スーツケース・キャリーバッグの選び方

このサイトはスーツケース・キャリーバッグに注目した情報提供を行っています。

*

旅行や通勤・通学など様々なシーンでのバックパックの選び方

   

現在では、健康のことを考えて自転車通勤をしているサラリーマンを目にする機会も多くなってきましたし、スマホの普及によって片手が塞がることも多くなり、両手がフリーになるバックパックに注目が集まっています。

そこで、この記事では旅行や通勤、通学など様々なケースに合ったバックパックの選び方について紹介していきます。

スポンサーリンク

旅行で使うバックパックを選ぶポイント

バックパッカーという言葉は、今では日本でも当たり前のように使われており、様々なシーンでバックパックを利用する方も増えていると思いますし、バックパックだけ背負って気ままに旅を楽しむ方も少なくないと思います。

そこで、ここでは旅行で使うバックパックに注目し、海外旅行と国内旅行の2つのケースで選ぶポイントを紹介していきます。

海外旅行で使うバックパックを選ぶポイント

海外旅行を想定したバックパックの選び方は、海外へ向かう渡航手段によって異なっており、日本から海外へ向かう場合は旅客機か船のどちらかだと思うのですが、海外旅行をする場合はほとんどの方が旅客機を利用すると思います。

そんな海外旅行で多くの方が利用する旅客機に着目した場合、航空会社や旅客機のタイプによって機内に持ち込めるサイズと手荷物として預けられるサイズがそれぞれ制限があり、それらの情報は前もって調べておくことをおすすめします。

旅客機で出国可能なことを前提にすると、海外の空港は日本人の感覚からすると預託手荷物の取り扱いが雑になっていますので、なるべく丈夫なものを選ぶようにし、さらに何かに引っ掛かるおそれのあるストラップなどが付いていないバックパックを選ぶのが望ましいと思います。

さらに、旅先の天候までは把握しにくいと思いますので、不意の悪天候に備えてバックパックの防水性も選ぶ際の重要なポイントになっています。

国内旅行で使うバックパックを選ぶポイント

海外旅行と比較すると、国内旅行の場合は盗難などの犯罪に巻き込まれる心配も少ないと思いますので、安全性や丈夫さを重視するよりも使いやすさや軽さなどを重視してバックパックを選ぶようにすることが望ましいと思います。

しかし、国内でも盗難などの危険性が無いわけではありませんし、バックパックを背負っているとファスナー部分は四角になっていますので、ファスナーを用意に開けられないような最低限の防犯対策は念の為に行うべきだと思います。

自分で行える防犯対策を心掛けることは大切なのですが、ジッパーに鍵が付けられるバックパックもありますので、これがあると国内はもちろん海外旅行の際でも安心できると思いますので、国内旅行の際に選ぶバックパックは軽量さと使いやすさに加えて適度な防犯機能を意識することがポイントになっています。

スポンサーリンク

通勤や通学に使うバックパックの選び方:メンズ編

電車通勤や電車通学の際は、立っていてもスマホを操作する方も多いと思いますので、両手がフリーになるバックパックは普段の生活の中でも重宝される存在だと思います。

そこで、ここでは通勤や通学に使うメンズ向けのバックパックを選ぶポイントを紹介していきます。

通勤に使うメンズ向けのバックパックを選ぶポイント

通勤で使うメンズ向けのバックパックの選び方は、大事な書類などを曲げないように入れられる広さがあることが重要なポイントの一つとなっており、書類が曲がらないためにも型崩れしないしっかりとした素材や形状のバックパックがおすすめです。

また、電車通勤の場合はラッシュ時にバックパックが押しつぶされることもあると思いますので、書類の他に入れる可能性があるノートパソコンやタブレットを保護できるだけの強靱性と耐久性が必要となっていますので、通勤手段で強靱性や耐久性の高さを決めるようにし、自身がよく扱う書類がしっかりと入れられるだけの収納力を考慮してバックパックを選ぶようにしてください。

さらに、書類はもとよりノートパソコンやタブレットなども水気は避けたいと思いますので、防水性に関しても選ぶ際の重要なポイントになっています。

通学に使うメンズ向けのバックパックを選ぶポイント

通学に使うメンズ向けのバックパックの選び方は、教科書や副読本、ノート、タブレットなどを持ち運ぶことを考えると強靭性が重要なポイントになっています。

学校の教科書は重なることでバックの内側が角で擦れる場合がありますし、外側も擦れてダメージを受ける機会もあると思います。

そのため、薄くて弱い素材だと穴が空いてしまう可能性がありますので、そういった意味でも強靭性や耐久性に優れたものを選ぶことをおすすめします。

また、電車通学の場合は朝のラッシュ時に背負っているバックパックが邪魔になってしまうこともありますので、他の人や自分にとっても楽に手で持つことができる持ち手が備わったものありだと思います。

これらを踏まえつつ、自分に合ったデザインのバックパックを探してみてください。

通勤や通学に使うバックパックの選び方:レディース編

バックパックのデザイン性や機能性は幅を広げており、おしゃれで可愛く機能性の高いものも発売されていますし、レディース向けのバックパックも様々なメーカーから発売され、普段の生活で愛用している女性も少なくないと思います。

そこで、ここでは通勤や通学に使うレディース向けのバックパックを選ぶポイントを紹介していきます。

通勤に使うレディース向けのバックパックを選ぶポイント

通勤で使うレディース向けのバックパックの選び方は、書類やタブレットなどをしっかりと入れられて保護できる強靱性と防水性は必要なのはメンズと同様なのですが、大きくことなるのは女性ならではの荷物の多さにあると思います。

最近では女性だけとは限らない部分もありますが、基本的には化粧道具やエチケットグッズなどは女性の方が持ち歩いていると思いますので、メンズのバックパックよりも小物が入るスペース以上はゆとりのあるバックパックがおすすめです。

さらに、小物が収納できるポケットや仕切りがあるとより使いやすさが増します。

ただし、小物から書類までが収納できるサイズや容量があるバックパックは不格好になりやすいと思いますので、通勤時のスーツに馴染むようなデザインやカラーも意識して選ぶことでスーツからカジュアルまで対応することができますし、レザー素材などの高級感があるのもの選ぶことで見た目の印象も変わると思います。

通学に使うレディース向けのバックパックを選ぶポイント

通学に使うレディース向けのバックパックの選び方は、教科書やノート、副読本、タブレットなどを持ち運ぶのはメンズと同じなのですが、小物の分だけメンズよりも少しゆとりのあるものを選んでおきたいところです。

しかし、大きいだけで不格好なものでは女性らしい可愛らしさが失われてしまう場合がありますので、見た目の可愛らしさも忘れずに選びたいものです。

また、ショルダータイプのバックよりも両肩で背負うバックパックは肩への負担が少ないものの、重いものを入れたバックパックを背負うと肩が痛くなってしまう場合もありますので、背負う部分にはクッション性の高いものを選ぶのが望ましいと思います。

まとめ

様々なシーンに分けてバックパックの選び方を紹介してきましたが、他にも予算やメーカーなどでバックパックを選ぶ方法もあり、やはりメジャーなメーカーや高額なものは機能性や耐久性、強靱性に優れた高品質なバックパックが手に入りやすくなっています。

しかし、品質の高さはメーカーや価格が大きく左右する可能性はあるのですが、マイナーなメーカーや安値のものの中にも優れたバックパックはありますので、個々の性能や機能を確かめながら自分に適したバックパックを見つけてください。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - バックパック・リュックサック