スーツケース・キャリーバッグの選び方

このサイトはスーツケース・キャリーバッグに注目した情報提供を行っています。

*

初めての海外旅行初めてのキャリーバッグ購入、気を付けておいた方がいい事とは?

   

気候が良くなってくると、さて旅行でもと思うのは人の性です。

ちょっと贅沢に海外旅行でも、もしくは日本の景色の美しさを堪能しに、と夢は広がります。

さてそんな旅行に欠かせない存在が、スーツケースです。

そして今ではスーツケースと言えば、キャリーバッグを指すようになりました。

使い勝手のいいキャリーバッグは、旅行の荷物運搬に欠かせないものですよね。

さて特に海外旅行初心者さんに、キャリーバッグ選びで気を付けた方がいい事を、いくつか紹介しましょう。

Amazonタイムセール「サイバーマンデーセール」<最大5000ポイント還元>(12/6~12/9)

私が絶対おすすめするキャリーバッグランキングはこちら

スポンサーリンク

何しろ軽く便利で運びやすい

今までのスーツケースが、手で運ばなくてはいけなかったのに比べて、キャリーバッグなら転がしていく事が出来るので、子供でもお年寄りでも力に自信の無い人でも、楽に荷物を運搬できるようになりました。

なので旅行だけでなく、日常の買い物に使っている人も少なくありません。

しかし何と言っても、キャリーバッグがその真価を発揮してくれるのは、海外旅行の時では無いでしょうか。

旅慣れている人でも、ある程度の荷物は覚悟しておかなくてはいけない、海外旅行です。

慣れていない人の場合、どうしても荷物は増えてしまいます。

それだけでも重いのに、帰路はそれにお土産なども加わります。

行きはよいよい帰りは恐い、等と言う歌もありますが、海外旅行の帰路でそれを味わった人も少なくないでしょう。

行きもそこそこ重かった荷物です。

しかし行く時には、これからの旅の期待で興奮もしていますし、荷物の重さなど気にならないとも言えます。

がしかし帰りは、旅の疲れと加わったお土産の重さで、荷物を持ち上げてため息と言う事もしばしばでしょう。

なので、キャリーバッグは大きな助けになってくれるわけです。

Amazonタイムセール「サイバーマンデーセール」<最大5000ポイント還元>(12/6~12/9)

