プロテインバーを徹底比較!あなたが欲しい商品が見つかる?

ウイダーinバー プロテイン ナッツ (12本入×1箱)

プロテインは、タンパク質を摂取する事はできますが、苦く感じてしまう事から、多くの方たちが『プロテインバー』を利用するようになりました。

プロテインバーであれば、固形タイプになっているので、粉を溶かす必要がありません。

しかし、プロテインバーは多くの商品が販売されているので、どの商品を購入したら良いのか悩んでしまうでしょう。

そこで、プロテインバーを比較する際のポイントや、おすすめの商品などを紹介するので参考にしてみて下さい。






プロテインバーを比較する際のポイント

プロテインバーを比較してから購入する際には、4つのポイントに注目する必要があります。

その4つのポイントとは、値段・栄養素・カロリー・味などです。

4つのポイントに注目して、自分の好みに合う商品を見つけられたら、継続して購入する事もできると思うので、詳しく解説しましょう。

値段の安さ

プロテインバーは、毎日利用していく必要があるので、何回も購入しなくてはいけません。

そのため、お金に余裕がない場合には、値段の安いプロテインバーを購入したほうが良いです。

1本にしたら、それほど値段は変わりませんが、1日1本購入していけば、1ヶ月で約30本にもなります。

もしも、1日2本も購入していたら1ヶ月で60本にもなるので、仮に10円しか変わらなかったとしても、月の出費で考えたら大きな差となって出てくるので注意して下さい。

栄養素

プロテインバーと聞いたら、多くの方たちは『タンパク質』をイメージするかもしれませんが、意外にも『ビタミンB群』を含んでいる商品もあります。

タンパク質は、筋肉を作る上で重要な栄養素ですが、それだけでは健康な体を維持する事はできません。

そのため、プロテインバーを購入する際には、タンパク質の他にも、どのような栄養素が含まれているのか確認したほうが良いです。

実際に、ビタミンB群の摂取量が減っていけば、肩こりや筋肉痛になりやすくなるので、日頃からビタミンB群を含んでいるプロテインバーを食べてみる事をおすすめします。

カロリー数

ダイエットのために筋力トレーニングしている方は、タンパク質の数値にばかり気をとられるかもしれませんが、カロリー数も注意しなければいけません。

なぜなら、どのようなダイエットをしたとしても、消費カロリーより摂取カロリーのほうが上回ったら、体重を減らす事はできないからです。

プロテインバーは、小さなオヤツのように感じてしまって、1日に何本も食べていたら太ってしまう事もあります。

そのため、購入する際には、できるだけカロリー数が少ないものを選んだほうが良いでしょう。

食べやすい味

プロテインのように粉を溶かして飲む物に比べれば、プロテインバーは固形タイプになっているので食べやすくなっています。

しかし、プロテインバーは様々な味のタイプがあるので、あなたの好みに合う味の商品を探しておく事が重要です。

プロテインよりも摂りやすいと思って、あまり種類を調べないうちに購入していたら、自分の好みに合う商品を見逃している可能性があります。

そのため、まずはプロテインバーには、どのような味があるのか調べてから、購入するようにしましょう。




コストパフォーマンスの良い商品

プロテインバーは、コンビニでも販売しているので、気軽に購入できるようになっています。

しかし、コンビニよりもインターネットショッピングのほうが、コストパフォーマンスが優れているプロテインバーが販売されているので、詳しく紹介しましょう(商品の値段は2019年3月14日時点)。

