ソイプロテインで筋力アップ!抑えておくべきポイントを紹介

ソイプロテイン

ウイダー おいしい大豆プロテイン コーヒー味 40食分(800g) 大豆たんぱく質 100%使用

プロテインを利用しながら、筋力トレーニングすれば、筋力アップしやすくなります。

しかし、数多くあるプロテインの中でも、ソイプロテインは筋力アップしづらいという噂があるのです。

筋力アップしたい方にとっては、この噂が本当なのかどうか、気になってしまう所でしょう。

そこで、ソイプロテインを利用しながら、筋力アップできるのか紹介するので、みていきましょう。

Amazonビッグセール開催中!(最大10000ポイント還元)(12/1まで)>>おすすめソイプロテインランキング


筋力アップのために必要な情報

筋力アップしたい場合には、どのようなものが、筋力アップために必要なのか把握する必要があります。

そこで、筋力アップしやすくする情報を紹介するので、参考にしてみて下さい。

プロテイン

日本国内では、ホエイプロテイン・カゼインプロテイン・ソイプロテイン・ピープロテイン・ライスプロテイン・ヘンププロテインなどが手に入ります。

この中でも、注目を集めているのが、ホエイプロテイン・カゼインプロテイン・ソイプロテインなどです。

しかし、筋力アップしやすいと言われているのは、ホエイプロテインやカゼインプロテインになります。

ソイプロテインは、ホエイプロテインやカゼインプロテインよりも筋力アップしづらいので、少しでも筋肥大をしたい方は、注意したほうが良いです。

トレーニング内容

ソイプロテインは、他のプロテインに比べたら筋力アップしづらくなっているだけで、全く役に立たないという事ではありません。

実際に、筋力アップするために必要なのは『トレーニング内容』です。

筋力トレーニングをして、筋力アップする仕組みは、筋肉に負荷をかける事によって疲弊させる事にあります。

疲弊した筋肉は回復しようとしますが、今回受けた疲弊に耐えられるように、前の状態よりも強い状態まで筋力アップするのです。

これを『超回復』と呼びます。

しかし、ダンベルの重さに慣れてきた時に、いつまでも同じ重量のダンベルを使っていたら、筋肉は超回復を起こさないので、トレーニング内容にも注意する必要があるのです。

栄養補給

筋力トレーニングした後は、タンパク質が分解されやすくなっているので、しっかりとタンパク質を摂取する事が重要になります。

しかし、食事でタンパク質をしっかりと摂取しようとしたら、摂取カロリーまで増えてしまうので、筋肉と一緒に脂肪も大きくなってしまうので注意しなければいけません。

そこで注目を集めるようになったのが、低カロリーで多くのタンパク質を摂取する事ができるプロテインです。

つまり筋力アップするためには、筋力トレーニングをして、超回復を起こさせている間に、プロテインを摂取する事が必要になる訳です。

Amazonビッグセール開催中!(最大10000ポイント還元)(12/1まで)>>おすすめソイプロテインランキング


ソイプロテインの人気が高い理由

ソイプロテインは、カゼインプロテインやホエイプロテインよりも筋力アップしづらいのに、なぜ人気が高いのか、理解できない方は多いでしょう。

そこで、なぜ人気が高くなっているのか説明するので、確認してみて下さい。

マーケティング戦略

ソイプロテインに否定的な方たちの間で、ささやかれている噂が『マーケティング戦略』です。

マーケティング戦略で、なぜソイプロテインの人気が高くなるのかと言えば、企業はあまり筋力アップできない商品でも、多くの方たちに購入してもらえるように良い情報しか流さないという事です。

例えば、健康に気を使っている人に、さほど健康に効果がない商品でも、その情報を消費者に教えたら、商品が売れる事はないでしょう。

日本では、過大広告をする事は、法律で禁止されていますが、マイナスイメージを抱かせるような情報をピーアールしない事は法律違反ではありません。

そのため、ソイプロテインを販売している多くの企業は、過大広告はしていないのですが、率先的にカゼインプロテインやホエイプロテインよりも劣っている事をアピールしていないので人気がそれほど低くないのです。

