スーツケース・キャリーバッグの選び方

このサイトはスーツケース・キャリーバッグに注目した情報提供を行っています。

*

飛行機移動には機内持ち込みサイズが便利 耐久性と機能性に優れたキャリーバッグがおすすめ

   

国内旅行や出張で荷物を持ち運ぶのに便利なのが「キャリーバッグ」です。

1泊程度の出張や旅行でも荷物を揃えていると、意外と荷物も増えていくもので、キャリーバッグが1つあるとちょっとした旅行や出張にもとても便利に使えます。

また飛行機移動で便利なのが、機内にも持ち込めるサイズのキャリーバッグで、手荷物を預けたり引き取ったりする手間が省けるので時間を有効に使えることからビジネスで使う方も多いようです。

キャリーバッグにはサイズや機能もさまざま、キャリーバッグにはどのようなものがあるのかみていきたいと思います。



私が絶対おすすめするキャリーバッグランキングはこちら

スポンサーリンク

機内持ち込みサイズのキャリーバッグとは

機内に持ち込める手荷物のサイズは決まっており、航空会社によって数やサイズが定められています。

その中でも、キャリーバッグにも機内に持ち込める基準に沿ったものが出ており、移動の多いビジネスマンや仕事で使っているという方も多いようです。

機内持ち込みができるキャリーバッグは、13L~38L程度の大きさが機内持ち込みサイズとなっているようで、荷物の多い方でキャリーバッグを機内に持ち込みたい方は30Lクラスのキャリーバッグであれば、荷物も十分に入り機内の手荷物収納スペースに収納できるのでいいですね。



私が絶対おすすめするキャリーバッグランキングはこちら

スポンサーリンク

耐久性の高いハードキャリーも

アルミニウムやポリカーボネートを素材に使った、耐久性の高いキャリーバッグも多くなり、長く愛用できるところが大きなメリットでもあります。

ですが、長く愛用できる分、手荷物に預けたときや収納棚に収納する際にあちこち当たってしまうことで、キズも多くなっていくことは確かでもあります。

機能性と耐久性に優れたキャリーバッグは、価格も比較的高いものが多いため、その分長く使えることがいい点でもありますが使っていくうちに自然とキズがついていくものでもあるので、一定期間使ったら買い替えるという方も多いと思います。

比較的安価で一定期間で買い替える方もいれば、耐久性、機能性に優れたもので価格が多少高くても長く使いたいという方、それぞれでどんなキャリーバッグ選ぶかの基準の1つになるようです。

メーカーによって保証期間が設定されているものも

キャリーバッグやバッグ専門店、正規販売店では、購入したキャリーバッグに保証期間が設定されていることもあり、購入後にもしキャリーバッグに損傷があったり、不具合があったりした場合でも保証してもらえる期間であれば対応してもらえるので安心ですね。

キャリーバッグはふいにぶつけてしまったときなどに損傷や不具合が出ることもあるので、旅行やビジネスで頻繁に使う方はこういった保証期間のあるキャリーバッグを選ぶことをおすすめします。

機内持ち込みのキャリーバッグ 飛行機の大きさによって持ち込めない場合も

基本的には「機内持ち込みOK」と明記されているキャリーバッグは機内に持ち込むことが可能とされていますが、航空会社が運航する飛行機によっては機内に持ち込めないというケースもまったくないとは言えません。

どういうことかというと、飛行機にも収容人数が異なるため、大きい飛行機であれば大抵の「機内持ち込みOK」のキャリーバッグは持ち込むことができますが、収容人数が少ない小型から中型の飛行機の場合は、機内持ち込みサイズが別途設定されていることもあるので、機内に持ち込みを希望する場合は、あらかじめカウンターやスタッフに確認をしておくことをおすすめします。

機内に入る直前になってトラブルになってしまうこともあり、飛行機の運行に影響があると大変なので、気持ちよく飛行機に乗ることができるためにも普段乗っていない路線の飛行機のときにはキャリーバッグを機内に持ち込めるかを確認しておくと安心です。