コンビニ

日本には、様々なコンビニがあって、その中で最も店舗数が多いのが『セブンイレブン』です。

セブンイレブンの店舗数だけでも、2万店舗以上もあるので、今では全国各地に様々なコンビニがあります。

しかし、コンビニで販売しているプロテインバーは、1本で約150円前後もするのです。

1本にしたら、それほど値段が高くないように感じるかもしれませんが、毎日購入していけば、1ヶ月で約4,500円もします。

お金に余裕があまりない場合には、コンビニで購入したほうが良いのか、よく考えたほうが良いでしょう。

インターネットショッピング

コンビニとは違って、インターネットショッピングを利用したら、値段の安いプロテインバーを購入できます。

例えば、楽天市場では『ブルボン』のプロテインバーが1本で、108円で購入する事が可能です。

人気の高い『ウイダー inバープロテイン』でも、楽天市場であれば、119円で購入する事ができるので、あまりお金をかけなくて購入する事ができます。

ただし、インターネットショッピングで、注文した場合には送料を負担する必要があるので、注意しなければいけません。

送料の金額を減らすためには、まとめ買いをして、注文する回数を減らしたほうが良いです。

タンパク質とカロリーのバランス

数多くあるプロテインバーの中には、タンパク質が多くてもカロリー数が少ない商品があります。

そこで、ダイエットをしたい方たちのために、タンパク質とカロリーのバランスが取れている商品を2種類まで紹介するので、みていきましょう。

ウイダーinバー プロテイン ナッツ 1本

ウイダーinバー プロテイン ナッツ (12本入×1箱)

『ウイダーinバー プロテイン ナッツ 1本(36g)』は、カロリーが188キロカロリーになっていて、タンパク質が10.0gになっています。

カロリー数が多くなっているように感じるかもしれませんが、食事でタンパク質を10.0gも摂取しようとしたら、多くのカロリーを摂取する事になります。

そのような事を考えたら、本商品はカロリーとタンパク質のバランスが取れていると言えるでしょう。

プロフィット プロテインバー ソーセージ型鶏ささみ

丸善 プロフィットささみプロテインバー ペッパー 130g×10袋

『プロフィット プロテインバー ソーセージ型鶏ささみ』は、カロリーが136キロカロリー程度しかありませんが、タンパク質が22.4gも摂取できるのです。

ウイダーinバー プロテイン ナッツ 1本に比べたら、本商品のほうが優れているプロテインバーのように感じるかもしれません。

ところが、本商品の場合には、65g×2本で、この内容になっているのです。

タンパク質に関していえば、それほど違いを感じないかもしれませんが、カロリーは低くなっています。

そのため、低カロリーなものを探している場合には、本商品のほうがおすすめです。

食べやすいプロテインバー

プロテインは、苦くて飲めない場合には『ウイダーinバー プロテイン バニラ』や『ウイダー inバープロテイン ベイクドチョコ』のように、オヤツのようなプロテインバーがおすすめです。

ただし、この2本は味が違っているので、どのような違いがあるのか紹介しましょう。

ウイダーinバー プロテイン バニラ

ウイダー inバー プロテイン バニラ (12本入×1箱)

本製品は『ココアの苦味』と『バニラクリームの甘さ』を合わせたプロテインバーになっています。

ココアの苦味と聞いたら、プロテインの苦味を思い出す方はいるかもしれません。

しかし、プロテインのような粉の感じはしないので、多くの方たちが食べやすい味になっています。

実際に、バニラクリームの味であれば、お菓子とあまり変わらない味になっているので、オヤツの代用として利用する事も可能です。

ウイダー inバープロテイン ベイクドチョコ

ウイダー inバー プロテイン ベイクドチョコ (12本入×1箱)

本商品は『ココアパウダー』を利用しているので、ウイダーinバー プロテイン バニラに近い味をしています。

ただし、チョコを使っているので、本商品のほうがお菓子に近い味をしていると言えるでしょう。

今まで、お菓子を食べる事が辞められなくて、太っていた方でも、チョコ味になっているプロテインバーを食べる事によってダイエットする事もできます。

実際にチョコ味にはなっていますが、166キロカロリーしかないので、多く食べなければ、それほど太る事はないでしょう。

まとめ

プロテインバーは、タンパク質を豊富に含んでいる上に、低カロリーになっている商品が多いので、ダイエットしやすい商品になっています。

実際に、筋力トレーニングをしてタンパク質を摂取したら、筋力アップして、痩せやすい体質になります。

ただし、自分の好みに合う商品を購入しておかなければ、途中で利用する事が嫌になってしまうかもしれないので、注意して下さい。