吸収速度の遅さ

ソイプロテインは、男性よりも女性のほうに人気が高い傾向がありますが、それはダイエットしやすいからです。

なぜなら、ソイプロテインを飲んだ場合には、栄養を吸収する速度が遅くなっているので、長い間に渡って空腹感が出ないのです。

空腹感が出なければ、オヤツを食べようとする食欲を抑える事もできるので、ダイエットしている方たちの間で、ソイプロテインは人気が高くなっています。

タンパク質とカロリー

ソイプロテインは、筋力アップしづらいとは言え、低カロリーになっているので、脂肪がつきづらくなっています。

この脂肪が、筋肉の見た目に大きな影響を及ぼしているのです。

実際に、腹筋を割りたくて筋力トレーニングしても、あまり変化が起きないケースがあります。

なぜ、このような事が起きてしまうのかと言えば、腹筋の上に厚い脂肪が覆われているケースが多いからです。

しかし、脂肪が少なければ、少し筋力アップするだけで、筋肥大している事が分かりやすくなるので筋力トレーニングしている方にもソイプロテインはおすすめです。

ソロプロテインを利用する際のポイント

ソイプロテインであれば、脂肪をあまりつけずに筋肥大させる事は十分に可能です(筋力トレーニングをした場合なので注意)。

ただし、ソイプロテインを利用する際には、いくつかポイントを抑えておかなければ、筋力アップする事が難しいので詳しく説明しましょう。

正しいトレーニング

ソイプロテインを飲んだとしても、間違った筋力トレーニングをしたら意味がありません。

実際に、腹筋をしている時に、首を痛めてしまった方は多いはずです。

このようなケースが起きてしまうのは、腹筋の力だけでは上半身を起こす事ができなくなった時に、無意識のうちに頭部を支えている手に力が入ってしまうからです。

手の力で上半身を起こそうとしたら、首に負担をかけてしまうので、気づかないうちに首を痛めてしまいます。

そのため、鍛えようと思っている筋肉だけでトレーニングしなければ、筋力アップできない上に体にダメージを与えるので注意して下さい。

食生活の見直し

筋力アップさせるためには、プロテインでタンパク質を摂取する事は重要ですが、それには限度というものがあります。

あくまでも、食事だけでは足りないタンパク質をサポートするのが、プロテインなので、注意しなければいけません。

そのため、ソイプロテインを購入している方でも、三食の時にある程度までタンパク質を摂取するようにして下さい。

ソイプロテインを飲むタイミング

ソイプロテインを利用する際には、飲むタイミングも重要になります。

飲むタイミングを間違えてしまえば、筋力アップできない上に、太ってしまう可能性もあるのです。

そこで、どのタイミングで飲めば良いのか、解説します。

筋力トレーニングをした後

筋力トレーニングした後は、体が疲れている上に、タンパク質が分解しやすくなっているので、その時にソイプロテインを飲む事が重要です。

実際に、筋力トレーニングしている方たちの間では、プロテインを飲むタイミングは、筋力トレーニングをする前と後のどちらなのかという事で、議論されています。

どちらでも間違いではありませんが、超回復させるという意味では、筋力トレーニングをする前よりも、後のほうがおすすめです。

食事と食事の間

間食でソイプロテインを飲んだら、食欲を抑える事ができます。

これは、なぜかと言えば、多くのタンパク質を摂取したら、その後に食欲を抑える効果があるからです。

実際に『Nutrition Journal』という学術雑誌で、掲載されていた事なので、その信憑性(しんぴょうせい)は高いと言えるでしょう。

ただし、全ての方が当てはまるかと言われたら、100%とは言い切れないので、注意する必要はあります。

まとめ

ソイプロテインは、筋力アップしづらいと言われている商品ですが、それは他のプロテインに比べた場合です。

実際に、ソイプロテインは多くのタンパク質を摂取する事ができますし、栄養を吸収する速度が遅くなっているので、メリットが多い商品です。

そのため、あまり脂肪をつけずに筋肥大させたい場合には、購入してみる価値があります。






ソイプロテイン