スーツケース・キャリーバッグの選び方

このサイトはスーツケース・キャリーバッグに注目した情報提供を行っています。

*

世界の老舗スーツケースメーカーの歴史とおすすめ商品

   

旅行や出張で欠かせないのが、スーツケースです。

さまざまな種類や大きさのスーツケースがありますが、宿泊日数や行き先によって、サイズは決まってきます。

老舗メーカーのスーツケースは、耐久性と軽量性でみるべきものがあります。

ここでは、RIMOWA、Samsonite、DELSEY、BRIC’S、GLOBE-TROTTER、ACEのスーツケースについてご紹介していきます。

Amazon新生活セール<最大5000ポイント還元>(3/27~3/30)

私が絶対おすすめするスーツケースランキングはこちら

スポンサーリンク

RIMOWA

RIMOWA(リモア)は、1898年創立、ドイツの老舗スーツケースメーカーです。

パウル・モルシェックによってケルンで創業されました。

当初はヨーロッパの上流層向けに革製の旅行カバンを販売しました。

1930年息子のリヒャルト・モルシェック(Richard Morszeck)の代に、彼の名前の頭文字を取って、社名をRIMOWAと改名しました。

火事により、スーツケース用の素材がアルミニウム以外、焼失してしまいましたが、1937年、結果的に、耐久性があり、軽量なアルミニウム製のスーツケースが生まれることとなりました。

1950年以降になると、うねったデザインが特徴的なポリカーボネート製のスーツケースも生産しています。

2017年1月には、フランスのLVMH モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトンがRIMOWAの株式の80パーセントを取得しています。

トパーズ

RIMOWA リモワ トパーズ ステルス 34L Topas Stealth キャビン 4輪Cabin MultiWheel IATA black ブラック スーツケース 923.53.01.4.00

RIMOWAを代表するロングセラー定番商品が「トパーズ」です。

表面に凹凸があるリブ加工が施され、耐久性が高められています。

ビルの15階から落としても中のものが保護されるという設計となっており、長年の使用にも耐えることでしょう。

サイズは45リットル、68リットル、82リットル、91リットルのものがあります。

Amazon新生活セール<最大5000ポイント還元>(3/27~3/30)

私が絶対おすすめするスーツケースランキングはこちら

スポンサーリンク

Samsonite

Samsonite(サムソナイト)は、1910年に創立されたアメリカのスーツケースメーカーです。

ジェシー・シュワイダーによって、コロラド州デンバーで創業されました。

彼は初期のスーツケースを「サムソン」と名付けていましたが、1941年より商標に「サムソナイト」を使い出します。

サムソナイトがベストセラーとなると、1965年には社名も「サムソナイト」に変更します。

1973年、シュワイダー家は会社をアメリカの食品会社「ビートライスフード」に売却しました。

2005年には本社がマサチューセッツ州マンスフィールドに移転しています。

2007年にはヨーロッパに本拠を置く、投資会社「CVCキャピタル・パートナーズ」が17億ドルで買収しました。

Samsoniteは、2012年に老舗バックブランド「ハートマン」を350億ドル、高級バックメーカー「トゥミ」を18億円で買収しています。

COSMOLITE 3.0

[サムソナイト] Samsonite COSMOLITE / コスモライト スピナー 75  (75cm/94L/2.8Kg) (スーツケース・キャリーケース・トラベルバッグ・TSAロック装備・軽量・大容量・ファスナー・10年保証付・リニューアルタイプ) V22*00104 00 (レッド)

Samsoniteの定番製品「COSMOLITE」(コスモライト)は、2013年にリニューアルされ、2016年にはさらに進化し、COSMOLITE 3.0として販売されています。

特徴は驚くべき軽さを実現していることです。

36リットルの一般的なスーツケースの重量は、4.5キロですが、COSMOLITE 3.0は1.7キロという軽量さです。

360度回転が可能なキャスターとともに、ラクラク動かすことができるでしょう。

また貝殻をイメージした、ポリプロピレンの層を重ねた構造は、耐久性の高さを誇ります。

DELSEY

DELSEY(デルセー)は、1946年創立、フランスのバッグ・旅行用品メーカーです。

エミリー・ドライエ(Émile Delahaye)とセイナーヴ(Seynaeve)兄弟がタッグを組み、両者の名前を組み合わせてデルセーのブランドを立ち上げました。

