ソイプロテインには嬉しい働きがある!多くの女性たちは必見?

明治 ザバス ソイプロテイン100 ココア味【50食分】 1,050g

プロテインは、筋力アップしたい男性たちから人気が高いので、女性には関係がないように思うかもしれません。

ところが、数多くあるプロテインの中には、女性向きとも言える『ソロプロテイン』があるのです。

ソイプロテインには、女性にとって嬉しい働きがいくつもあるので利用価値の高いプロテインです。

実際に、ダイエットをする際には、役立つ事が多くあるので、そのメリットやデメリットなどを紹介するので、みていきましょう。

Amazon新生活セール<最大5000ポイント還元>(3/27~3/30)




女性にとって嬉しい3つの働き

ソイプロテインには、女性にとって嬉しい働きが3つあって、それが、アミノ酸の含有量・抗酸化作用・吸収速度などです。

この3つの働きを知る事ができれば、女性にとって利用価値の高いプロテインである事が分かると思うので、詳しく紹介しましょう。

アミノ酸の含有量

アミノ酸というのは、筋力をアップさせるためには必要な栄養素なので、筋力トレーニングをしている男性たちの間で、注目されています。

数多くあるプロテインの中でも、アミノ酸の含有量が多くなっているのは、ホエイプロテインやカゼインプロテインなどです。

それに引き換え、ソイプロテインはあまりアミノ酸が含まれていないので、飲み続けても、あまり筋肉質になる事がありません。

筋肉質になりづらいプロテインなので、あまり筋肉を付けないで、ダイエットしたい女性には、ソイプロテインはおすすめです。

抗酸化作用

ホエイプロテインやカゼインプロテインは、牛乳を利用しているプロテインですが、それに引き換え、ソイプロテインは大豆を利用しています。

実は、大豆には『大豆イソフラボン』という物質があって『抗酸化作用』があります。

抗酸化作用とは、肌の老化を抑える働きがあるので、美容に気を付けている女性にとって、魅力的な物質です。

ただし、大豆イソフラボンを取り入れたとしても、完全に肌の老化を防げる訳ではないので、注意して下さい。

吸収速度

プロテインだけではなく、多くの食べ物や飲み物でも同じ事が言えますが、栄養を吸収するのが早かったら、短時間で満腹になってしまいます。

満腹になる時間が早まれば、空腹になってしまうのも速くなってしまうので、間食としておやつを食べたくなってしまうものです。

カゼインプロテインやホエイプロテインは栄養の吸収が早くなっていますが、ソイプロテインは栄養を吸収するのが遅くなっています。

そのため、ソイプロテインであれば、空腹になる時間が遅くなるので、間食を食べる欲求を抑えやすくなるのです。




ソイプロテインを利用したダイエット法

ソイプロテインを利用してダイエットする場合には、利用する『タイミング』が重要になります。

そこで、3つのタイミングで、利用した場合の効果を説明するので、確認してみて下さい。

朝食の代用

朝の時間帯は、多くの女性たちが会社に出勤したり、家事で忙しかったりしているでしょう。

そのため、朝食を作る事が難しくて、朝の時間帯に食事をしない方は多いかもしれません。

食事をする回数が少なくなれば、短期的に見れば、体重が減るので、ダイエットしている女性にとってデメリットはありません。

しかし、必要な栄養素を吸収しておかなければ、痩せづらい体質になってしまうので注意する必要があります。

そのような事を考えたら、忙しい方は、朝食の代わりにソイプロテインを飲んで、様々な栄養素を摂取しておく事は重要です。

間食の代用

ソイプロテインを飲んだ場合には、栄養を吸収するのが遅いので、間食を我慢しやすくなります。

しかし、個人差があるので、どうしても間食としておやつを食べたくなる方もいるでしょう。

実は、数多くあるソイプロテインの中には『チョコレート風味』のタイプがあるので、おやつの代用として飲む事もできます。

