ウォークマンはどこまで進化した? 最新機種の性能や特徴をピックアップ!

革新的な音楽プレイヤーとしてソニーから売り出された商品がウォークマンです。

最初に販売されたのは1979年のことで、現在でもその改良は行われています。

21世紀に入り、更に機能が豊富になって使いやすくなったソニーのウォークマンの性能を見ていきましょう。

カラーバリエーションも豊富で、見た目もかなり変わっています。

歴史

昔は音楽を聞きたい場合は、カセットテープレコーダーを使っていましたが、ウォークマンが登場したことで音楽を気軽に持ち運ぶことが出来るようになりました。

ウォークマンの開発の経緯は、名誉会長が飛行機の中で音楽を聞けるものが欲しいと考えたことが始まりです。

当初はレコードする機能が付いておらず、社内からの発売について否定的に見られていましたが、発売してみれば最終的に供給不足になるほど大ヒットしました。

海外でも販売され、国によってはウォークマンは音楽プレイヤーとして一般名称にもなっています。

日本だけではなく世界にもその名を轟かせているわけです。

iPodが登場してその影が薄くなったりもしましたが、根強い人気があり、お互いにライバル関係となっています。

現在のウォークマン

現在は他社の音楽プレイヤーと機能や性能的差を付けた、多種多様な製品が販売されています。

一時期は、世界最小や最薄、最軽量のウォークマンも登場して話題を呼びました。

ランニングをする時など、重量が重たいとポケットの中に入れると走りにくくなりますし、サイズが大きいと邪魔になります。

そんな時はコンパクトサイズのウォークマンを使うと良いでしょう。

また、音質についてはカセットテープレコーダー時代とは大きな差があり、高品質の音楽を聞くことが出来ます。

カセットテープを別に要する必要も無くなり、内臓メモリの中に大量に音楽を入れて聞けるので、音楽好きの方にはおすすめの一品です。

特徴

具体的に、最新のウォークマンにはどのような特徴があるか見ていきましょう。

色々な形状がある

ウォークマンには色々な形状があり、スマートフォンのような平べったい形状をしている商品の他に、ヘッドホンと一体型になっている商品もあります。

自宅で音楽をライフを楽しみたいなら、スマートフォンのような通常のウォークマンがおすすめですし、スポーツの時に使いたいなら一体型がおすすめです。

また、通勤や通学時にスマートに音楽を聞きたいなら手のひらに収まるコンパクトタイプを使うのも良いでしょう。

色々な形状がありますので、利用シーンに合わせてチョイスすると使いやすいです。

WM1シリーズ等は超高音質

現在のウォークマンの最高モデルがWM1シリーズで、価格は十万円以上しますが、デジタルアンプでハイレゾ音源に対応し、ノイズキャンセリング等の便利な機能が揃っています。

