高音質の音楽を楽しめるウォークマンのおすすめ最新機種とは

若者だけではなく老若男女問わず音楽を聴く人は非常に多く、自宅で鑑賞するだけではなくスマートフォンや携帯型音楽プレーヤーなどを使い通勤通学中に音楽を楽しむ人もいます。

携帯型の音楽プレーヤーはさまざまな種類がありますが、その中でもメジャーなのがウォークマンとiPodです。

今回はその二つのうち、日本のメーカーのソニーが開発し現在も販売を続けているウォークマンの最新機種について紹介していきます。




ウォークマンとは

そもそもウォークマンとは、日本の家電メーカーでであるソニーが開発販売している携帯型音楽プレーヤーです。

登場はライバル関係にあるiPodよりもかなり早い1979年で、当初はカセットテープを再生するタイプの音楽プレーヤーでした。

その後、CDやMD、などを再生するタイプのウォークマンが登場し、メモリースティック型のウォークマンが発売され、現在ではパソコンやインターネットから内臓のフラッシュメモリーへ保存するタイプのものが発売されています。




ウォークマン最新機種の特徴

1979年に登場して以来進化しながら多くの人に利用されてきたウォークマンですが、ウォークマン最新機種にはどのような特徴があるのでしょうか。

ウォークマン最新機種を使いたくなる特徴を〇つ紹介していきます。

ハイレゾ音源に対応

ウォークマン最新機種のほとんどがハイレゾ音源に対応している機種がほとんどです。

ハイレゾ音源とはCDでは入りきらない音の情報を持った音源で、CDを聴くよりも音の繊細さや奥行き、アーティストの表現力などを感じやすいです。

ウォークマンを製造販売しているソニーはハイレゾの分野に強く、ハイレゾ音源を活かしたきれいな音で聞けるイヤホンやヘッドホンなども多く出しているため、よりきれいな音楽を屋外で聞きたいという人にウィークマンは最適です。

高性能のノイズキャンセリングを搭載

ウォークマン最新機種の特徴二つ目が、ノイズキャンセリング機能が優れているいるということです。

ノイズキャンセリング機能とは外部の音をシャットアウトすることによって再生する音楽のみに集中できるという機能です。

屋外で使うのはあまりおすすめできませんが、室内で音楽を存分に楽しみたいときにこのノイズキャンセリング機能が活躍します。

おすすめのウォークマン最新機種

1979年に初代ウォークマン発売以来たくさんの種類が販売され、数々の技術的進化もしてきました。

現在発売されている最新のウォークマンでおすすめの機種とはいったいどのような機種なのでしょうか。

NW-A55

ソニー SONY ウォークマン Aシリーズ 16GB NW-A55 : Bluetooth microSD対応 ハイレゾ対応 最大45時間連続再生 2018年モデル トワイライトレッド NW-A55 R

この機種は日ごろからよく音楽を聴く人に向けて作られた機種で、ハイレゾ音源に対応していることはもちろんのこと、CD音源も高音質で聴ける機種です。

さらに、この機種にはBluetoothレシーバ‐機能を搭載しており、スマホに保存している音楽だけではなく、スマホのストリーミングアプリの音楽をBluetoothで接続するだけで高音質で聴けてしまいます。

また、同じ機種でも3つのモデルから選ぶことができ、本体のみ、ヘッドホン付き、ワイヤレスヘッドホン付きの3つから選択可能です。

気軽に屋外で高音質の音楽を楽しみたいという人におすすめの機種といえます。

NW-ZX300

ソニー SONY ウォークマン ZXシリーズ 64GB NW-ZX300 : Bluetooth/microSD/Φ4.4mmバランス接続/ハイレゾ対応 最大26時間連続再生 2017年モデル ブラック NW-ZX300 B

この機種はウォークマンの最上位機種のWM1シリーズの高音質の音をコンパクトな本体で簡単に持ち歩けるように設計された機種です。

ハイレゾ音源に対応で奥深さのある音を体感できるだけではなく、USBケーブルでパソコンと接続するとパソコン内の音楽を高音質で聞ける機能も搭載しています。

操作のほとんどは全3.1インチあるタッチパネルで行え、指紋や触った跡が残りにくいマットガラスを使っており、指滑りもいいため操作をしやすいです。

価格は最高位シリーズであるWM1シリーズよりも安いですが、他のシリーズと比べると高めになっています。

NW-S313

ソニー SONY ウォークマン Sシリーズ 4GB NW-S313 : Bluetooth対応 最大52時間連続再生 イヤホン付属 2017年モデル ブルー NW-S313 L

