ウォークマンにはBluetoothスピーカーがおすすめ

ウォークマン

TaoTronics Bluetooth スピーカー 4.0 ポータブルスピーカー マイク内臓 LEDライト搭載 A2DP対応 連続再生時間最大6時間 (ホワイト)TT-SK05

日常に音楽がある生活って素敵ですよね。

今やウォークマンがあればいつでも手軽に気軽に音楽を楽しむことが出来ます。

しかし家でいつもイヤホンで聞いている方、実はBluetoothスピーカーがおすすめなんです。

イヤホンで聞くのとはまた違った楽しみ方が出来ます。

それではウォークマンにおすすめのBluetoothスピーカーをご紹介します。




ウォークマンとBluetoothスピーカーの魅力

まず最初に、ウォークマンとBluetoothスピーカーの魅力について簡単にご紹介したいと思います。

ウォークマンの魅力

まずは何といっても本体が小さいことです。

スマホよりサイズが小さいのでポケットに入れて簡単に持ち運ぶことが可能です
いつもスマホで音楽を聴いている方は驚かれるかと思います。

次に、ノイズキャンセリング機能付いていたりと音質にこだわっているところです。

出来るだけ良い音質で音楽を楽しみたいという方は安心してください。

その点はかなりの安心と信頼があります。

次にカラーバリエーションが豊富なところです。

シリーズにもよりますが大体いつも5色ほどカラーが出ており、しかも派手すぎずオシャレな色味になっています。

そのため自分の好みのものを選ぶことが出来るのも魅力の一つです。

ほかにも録音機能があったりと使い勝手は良いのもポイントが高いです。

Bluetoothスピーカーの魅力

Bluetoothスピーカーの魅力はなんといってもコードのストレスから解放されることです。

部屋にいろんなコードが繋がれている方はコードが絡まってしまったり、どれがどのコードがわからなくなったりとイライラした経験があると思います。

しかしコードがそもそもないので絡まる心配がないので、そういったストレスを受けることもありません。

またBluetoothはだいたい10m以内であれば障害物があっても通信可能なので置き場所に困らないもの魅力です。

しかもBluetooth国際標準規格なため、対応機器であればどのメーカー同士でもやり取りできます。

これもBluetoothスピーカーの大きな魅力になっています。




Bluetoothスピーカーの選び方

Bluetoothスピーカーも多くのメーカーさんから出ており、何を基準に選んで良いのか迷うと思います。

そこでBluetoothスピーカーの選び方についてご紹介します。

スピーカーの形状で選ぶ

形状で選ぶのはとても重要です。

なぜならスピーカーは置いて使用しなければならないからです。

そうなると必然的に設置するスペースによってスピーカーの形状がある程度限られることになります。

あまり大きいサイズを買っても置く場所がなければ設置出来ないので、形状で選ぶことはとても重要なことになります。

購入する際は、きちんと設置スペースを確保し、そのスペースサイズに合うものを選ぶようにしましょう。

低音域の音質で選ぶ

出来るだけ良い音質、臨場感のある音質で聞きたいという方は、低音域の再生能力で選ぶことが重要です。

低音域の音質に優れた専用のスピーカーもありますが、やはりサイズが大きくなってしまうため、スペースとの折り合いが必要です。

自分がどこに重点を置いて音楽を楽しみたいのかとハッキリさせておくと選びやすいかもしれません。

音の再現性で選ぶ

こちらも音質にこだわる人にはとても重要なことです。

出来るだけ元の音質で音楽を楽しみたい、という方は音の再現性に特化したスピーカーを選ぶことをおすすめします。

もちろんメーカーによって多少変わりますが、これらはスピーカーの出口が小さいものやフルレンジスピーカーが優れていると言われています。

Bluetoothスピーカーで聞く利点

イヤホンやヘッドホンでウォークマンから流れる音楽を聴いても勿論楽しめます。

しかしBluetoothスピーカーをおすすめする理由があるのです。

