ランニング後にソイプロテインを飲む効果とは? ウォーキングでも飲んだ方が良い?

ソイプロテインは、筋肉トレーニングをしている方に飲まれれることの多いものです。

ですが、ランニングをした後に飲むのもおすすめで、ランニングをした後に飲むことで様々な効果を期待することができます。

ここでは、その様々な効果と、ウォーキングをする場合もソイプロテインを飲んだほうが良いのかについて説明していくので、興味のある方はぜひご覧ください。




プロテインは手軽にたんぱく質が摂れるもの

「プロテイン」という言葉は、英語では「たんぱく質」という意味になり、その意味通り、簡単手軽にたんぱく質を摂取することができるものになります。

たんぱく質は筋肉の材料になるため、筋トレやスポーツなどをしている人の多くは意識してたんぱく質を摂取しています。

食事でたんぱく質を摂ることは大切ですが、たんぱく質が豊富に含まれているものの多くは脂質も豊富に含まれており、食事でたんぱく質を摂取しようとすると、結果的に脂質も多く摂ってしまう場合があります。

一方、プロテインは、脂質はあまり含まれておらず、カロリーは低めです。

また、プロテインの種類によっては、たんぱく質だけでなくビタミンCやB、カルシウムや鉄分なども含まれており、バランスよく栄養素を摂ることができます。

プロテインの大きなメリットは、水や牛乳などに混ぜることで、たんぱく質を手軽に摂れることです。

食事でたんぱく質を摂る場合は、お肉やお魚の料理、大豆製品や乳製品などを用意する必要があり、料理をする場合は作るのに時間がかかってしまいます。

また、料理を食べるのにも時間がかかってしまいますが、プロテインでたんぱく質を摂取する場合は、シェイカーに牛乳や水などを入れ、そこにプロテインの粉を入れシェイクして飲むだけなので、手軽にたんぱく質を摂取することができます。