耐久性と機能性に優れたキャリーバッグ ビジネスで使う人に評判

荷物を運ぶためのキャリーバッグといっても、実際に使ってみると細かい使い心地が気になることもあります。

旅行で年に数回使うだけ、という場合ならそこまで気にならないことも、ビジネスでよく使うとなると使い心地が気になるということはよくあると思います。

例えば、持ち手の高さ調節のしやすさや、キャリーを引いたときにスムーズな動きができるか、収納ポケットの位置やファスナーの場所や開き心地など、キャリーバッグを頻繁に使うとなると気になるポイントはいろいろとあります。

ビジネスでは電話を片手に書類を取り出したり、ちょっとした時間にパソコンを取り出して作業をしたりチェックをしたり、と、必要なときにパッと必要なものを取り出せるかといったところまでこだわって選びたいという方が多いと思います。

頻繁に使うもので、出し入れしやすく引いたときにストレスを感じにくいといった機能性も兼ね備えたキャリーバッグはビジネスで使うひとに人気があるようです。

パソコンを入れて移動する場合はクッション性にもこだわって

ビジネスで使うキャリーバッグは耐久性と機能性を兼ね備えたものを選ぶことが多いようですが、ビジネスで使う人の中にはキャリーバッグにパソコンを入れて持ち歩くという方も多いと思います。

耐久性と使い心地が備わった機能性のあるキャリーバッグを選ぶことも必要な要素ですが、パソコンを入れて移動する場合はキャリーを引いたときの振動にも気を付けたいところです。

振動や衝撃に弱いパソコンは、ちょっとした振動が続くだけでもダメージを受けてしまうこともあり、仕事に必要なデータにも影響を与えてしまうこともあるので、パソコンを収納する部分にクッション性があるかどうかをみることも必要です。

最近ではタフさに優れたノートパソコンもありますが、念のために収納部分にはクッション性があるタイプのキャリーバッグを選ぶことをおすすめします。

パソコンを収納するスペースは分けてある方が便利

キャリーバッグを機内に持ち込む際、保安検査でパソコンを出して検査に通してもらう必要があるので、飛行機で移動することの多い方はパソコンを出し入れしやすい造りになっているキャリーバッグがおすすめです。

ファスナーを開けてすぐにパソコンが取り出せるようになっていれば、保安検査でバタバタせずにサッと取り出して、直すものスムーズにできるのでちょっとしたことですがこういったことにも目を向けたいですね。

衣類が入ったキャリーバッグを開いて取り出して、直すときも大きく開いて直すとなると手間になり荷物も広げないといけないので、周りの視線も気になります。

パソコンやデジタル機器などを持ち歩くことが多い方は出し入れのしやすさにも気を付けたいです。

進化しているキャリーバッグ 耐久性・機能性もどんどんアップ

ビジネスや旅行でキャリーバッグを使う方が多いことから、キャリーバッグも使い心地や耐久性を高めるために進化を続けています。

また軽量化も進み、必要なところにはしっかりとした部品を使いながら、ボディーには耐久性と軽さを備えた衝撃に強い素材を使うなど、キャリーバッグのメーカーも機能性と耐久性をアップさせるために進化しています。

軽量化が進むと、機内に持ち込むときでも収納棚に収納しやすくなるので、とても便利ですね。

またキャリーを引くときも大きな音がしない設計になっていたり、振動が伝わりにくい構造になっていたりと、使い心地に対して各メーカーによって特徴があるので、ビジネスや旅行でよく使うという方は一度キャリーバッグの使い心地を見直してみるのもいいかもしれません。

まとめ

ビジネスに、旅行にとても便利なキャリーバッグですが、実際に使ってみると細かい使い心地が気になることも多いと思います。

選ぶときの基本は「耐久性と機能性」のようですが、それに併せてパソコンやデジタル機器を持ち歩くことの多い方は、収納スペースにも目を配りたいところです。

メーカーによっては保証期間も設けられているので、頻繁に持ち歩くことの多いキャリーバッグなので保証についてもぜひ知っておきたいですね。

また機内持ち込みができるタイプのキャリーバッグは移動もスムーズにでき、とても便利なので飛行機で移動することが多い方にはぜひおすすめです。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - キャリーバッグ