それらをご紹介したいと思います。

まずBluetoothスピーカーは配線がないのでどこでも簡単に持ち運ぶことが出来ます。

友達の家に行ったときや実家に帰省したときもBluetoothスピーカーさえあれば音楽を簡単に楽しむことが出来るのです。

友人の家でパーティーをするときやバーベキューの場に持って行ってもいいですね。

そしてイヤホンで聞くよりも音量も音質も良いのが多いため、より音楽を臨場感を味わいながら楽しむことが出来るのです。

イヤホンではそうはいきません。

こういった音楽を楽しむ範囲をBluetoothスピーカーは広げてくれるのです。

おすすめのBluetoothスピーカー3種

最後にウォークマンにおすすめのBluetoothスピーカーを3つご紹介したいと思います。

TaoTronics TT-SK03 Bluetoothスピーカー

TaoTronics お風呂専用 スピーカー 吸盤式 Bluetooth ワイヤレススピーカー マイク搭載 (防水仕様) A2DP/AVRCP対応 TT-SK03 (ブラック)

こちらはなんと、手のひらに収まるほどコンパクトな形状がポイントです。

しかも防水仕様なのでお風呂場で湯船につかりながら音楽を楽しむことも出来ちゃいます。

海に持って行ってもいいですね。

接続も簡単でしかも約10mの距離までワイヤレスで接続することができます。

またリチウムイオンバッテリー内蔵タイプの充電式なので手軽に持ち運ぶことができます。

しかも大容量バッテリーの搭載なので、最大で約5~6時間の連続再生をすることが出来ます。

電源のない屋外やアウトドアでもお気に入りの音楽を楽しむことが出来るのです。

これだけのスペックでなんと定価が3,999円。

かなりコスパの良い Bluetoothスピーカーです。

TaoTronics TT-SK05 Bluetoothスピーカー

TaoTronics Bluetooth スピーカー 4.0 ポータブルスピーカー マイク内臓 LEDライト搭載 A2DP対応 連続再生時間最大6時間 (ホワイト)TT-SK05

このスピーカーの魅力はなんとってもその値段です。

なんと、定価は999円です。

しかしこの値段でも機能はしっかりしています。

コンパクトな上、マイクの内臓なのでハンズフリーでの通話がしやすいです。

しかもLEDライトが搭載されているので、柔らかい光で充電状態や接続状態を寝室で電気を消した状態でも確認することができます。

連続再生時間も最大約6時間までの長時間の使用が可能で、この点も文句なします。

この値段なのでBluetoothスピーカーがどんなものなのか、まずはお試しで使ってみたいという方におすすめのスピーカーです。

SONY h.ear go SRS-HG1 Bluetoothスピーカー

Sony H。</p><p>EAR Go srs-hg1ポータブルスピーカー – Bluetoothワイヤレス – ピンク – srshg1 /PNK (認定Refurbished)

こちらはウォークマンと同じSONYから出ている Bluetoothスピーカーです。

そのため相性も抜群です。

重低音を重視したEXTRA BASS機能によって、迫力ある低音域再生が可能です。

レコーディングスタジオやコンサートホールで聴いているかのような、臨場感を楽しめるため、
より良い音質で音楽を楽しみたいという方に非常におすすめです。

カラーバリエーションが豊富なので自分の好みにあったものを選べるのも魅力ですね。

こちらは定価で25,200円。

上の二つに比べて少し値は張りますが、その分、かなり良い音質で音楽を楽しむことが出来るので納得のお値段です。

まとめ

このようにBluetoothスピーカーは自分の行動に合わせて自由に持ち運べ、どこでも簡単に音楽を楽しむことが出来るのです。

しかも配線がいらないので誰でも簡単に使うことが出来るのも魅力です。

ウォークマンをイヤホンで聞いている方はもちろん、有線のスピーカーを使っていて買い換えようと思っていた方は是非参考にしてみてください。

きっとさらに楽しい音楽ライフが待っていますよ。






ウォークマン