツケースランキングはこちら

スポンサーリンク

スーツケースは今の世の中キャリータイプが当たり前

普通のスーツケースをしっかりと手で持って運んで、空港に着いたらカートに乗せて転がしていく、というのが少し前までは一般的でした。

しかしそのスーツケース自体にキャスターが付いたときから、ちょっと状況は変化しました。

何しろわざわざカートに乗せないでも、スーツケース自体がコロコロ動いてくれるのですから、こんなに便利なことはありません。

という訳で、キャリーバッグ全盛期になったのです。

重い荷物を運ぶのがちょっと難しい、あまり力のない人でもこれなら旅行時に問題なく移動ができます。

段差などではいささか不便ですが、幸いバリアフリーが浸透してきましたので、そういった苦労も軽減されています。

キャリー型スーツケース万歳、といったところですね。

Amazon新生活セール<最大5000ポイント還元>(3/27~3/30)

私が絶対おすすめするスーツケースランキングはこちら

スポンサーリンク

人間贅沢なものですので

しかし人間というのは、1つ問題が解決するとそれ以上を求めてきます。

まあおかげであれこれ便利な発明品が生まれたので、そういった意味では贅沢さが便利さに貢献しているのも事実です。

なのでこの便利なキャリーバッグも、慣れてくるとそこはもう1つ便利さを求めてしまうことになりました。

つまり、キャスターで転がすのは大変にいいのだが、段差や階段で持ち上げる時にもっと便利に持ち上げやすく、ということです。

各メーカーとしては、こういう要求には答えなくては商売になりません。

ここから、2ウエイや3ウエイのスーツケースが、生まれてくることになったのです。

2ウエイや3ウエイのスーツケースとは

スーツケースが変身するとまではいいませんが、いくつか違った持ち運び方が出来るということです。

最も多いのは、普通のボストンバッグなどが手持ちだけでなく肩にもかけられるショルダーバッグになるというタイプですね。

スーツケースの場合も、小さなものだとショルダー用の肩掛け紐が用意されたりもします。

キャリーバッグの場合、キャリーバー以外にも手で持つことのできるハンドルが用意されています。

段差や階段ではここを持って、普通のスーツケースのように運ぶのが理想です。

まあこれ、キャリーバーをそのまま持って持ち上げる人が多いのですが、キャリーバーの劣化につながるので本来おすすめできないんです。

とは言え、ここですでに2ウエイになっているということです。

ではキャリー型の3ウエイはといいますと、これに加えてリュック紐がついたタイプということになります。

リュックというのは大変に便利な物

正直な話、リュックやバックパックというのは非常に便利なものです。

何しろ背負ってしまえば両手が空きます。

転んだりとかのトラブルの時も、手が空いているので対処が可能なのです。

まあ背負っているので、セキュリティ的にはいささかということもあるので、そこは注意が必要になります。

しかしそれ以外には大変に使い勝手のいい物です。

キャリー型のスーツケースにしても、普通のスーツケースにしても、手で持つのが重くて大変な時に背負ってしまえれば楽なのは事実です。

手で持つよりも格段に、重さは背負うほうが楽に感じられます。

また身体が片側に傾ぐことも無いので、身体的にも歪みが生じません。

荷物運びには、本当に推奨したいのがリュックです。

キャリーバッグ型スーツケースはリュックタイプも

流石に普通のスーツケースでリュック型になるのは、あまり見かけません。

ボストンバッグなら、ショルダーにもリュックにもなる3ウエイが増えてきました。

そしてキャリー型のスーツケースにも、リュックとして使用できるものが段々と市場に出回ってきました。

とは言っても勿論、バッグの素材自体はソフトタイプのものです。

さすがにハードタイプのものは、ちょっと背負うのは難しいですね。

リュックとして使用が可能な場合こんなに便利

リュックとしても使用が出来るというのは、どの程度便利なのか見てみましょう。

段差のひどい場所でも悪路でも

海外旅行もですが、日本国内でもまだまだバリアフリーは浸透され尽くしてはいません。

これはキャリー型を普段使いしているとわかるのですが、道路のアスファルトの状態でも、転がしやすいところと引っかかるところがあります。

舗装されていない場所は、もちろん言うまでもありません。

一時的に通過ならまあ仕方のないことですが、旅行先で移動するのに結構歩くことになるとちょっと問題です。

結果キャスター部分が壊れたりしたら、もう目も当てられませんね。

しかしこの時にリュックとしての使用が可能なら、背負って移動してしまえば問題はありません。

海外などで行く先の道路事情がわからない時には、このタイプを持っていくと便利です。

キャスター部分が壊れてしまったりした時も

悪路が原因でなくても、旅先でいきなりキャスターが壊れてしまうと、キャリーバッグ型の持ち運びは辛いものになります。

元々キャスターとキャリーバーがついている分、普通のスーツケースより自重も重くなっています。

持ち手がしっかりしていればまだしも、掴みづらかったりしたら本当に困ってしまいます。

そんな時にもリュックにして運べるなら、問題は解消されます。

背負ってしまえば重さも半減して感じられますので、帰国まで困ることは少ないですね。

サクッと使用できるので状況に応じて

状況に応じて使い分けができるので、今日はキャリーバッグ、明日はリュックというフレキシブルな使用ができます。

特に何カ国か移動がある海外旅行の場合、国によって変化がありますのでこういう使い分けができるのは便利ですね。

リュック型の問題点は

便利なリュックとしても使えるスーツケースですが、やはりちょっとした問題もあります。

素材がソフトなので、壊れ物などが入れられないとういのも辛いところです。

精密機器、パソコンなど入れる時には注意が必要ですね。

またソフトタイプの素材のスーツケースやキャリーバッグは、サイズ的に大きいものが少ないのです。

なので長期の旅行だと複数のスーツケースが必要になったりすることもあります。

加えて背負った時に、キャリーバーとキャスターの分の重さがありますので、手で持つよりマシですがやはり重く感じたりもしますね。

そのキャスターが背中にあたって洋服が汚れる、という点もやはり無いとは言えません。

この辺りは購入時に要チェックです。

筆者おすすめのリュックにもなるキャリー型スーツケース

筆者現在腰をかばっておりますので、普段からキャリーバッグを使用しています。

リュックにもなるキャリーバッグ使用です。

これがかなりおすすめタイプなので、こういったものも市場に出ているというご紹介をします。

普通のソフトタイプのキャリーバッグなのですが、背中の部分にリュック用の背負紐が収納されています。

ここまでは普通のものと同じなのですが、このバッグはキャリー部分が取外し可能なのです。

つまり外してしまえばリュックか手持ちのバッグになって、必要のないキャスター部分は持ち運ばずに済むのです。

重さもこれで、取り外してしまえばぐっと軽くなります。

旅行先とか出張先で、出かける時にはキャスター部分を外して身軽に持ち歩けるので、これはおすすめです。

取り外すことの出来るタイプ、ネットショップでいくつか見かけましたので、興味があったら見てみてください。

まとめ

リュックにもなるというのは、本当に旅先で何かあった時には心強い機能です。

思いスーツケースを少しでも軽く楽に移動、という事でキャリーバッグが生まれました。

しかしそうなると今度は、キャスターが引っかかる場所や段差での移動が不便、という問題も起きてきました。

かくて、リュックにもなるスーツケースの誕生です。

筆者の使用しているタイプは、本当に面倒なく形が換えられてしかも軽いので、おすすめしておきたいところですね。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - スーツケース