ソイプロテインを飲んだら下痢になる?その原因や対策法を紹介!

多くの女性たちの間で、高い人気を集めている『ソイプロテイン』は、大豆イソフラボンの効果があります。

大豆イソフラボンは、美容でメリットの多い成分なので、多くの方たちが利用したいと思うでしょう。

ところが、ソイプロテインを飲んだら、下痢になってしまうケースがあるのです。

そこで、ソイプロテインを飲んで下痢になってしまう原因や対策法を紹介するので、これから利用しようと考えている方は参考にしてみて下さい。






ソイプロテインで下痢になってしまう原因

下痢になってしまう原因は、様々なものがありますが、実はソイプロテインに原因があるケースや、勘違いしているケースもあるのです。

そこで、どのようなケースで、下痢になってしまうのか紹介するので、みていきましょう。

牛乳を併用

ソイプロテインを飲んだ事がある方なら分かるかと思いますが、粉を水で溶かそうとしたら、苦い味がしてしまう商品が多いので飲みづらくなっています。

水ではなく、牛乳で溶かそうとしたら、抹茶ラテのような味になるので、飲みやすくなるのです。

ところが、牛乳を飲む事により下痢になってしまうので注意しなければいけません。

日本人の多くは『乳糖不耐症(にゅうとうふたいしょう)』になっていて、牛乳を飲んだら下痢になりやすい体質です。

そのため、ソイプロテインを飲んで下痢になっている場合には、粉を溶かす飲み物に注意して下さい。

3種類のプロテイン

プロテインは多くのタイプが販売されていて、その中でも高い知名度を誇っているのが、ソイプロテイン・カゼインプロテイン・ホエイプロテインなどです。

カゼインプロテインやホエイプロテインは牛乳を使用しているので、下痢になりやすいタイプです。

そのため、プロテインを飲んだら下痢になりやすいという情報を多く聞く事によって、ソイプロテインを飲んでも下痢になってしまうと勘違いしてしまう可能性があります。

ソイプロテインは、大豆を使用しているので、牛乳を併用しなければ、下痢になりづらいので勘違いしないようにして下さい。

偏った食生活

ソイプロテインを利用する際に、牛乳を使っていないのに下痢になってしまう場合もありますが、それは『食生活』が大きく関係しています。

偏った食生活を送っていれば、下痢になりやすいので、そのような時は「ソイプロテインを飲んでいる事が原因で下痢になった」と勘違いしやすいです。

そのため、ソイプロテインを飲んでいる時に、下痢になってしまった場合には、規則正しい食生活を送っているのか見直したほうが良いでしょう。




下痢になるデメリット

ソイプロテインを飲んでいる時に、下痢になってしまっても、普段から体調が悪い方は、あまり気にならないかもしれません。

しかし、下痢になってしまえば、様々なデメリットがあるので、詳しく解説しましょう。

筋力低下

下痢になるという事は、しっかりと栄養を分解・吸収できていない状態なので、エネルギーを摂取する事ができません。

エネルギーを摂取する事ができなければ、筋力トレーニングをしても、筋力アップできないので注意する必要があります。

実際に、筋力トレーニングした後に、エネルギーを摂取できなければ、筋肉が分解されてしまうので、筋肉量が低下してしまいます。

筋肉はカロリーを消費する働きがあるので、そのような事になれば痩せづらい体質になってしまうので、気を付けて下さい。

ストレスの増加

下痢になってしまえば、お腹が痛くなってしまう上に、トイレへ何回も行かなくてはいけないので、ストレスをためてしまいます。

ストレスをためてしまえば、健康・美容の両面で大きなデメリットになるので注意しなければいけません。

健康面のデメリットとは、ストレスをためる事によって『ドーパミンシステム』が乱れてしまって、体に痛みが生じた時に緩和する事が難しくなってしまうのです。

美容面では、ストレスをためる事により血管が収縮してしまって、肌荒れの原因になってしまうので、注意したほうが良いでしょう。

食欲不振

下痢になっている状態では、食事をする事が難しくなってしまうので、多くの方たちは『食欲不振』になってしまいます。

しかし、食欲不振になってしまえば、必要な栄養を摂取する事ができなくなるので、さらに健康面で大きなデメリットになるので注意しなければいけません。

早めのうちに、規則正しい食生活をして、下痢の対策を講じなければ、食事をする事が難しくなってしまいます。

ソイプロテインを利用する際のポイント

ソイプロテインを利用したくても、下痢になる事が嫌な方は多いと思うので、どのようなポイントを抑えておけば良いのか紹介するので参考にしてみて下さい。

プロテインバーを利用

ソイプロテインは、粉を溶かすタイプもありますが、実は『プロテインバー』という種類もあります。

プロテインバーは、固形タイプになっていて、飲むものではなく食べるタイプになっているのです。

食べるタイプなので、牛乳を利用する必要がないので、下痢になりづらくなっています。

粉で溶かすタイプで、下痢になりやすい場合には、プロテインバーを検討してみる価値があります。

ただし、プロテインバーはお菓子のようなタイプなので、食べやすくなっている事から、食べ過ぎてダイエットを失敗するケースもあるので注意して下さい。

様々な商品を利用

粉で溶かすタイプを利用したい場合には、様々な商品を利用してみる事が重要です。

実際に、ソイプロテインの中には、水で溶かした時に粉が溶けやすいタイプもあれば、溶けづらいタイプもあります。

粉が溶けやすいタイプであれば、それほど苦く感じない商品もあるので利用しやすくなっているのです(個人差があるので注意)。

そのため、苦くなっている商品を購入した場合には、他の商品を、試してみる事をおすすめします。

下痢対策のポイント

ソイプロテインを飲んでいない時でも、下痢の対策を講じておかなければ、お腹の調子が悪くなってしまいます。

それでは、どのような所を注意すれば良いのか解説するので、みていきましょう。

腸内環境を改善

下痢になってしまう方で多いのが『腸内環境の悪化』です。

腸内で、悪玉菌が増えてしまえば、腸内環境が乱れてしまうので、下痢になりやすいので注意しなければいけません。

下痢の対策を講じるためには、発酵食品を取り入れたほうが良いです。

発酵食品の中には、ヨーグルトがあるので、下痢になってしまう事が心配になってしまう方は多いかもしれません。

しかし、牛乳で下痢になっても、ヨーグルトであれば下痢になりづらい方は多くいるので、試してみる価値があります(個人差があるので注意)。

ストレスを緩和

ストレスをためていけば『自律神経』が乱れてしまうので、腸の動きが鈍くなっていくのです。

腸の動きが鈍くなっていけば、下痢になりやすいので、早めのうちにストレスを発散する事が重要になります。

ストレスを発散する方法は、個人差があるので、スポーツをして発散できる方もいれば、外食をして発散できる方もいます。

そのため、自分が、どのような方法であればストレスを発散できるのか考えてから、行動したほうが良いです。

まとめ

ソイプロテインを飲んで下痢になってしまうケースはありますが、牛乳を併用しない事により、下痢になる可能性は低くなります。

牛乳を併用しなければ、苦く感じてしまう場合には、プロテインバーを利用したほうが良いでしょう。

プロテインバーであれば、食べやすくなっている上に、外でも利用しやすくなっているので、メリットが多いです。

参考URL・参考文献・根拠など

https://www.nagano.med.or.jp/genera…
https://yorozuantenna.com/lactose-i…
https://diamond.jp/articles/-/14538…
https://www.sCChr.jp/cms/wp-content…
https://fuminners.jp/karada/6806/