手軽にたんぱく質を摂れることから、筋トレやスポーツトレーニングなどでプロテインを摂っている方は多くいます。

ソイプロテインとは大豆が原料になっているプロテイン

プロテインは主に3種類あり、牛乳を原料にしているホエイプロテインとカゼインプロテイン、大豆を原料にしているソイプロテインがあります。

ホエイプロテインはホエイタンパクという成分が使用されているものであり、身体への吸収スピードが比較的早いのが特徴になっています。

それに対していカゼインプロテインは、カゼインタンパクという成分が使用されており、身体への吸収スピードがゆっくりなのが特徴となっています。

そして、ソイプロテインも身体への吸収スピードがゆっくりで、腹持ちが良いのが特徴になっています。




ランニングをした後にソイプロテインを飲む効果

では、本題に入ります。

ランニングした後にアミノ酸の粉末を摂る人は多くいますが、ソイプロテインを摂るのもおすすめです。

走った後にソイプロテインを飲むことによって様々な効果を期待することができます。

筋力が強くなる効果が期待できる

ランニングをしている時は筋肉に負荷がかかるため、ランニングをすると筋繊維は傷つき疲労します。

筋繊維が傷つき疲労した状態でたんぱく質を摂取すると、筋繊維の回復を促し、筋力が強くなる効果を期待することができます。

運動をするにはエネルギーが必要になり、ランニングのエネルギー源になるのは糖質や脂肪、たんぱく質です。

その中でも、主に糖質がエネルギーとして使用され、徐々に脂肪もエネルギーとして使用されれるようになります。

糖質や脂肪でエネルギーをまかなうことができなくなると筋肉を分解し、たんぱく質をエネルギーとして使ってしまいます。

筋肉が分解してしまうと筋肉量は減ってしまうので、筋肉の分解を防ぐために糖質を摂ることは大切です。

ランニング後は、糖質が不足してる状態になりやすいので、ランニング前だけでなくランニング後も糖質を摂るようにしましょう。

ソイプロテインには、たんぱく質だけでなく糖質も含まれているので、ランニング後にソイプロテインを飲むと糖質も補給することができ、筋肉の分解を防ぎやすくなります。

つまり、ランニング後にソイプロテインを飲むことで筋肉が減るのを防ぎ、筋肉の回復を促し、筋力を強くなる効果を期待できるのです。

疲労回復を促す効果が期待できる

頑張ってランニングをした後は、身体は疲労した状態になります。

その状態の時に、糖質やたんぱく質、ミネラルやビタミンなどをできるだけ早く摂ることによって、疲労回復を促すことができます。

ランニング後に、それらの栄養素を摂らないと、疲労回復が遅れやすくなります。

たんぱく質や糖質だけでなく、ビタミンやミネラルが含まれているソイプロテインの方が、疲労回復効果が促されやすいので、ビタミンやミネラルなども含まれたものを飲むと良いでしょう。

疲労回復するスピードが早くなれば、当然疲れは取れやすくなり、疲れが早く取れることで質の良いトレーニングを行うことができます。

つまり、疲労回復を早めることは、トレーニングの効率が良くなることに繋がるのです。

体調を整える効果が期待できる

ソイプロテインには、筋力を強くする効果や疲労回復を促す効果だけでなく、体調を整える効果も期待できます。

前述した通り、ソイプロテインにはビタミンやミネラルなどが含まれているものもあります。

たんぱく質やビタミン、ミネラルなどバランス良く摂ることは、体調を整える上で大切なことです。

たんぱく質や糖質だけでなく、ビタミンB、ビタミンC、鉄分、カルシウムなども含まれているソイプロテインなら、一度にそれらの栄養素を摂取することができ、体調を整えることに役立ちます。

ランニング後だけでなく就寝前もおすすめ

ソイプロテインは、ランニング後だけでなく就寝前もおすすめです。

就寝前にソイプロテインを飲むことによって、睡眠中の身体の回復を手助けすることができます。

睡眠中の身体の回復を手助けすることにより、疲労回復を促進し、疲労回復が促進されることによって筋肉も強くなることができます。

就寝前といっても、寝る直前に飲むと胃や腸に負担がかかるので、就寝30~60分前に飲むと良いでしょう。

就寝30~60分前に飲むことによって、ソイプロテインが吸収される時間帯が、成長ホルモン分泌のピークと重なり、身体が回復しやすくなります。

ウォーキング後も飲んだほうが良いのか

ウォーキングはとても優しい運動なため、普通に歩く分にはソイプロテインを摂る必要はありません。

ですが、ウォーキング後に飲んでも効果がないという訳でなく、ウォーキング後にプロテインを飲むと、身体を丈夫にするのを手助けしてもらえます。

そのため、ウォーキング後でもソイプロテインを飲んで損することはなく、食事を制限していてウォーキングを頑張っている方には、ウォーキング後にソイプロテインを飲むことをおすすめします。

摂取カロリーを抑えるために食事制限をしていると、体内の栄養素は不足しやすくなります。

栄養素が不足しやすいということは、糖質やたんぱく質、ビタミンやミネラルなどが不足しやすくなるということになります。

糖質が不足すると、代わりにたんぱく質をエネルギーとして使おうとするため、筋肉は分解されやすくなり、筋肉が減る原因になります。

そして、たんぱく質が不足することも筋肉が減る原因になり、ビタミンやミネラルなどが不足することは健康を害する原因になります。

ですから、食事を制限していてウォーキングを頑張っている方はソイプロテインを飲むと良く、ビタミンやミネラルなども含まれているものを飲むことをおすすめします。

まとめ

以上のことから、ランニングをした後にはソイプロテインを飲むことをおすすめします。

「プロテインを摂ると、太るのでは?」などと思う方もいますが、そのような心配をする必要はありません。

1日の摂取カロリーをしっかり管理していれば、プロテインを摂ったことが影響して太ることはないため、心配せずに飲んでください。

それでは、ランニング後にソイプロテインを飲み、丈夫な身体を作り、楽しいランニングライフを送りましょう。