昼食と夜食の中間にあたる15~16時にソイプロテインを飲めば、ダイエットしやすくなるのです。

実は、ソイプロテインは低カロリーになっているので、おやつの代用にすれば、摂取カロリーを抑える事ができます。

筋力トレーニングをサポート

最近では、男性だけではなく女性も筋力トレーニングをする方が増えてきました。

実は、筋力アップさせておけば『基礎代謝』を上げる事ができます。

基礎代謝をあげられたら、体を動かしていなくても、以前よりカロリーが消費されていくのです。

ジョギングやランニングなどは、運動をしなければカロリーが消費されませんが、筋力トレーニングをしておけば、運動しなくても痩せる事が十分に可能です。

しかし、筋力トレーニングしたら、筋肉が損傷するので、栄養を補給する必要があります。

ソイプロテインには、アミノ酸が少ないとは言っても、損傷した筋肉をサポートする事ができるので、筋力トレーニングをした後に、飲む事をおすすめします。

ソイプロテインのデメリット

ソイプロテインには、メリットもあればデメリットもあるので、利用する際には注意しなければいけません。

そこで、どのような所に注意すれば良いのか説明するので、確認してみて下さい。

アミノ酸の少なさ

アミノ酸が少ないプロテインなので、筋力トレーニングをしても、あまり筋力アップできないというデメリットがあります。

少しでも筋力アップして、消費カロリーを増やしたい場合には、ホエイプロテインやカゼインプロテインのほうがおすすめです。

ソイプロテインを利用して、筋力アップしたい場合には、タンパク質が豊富にある食材を調理して、食事でもタンパク質を摂取したほうが良いです。

内臓にかかる負担

ソイプロテインを飲む量に注意しなければ、内臓にかかる負担が大きくなってしまうので、あまり多く飲まないほうが良いです。

実際に、体に必要なタンパク質の量は、体重1kgにつき、1g程度です。

筋力をアップしたくて、少しでも多くのタンパク質を摂取しようとしたら、内臓に疲労がたまってしまうので注意しなければいけません。

あくまでも、筋力をアップできるのはトレーニング内容によるので、タンパク質の働きは補助的な役割だと思って下さい。

ダイエットをする際の注意点

ソイプロテインを利用しながら、ダイエットをする時にも、いくつか注意すべきポイントがあります。

ダイエットを成功させるためには、どのような所を注意すれば良いのか説明するので、確認してみて下さい。

食事制限

ソイプロテインを飲めば、様々な栄養素を摂取する事ができるとは言え、あまりにも食事量を減らしてしまえば、食生活が偏ってしまうので注意しなければいけません。

タンパク質は筋力アップのために欠かせない栄養素と言えますが、糖質は思考力のために必要な栄養素です。

最近では、糖質ダイエットがもてはやされていますが、あまりにも米を食べる量を減らしてしまえば、集中力が低下する可能性があります。

集中力が低下してしまえば、筋力トレーニング中に思わぬアクシデントを起こすかもしれないので注意して下さい。

ソイプロテインを過信

女性に向いているプロテインですが、その効果を過信する事は禁物です。

実際に、タンパク質を摂取しても、筋力トレーニングをしなければ、筋力アップしないので、あくまでもソイプロテインを飲んだ上で筋力トレーニングする必要があります。

さらに、ビタミンB群を多く摂取する事ができるソイプロテインもありますが、それだけに頼っていては、健康面で大きなデメリットがあるので、あまり効果を過信しないほうが良いです。

まとめ

ソイプロテインは、栄養素を吸収するのが遅くなっているので、長い間に渡って満腹感をキープする事ができます。

アミノ酸の含有量は少なくなっているので、筋肉をあまりつけたくない女性には、魅力的なプロテインです。

しかし、筋肉を付けたら消費カロリーを増やす事ができるので、ソイプロテインを利用する場合には、タンパク質を多く含んでいる物を、食事に取り入れたほうが良いでしょう。