NW-S313は持ち運びしやすいように本体がコンパクトになった機種で、音楽を聴くだけではなく通勤通学中に語学学習をしたいという人にも向いています。

本体の大きさが他の機種と比べてもコンパクトなのに対し、バッテリーは長時間持ちやすく長時間の外出でも充電を気にせず音楽を思いっきり楽しめます。

また、ノイズキャンセリング機能を搭載しているため周りの音を気にせず音楽だけに集中できます。

NW-WS625

ソニー SONY ヘッドホン一体型ウォークマン Wシリーズ NW-WS625 : 16GB スポーツ用 Bluetooth対応 防水/海水/防塵/耐寒熱性能搭載 外音取込み機能搭載 リングタイプリモコン付属 ブラック NW-WS625 B

NW-WS625はヘッドホンと一体型のウォークマンで、音楽を聴きながらランニングなどの運動を行いたいという人に向けて作られた機種です。

運動中に使用することを考慮しているため重量が約32gと非常に軽量です。

さらに、Bluetoothイヤホンとして使えるようになっており、自分のスマホと接続してスマホ内の音楽を聴くだけではなく、インターネットラジオを聴きながらランニングをしたいという人にもおすすめです。

しかし、単体で音楽を聴くことができるため、身軽にランニングを行いたいという人はNW-WS625単体だけでも十分音楽を楽しめます。

NW-WM1Z

SONY デジタルオーディオプレーヤー ウォークマン WM1シリーズ ゴールド NW-WM1Z N

この機種はソニーがウォークマンなどで培ってきた技術を総集結させた機種です。

とにかく音質にこだわったウォークマンで、価格も他の機種と比べてもくらべものにならないぐらい高いです。

しかし、それだけ高い分性能のいいパーツなどを使っており、ハイレゾ音源にも当然対応しているためヘッドホンをつけて音楽を聴くとまるでライブ会場にいるかのような感覚で音楽を聴けます。

最新ウォークマンの選び方

高音質で高性能なものから音質は少し下がるものの低価格で購入できるものまで商品のラインナップが非常に広いです。

そのようなポイントを見て選ぶといいのでしょうか。

音質で選ぶ

ウォークマンを選ぶ上で一番大切にしたいのが音質です。

ウォークマンの中にも普通の音質の機種とハイレゾに対応した高音質の機種があり、音質が良くなると本体の価格も高くなる傾向にあります。

こだわりがある人はしっかりと音質を確認して買うようにしましょう。

機能で選ぶ

ウォークマンを選美においてどのような機能を使えるのかということも非常に重要になってきます。

ウォークマンに搭載されている機能は多数にわたり、Bluetoothを使ったワイヤレスイヤホンで音楽を聴いても音質が悪くならない機能や、パソコンに保存されている音楽を高音質で聴く機能もあります。

どんな機能が搭載されているのか確認して選ぶようにしていきましょう。

容量で選ぶ

ウォークマンを選ぶにあたって容量もしっかりと確認しておきたいポイントです。

音楽はすべて本体内蔵のフラッシュメモリーに保存されるため、容量が少ないと保存できる音楽も少なくなってしまいます。

しかし、容量が大きくなるとその分価格にも反映されて高くなってしまうため、自分に合った容量のウォークマンを選ぶ必要があります。

付属品で選ぶ

ウォークマンを購入するときは付属品もよく確認してから選ぶようにしましょう。

多くの場合携帯型の音楽プレーヤーを購入するとイヤホンなどが付いてくることが多いですが、ウォークマンの場合は自分好みのイヤホンを使って音楽を聴いて欲しいという考えからイヤホンが付いてこない機種もあります。

また、イヤホンではなくスピーカーが付属してくる機種もあり、どんな付属品が付いてくるのかもしくは付属品はついてこないのかよく確認して選ぶようにしましょう。

まとめ

今回は日本で開発された携帯型音楽プレーヤーウォークマンの最新機種について紹介してきました。

登場当初はカセットテープを再生させて音楽を楽しむ携帯型のプレーヤーでしたが、現在ではメモリーなどに保存された音楽を再生するプレーヤーにまで進化しました。

最新のウォークマンは登場当初よりもさらに高音質の音楽を楽しむことができ、サイズもコンパクトになりました。

ウォークマンを有効的に活用し、好きな音楽を思いっきり楽しんでいきましょう。