私が絶対おすすめするキャリーバッグランキングはこちら

スポンサーリンク

海外旅行初心者さんのキャリーバッグ選び

さてそんな海外旅行者の方たちの中でも、まだ初心者の方の場合キャリーバッグも上手く選ぶことが大切です。

デザインや色も大事ですが、それにばかり囚われないようにしましょう。

旅行日程に合ったサイズを

今流行なのが、機内持ち込みサイズのキャリーバッグです。

これなら到着後に荷物の出待ちをする必要も無く、すぐに入国が出来るので大変に時間短縮できます。

なので機内持ち込みサイズを選ぶのも一つの手です。

しかしこのサイズは、せいぜい数泊分の衣類や小物が入る程度の大きさだと言う事を、忘れないようにしましょう。

それこそ数泊の、近場の海外旅行ならともかく、1週間程度の旅行になるとやはり問題が出てきます。

特に海外旅行初心者さんは、ついつい渡航先で何があるか解らないと、あれもこれもと小物や日用品薬品など用意するものです。

旅慣れた人の倍近くになることもありますので、それも計算に入れてサイズを選びましょう。

色やデザインに惑わされ過ぎない

勿論どうせ選ぶなら、デザインも色も重視したいものです。

しかしその前に、機能性をしっかりとチェックしておきましょう。

TASロックは勿論ですが、小物入れの数や仕切りの使い勝手の良さなど、旅の間快適に過ごせるかどうかは結構この機能性にかかってきます。

特にパッケージツアーで、1日ずつ移動するような旅程の場合、着るものなどはバッグに入れたままと言う事もあります。

ホテルのチェストやクローゼットに入れている暇が、無いかもしれないと言う事です。

なので、特にこういう場合は、バッグからの出し入れがしやすく内部の物が見えやすいような、そう言う機能的なバッグを選ぶことがおすすめです。

忙しい旅程で、ホテルに忘れ物がと言う事にならないようにしたいものですね。

勿論キャスターにも注意を

キャリーバッグがキャリーバッグであるために、一番必要なのがキャスターだと言って過言では無いでしょう。

このキャスターが壊れてしまえば、キャリーバッグもただのスーツケースになってしまいます。

キャスターがしっかりとした物を、選んでおきましょう。

一つの目安としては、大きめのキャスターのついたものを選ぶことがおすすめです。

また勿論、4輪の物を選びましょう。

移動のしやすさも勿論ですが、他の人に迷惑をかけないためにも、自分の側に引きつけて移動が出来る4輪タイプが一番です。

ただし、4輪タイプの物でも勿論、後ろに引きずって移動は出来ますし、そうしている人をしばしば見かけます。

これは安全のためにも、その後賠償責任など発生させないためにも、やらないように気を付けましょう。

持ち手、キャリーバーもしっかりとチェック

持ち手の部分もしっかりしているかどうか、チェックします。

これもキャスターと同じで、このキャリーバーが使えなくなると転がすにも一苦労と言う事になります。

なので、キャリーバーを引き出してみて、継ぎ目がしっかりしているかどうかキャリーバー自体の強度が充分にあるかも、見ておきましょう。

また握りの部分も、滑りにくい素材で出来ているか握ってみてチェックしてください。

大抵の旅行用のキャリーバッグの場合、その辺りの素材は吟味されているはずですが、お洒落優先だと場合によってはと言う事があります。

荷物の重さも計算に入れて、持ち手のチェックもお忘れないようにしてください。

自重のチェックは最も大事

普通のスーツケースに比べてどうしても、キャスターやキャリーバー等の分、同じサイズ同じ素材の場合キャリーバッグの方が自重は重くなります。

転がしている場合はどうと言うことの無いこの重さ、ちょっとしたことで持ち上げた時にこんなに重かったかと、驚かれることもあるでしょう。

バリアフリーが当然になった世の中ですが、まだまだ段差もありますし荷物を持ち上げる機会もあるでしょう。

そんな時のためにも、自重はしっかりと把握しておきましょう。

例えば、自重が3キロとあればそこそこ軽く思えるかもしれませんが、お米の袋の3キロを持ち上げることを想像してみてください。

結構な重さでは無いでしょうか。

しかもそれに衣服などが入るわけで、10キロくらいには簡単になってしまうのが海外旅行用の荷物です。

しかも帰宅時には、お土産などが増えるのですから勿論重さも増えます。

そこも計算に入れて、選びましょう。

勿論と言ってはなんですが、サイズが大きければ自重も増えます。

長期旅行の人の場合は、ご注意ください。

キャリーバッグ購入の時の選び方のコツ

初海外で、初キャリーバッグ購入の方の場合最も確実なのは、実店舗での購入です。

購入まではいかなくても、少なくとも1回は実店舗で大体の目安を付けておいたキャリーバッグを、手に取ってみてください。

カタログやネットで見ただけでは、やはりサイズや素材の質感、重さなどは実感できないものです。

もしレンタルでと言う場合も、旅行用品売り場などで1回は実物に触れてみてください。

長ければ1週間以上も一緒に行動してくれるキャリーバッグです。

旅の相棒として同行してくれるのですから、やはり気の合うやつであって欲しいですよね。

おすすめは、近距離の海外旅行で数泊の場合は、機内持ち込みサイズのキャリーバッグですね。

サイズ的にも充分ですし、空港での面倒が少なくて済みます。

ただし、機内持ち込みは荷物チェックがありますから、持ち込めない物も結構あります。

そこは注意してください。

長期、1週間以上の旅行の方の場合は、あまり欲張って大きな荷物にせずに、サイドバッグなどとの併用がおすすめです。

キャリーバーに固定できるタイプのサイドバッグなどで、帰路の荷物の多さを調整すると楽に荷物が運べます。

まとめ

何によらず初めてと言うのは緊張もしますし、どんなものを選べばいいのか悩みもします。

特に旅行と言うのは、日常茶飯事の物ではありません。

非日常を楽しむのが旅行だと言っていいでしょう。

しかしその旅行にも、日常のあれこれが必要となります。

そしてそれを運んでくれるのが、スーツケースやキャリーバッグです。

特に初めての方の場合はお悩みが多いと思われます。

その選択のヒントになれば幸いです。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - キャリーバッグ