DELSEYは、カメラやレコードプレイヤーのケースを製造していた経験を活かして、プラスチックを利用した旅行用品部門を設置しました。

2015年には、スマホアプリで操作できるガジェットを組みこんだ「プラグゲージ」と呼ばれるスマートスーツケースの試作品を発表しています。

HELIUM AERO

[デルセー] Delsey HELIUM AERO スーツケース 機内持込 鏡面加工 多機能 軽量 100%PC 5年国際保証付

耐久力に優れ、プレミアム感を備えているのが、DELSEYの「HELIUM AERO」(ヘリウムアエロ)です。

ポリカーボネートを鏡面加工し、可視光線透過率80~90パーセントというガラス並みの透明性を実現しています。

フロントポケットが大きく開く設計となっており、PCや書類などをすぐに取り出すことができます。

キャリーバーは航空素材のアルミニウム製となっており、3段階の調節が可能です。

容量を増大させる拡張ファスナーがついており、旅先で荷物が増えてしまったとしても約30パーセントまで容量を増やすことができます。

サイズは、機内持ち込み可能な42リットルのほか、79リットル、117リットルのものがあります。

BRIC’S

BRIC’S(ブリックス)は、1952年創立、イタリアの老舗旅行カバンメーカーです。

マリオ・ブリッコラ(Mario BriCCola)によって、イタリア北部のコモで創業されました。

トスカーナレザーを利用した手作りのカバンで世界的に知られるメーカーとなります。

ブリッコラ家の二代目が伝統を受け継ぎ、品質を維持しており、世界中にいくつかのフラグシップ店を展開しています。

BELLAGIO

[ブリックス] スーツケース BELLAGIO ベラージオ 36L 2.6kg 機内持込可 機内持込可 保証付 36L 55cm 2.6kg BBG28301 014 クリーム

クラシカルなデザインでおしゃれなのが、BRIC’Sの「BELLAGIO」です。

ボディにはポリカーボネート素材が用いられており、軽く、耐久性に優れています。

キャスターは、360度回転可能な4輪ホイールで、ラバーコーティングで静穏性も備えています。

サイズは36リットル、78リットル、96リットルのものがあります。

GLOBE-TROTTER

GLOBE-TROTTER(グローブ・トロッター)は、1897年創立、英国王室御用達の老舗カバンメーカーです。

デービッド・ネルケンによってドイツ・ザクセン州で創業されました。

1932年、会社はイギリスに移転します。

スーツケースや旅行用品は、大ロンドンの北に接するハートフォードシャーで、オリジナルの手法によって手作りされています。

120年間変わらぬブランド哲学は、「妥協しない完全なクラフトマンシップ」です。

加硫繊維板からなる製品が特徴で、革製より耐水性が高く、摩擦にも強い特性を備えています。

また近年には、革製のかばんの製造も開始しています。

2012年には、英国国旗ユニオンジャックをイメージし、赤・白・紺を配色したオリンピック記念モデルを発売しています。

CENTENARY

GLOBE TROTTER グローブトロッター Orange/Tan センテナリー 21インチ [並行輸入品]

レザーストラップが特徴的でファッショナブルな製品が、GLOBE-TROTTERの「CENTENARY」です。

ファッション性を重視する方におすすめです。

ボディはヴァルカンファイバー製で、軽量かつ耐久性に優れています。

カラーはオレンジ、ネイビー、レッドなどがあります。

ACE

ACE(エース)は、1940年創立、日本の老舗カバンメーカーです。

新川柳作によって大阪で創業されました。

当初は「新川柳商店」という会社名でしたが、1963年に「エース株式会社」に変更しています。

1964年サムソナイトとライセンス契約を結び、同社の製品を販売するようになります。

70年代の新聞広告では、「海外旅行には『サムソナイト』。

世界を旅する方々から信頼されているスーツケースの一流品です」と述べられています。

サムソナイト製品は1996年にはピークとなる125億円を売り上げますが、2003年には65億円と売り上げが半分まで落ち込みます。

そこで2004年、40年間にわたったライセンス契約を解消し、自社ブランドの販売に力を入れるようになりました。

プロテカ360

[プロテカ] Proteca 360ソフト(サンロクマルソフト) ソフトケース 55cm・45リットル・3.8kg TSAダイヤルファスナーロック 12712 12 (シフォンブルー)

4方向に開く画期的なスーツケースが、ACEの「プロテカ360」です。

荷物を片面に集約できるので、フタを開いても中身が飛び出すことはありません。

スーツケースを立てたまま、小物を取り出すこともできます。

キャスターは独自のベアロンホイールを搭載し、優れた静穏性を備えています。

まとめ

以上、世界各地の老舗メーカーのスーツケースについてご紹介してきました。

テロ対策等で機内持ち込み荷物の規制が厳しくなっています。

特にLCCはその規制が厳しいので、LCCをよく利用する方は、スーツケースを買う際にも注意が必要です。

お気に入りのスーツケースを手に入れられたら、それだけで旅に出るのも楽しくなりますね。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - スーツケース