WM1シリーズなら音質にとことんこだわりたい方が満足できるような超高音質で聞けるわけです。

また、WM1シリーズではない他のモデルでも、音質は良いと評判です。

ブルートゥース機能

全てのモデルにブルートゥースが付いているわけではありませんが、最新のものはブルートゥースを内蔵している商品も多いです。

ブルートゥースが内蔵されていれば、それに対応したイヤフォンを無線接続して音楽を聞くことが出来ます。

音楽を聞く時にコードが鬱陶しく感じる方はブルートゥースで快適に使ってみましょう。

ちなみに、ブルートゥースイヤフォンはコードが付いていないので、バッグの中に入れた時にコードが絡まる事も無くなって便利です。

再生時間が長い

機種によってはバッテリー容量が多く、フル充電すれば30時間から40時間もの長時間音楽を再生することが出来ます。

30時間再生することが出来れば、一日中音楽を流し続けられますので、電池切れの心配が要りません。

また、再生時間がながければ充電をする回数や手間も減ってきますので、音楽を聞こうと思った時に、電池が無くなっていてイライラすることも少なくなるでしょう。

通勤や通学の時の他に、旅行に行くときにもウォークマンを持っていってみてはいかがでしょうか。

価格

ウォークマンの価格帯は一万円から十万円と幅広いです。

高音質を求める方はハイエンドモデル、ただ音楽を聞きたい方は一万円から二万円ほどのローエンドモデルを選べます。

安いモデルは一万円弱で買えますので、はじめての方はそれを購入するのも良いでしょう。

また、全く同じ性能を持つ商品でも、メモリの容量が変わると価格も変わるのが特徴です。

どの程度音楽を記憶させて使いたいのかと、予算に合わせて記憶容量を選んで行くと良いです。

ウォークマンはモデルによって、4GBや16GB、32GBや64GBという具合に色々なラインナップがあります。

購入方法

購入方法は公式のソニーストアやネット通販で購入することが可能です。

ただ、公式ストアで購入すると色々と特典が付いて来ます。

例えば、優待クーポンや長期保証です。

特にハイエンドモデルのウォークマンを購入するなら、長期保証を付けられるほうが安心できます。

また、分割払いで購入する場合は分割手数料が安くなったり、提携カードを使って決済すると割引価格で購入できる場合もあります。

公式ストアではなくネット通販で販売されているものは安いですが、保証やその他の特典を考えれば、ソニーストアで買うのもおすすめです。

現在の長期保証サービスについては、ワイドなら5年もの期間保証をしてもらえます。

電子機器の故障でよくある、水没や破損トラブルなど補償範囲も広くなっています(具体的な保証対象は要確認)。

一緒に使うと便利なアクセサリー

ソニーのウォークマンはアクセサリーも非常に充実しているのも特徴です。

ポータブルオーディオプレーヤーと言えば、ヘッドホンが欠かせませんが、ソニーは高機能なヘッドホンも取り扱っています。

デジタルノイズキャンセリング及び、外音取り込み機能が付いている商品もあります。

また、ハイレゾ対応クレードルやリモートコマンダー、画面の汚れや傷を防止する液晶保護シートやマイクやケーブルなど種類は豊富です。

もっと便利に使いたい方は、そんなソニーが販売するアクセサリー類も使ってみましょう。

アクセサリーも公式ストアで取り扱っています。

ヘッドホンは他社の商品を使う方法もありますが、ソニー製の方がソニー製品との相性も良かったりします。

MORA等の関連サービス

そして、もう一つ使いたいのがソニーが提供する関連サービスです。

ウォークマンを購入したら、どこかから音楽を手に入れる必要がありますが、音楽配信サイトを使えばそこから音楽を手に入れる事が可能です。

昔みたいに、CDを購入しに言ってそれをMPに変換したりする手間も不要で、ネットから音楽をダウンロードして視聴することが出来ます。

決済方法はクレジットカードや電子マネーなど色々ありますので、より充実した音楽ライフを送るために、公式ミュージックストアのMORAも使ってみましょう。

まとめ

音楽好きにおすすめなのがソニーのウォークマンです。

ウォークマンシリーズは日本で長年販売され、多くのユーザーに愛用されてきたポータブルオーディオプレーヤーということもあり音質がよく機能も充実しています。

高音質なだけではなく、デザインやカラーも良いので一つのファッションアイテムとして使うことも出来ます。


グループサイト
腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・マットレスを効果的に!おすすめペンタブ・液タブらー:液晶ペンタブレットもスーツケース・キャリーバッグの選び方バーボン・ウイスキー・ブランデーを楽しもう!グラボらー:グラフィックボード・GPU・グラフィックカード電子辞書ってこんなに便利ミニベロ、ママチャリ、ビンディングシューズっておすすめエアロバイクとランニングマシンおすすめ邦画、おすすめ洋画ランキングファンデーションの選び方・使い方(リキッド・パウダー)バッシュ(バスケットシューズ)の選び方ベイトリールとジギングロッド青汁で健康元気トレッキングシューズの選び方私がおすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング高圧洗浄機でらくらくきれい!加圧シャツ・コンプレッションウェアをより効果的に!ミシンおすすめランキング/電子レンジ・オーブンレンジおすすめランキングDrawing Tablet ClubRPAの始め方たいぶろアクションカメラでGo白髪染めで10歳若く見える方法マットレスで腰痛wo解消しようスッキリ!腰痛解消プロになるための専門学校選び家電おすすめレビューいんぐプロテインノオトDAPノオトガジェノオトビヨウノオトランニングタイツ・マラソンシューズで疾走しよう!