朝食をプロテインバーに置き換えても良いのか悪いのか

たんぱく質が多く含まれている栄養補助食品として、ドリンクタイプのプロテインと 食べるタイプのプロテインバーがあります。

プロテインバーは噛んで食べるので、ドリンクタイプよりも満足感を得やすく、朝食をプロテインバーに置き換えたいと思う方もいることでしょう。

では、朝食をプロテインバーに置き換えても良いのでしょうか?






朝食をプロテインバーに置き換えても良い

プロテインバーはその名の通り、たんぱく質の含有量が多いスティック状の食品です。

たんぱく質の含有量は商品によって異なりますが、含有量が低いものでも10gくらいは含まれています。

たんぱく質は筋肉の材料というイメージがありますが、皮膚や内臓や髪などあらゆる部分の材料にもなっています。

そのため、スポーツをしていない方もたんぱく質をしっかり摂る必要があり、普通の人は1日、体重1kgあたり1gくらいのたんぱく質が必要だといわれています。

体重が65kgなら、1日65gくらいのたんぱく質が必要ということになります。

筋トレやスポーツなどで筋肉を酷使している方は、もっと多くのたんぱく質が必要になります。

それほどのたんぱく質を1日で摂るには、朝食でもしっかりたんぱく質を摂ることが大切です。

朝食でたんぱく質を摂取しないと、その分昼食や夕食でたんぱく質を補う必要があります。

つまり、朝食でのたんぱく質摂取量が少ないと、昼食や夕食でたんぱく質摂取量をカバーする必要があり大変なため、朝食をプロテインバーに置き換えても良いのです。

世の中、朝食を抜く方は多くいますが、朝食を抜くよりもプロテインバーを食べた方が遥かにマシです。

たんぱく質は健康のために必要

前述した通り、たんぱく質は筋肉だけでなく、他のあらゆる部分のために必要な栄養素です。

そのため、筋肉を強くするだけでなく、健康を維持したり高めたりするためにも必要で、美容のためにも必要な栄養素です。

たんぱく質が不足すると筋肉量が減るだけでなく、体調を崩しやすくなったり、病気にかかりやすくなったり、肌や髪などの質が悪くなったりしてしまいます。

健康を害すると活発的に動くことは困難になり、日常生活に支障をきたしてしまうことがあります。

肌や髪の質が悪くなれば、見た目が悪くなることことから気持ちは落ち込み、精神的に参ってしまうこともあります。

ですから、たんぱく質を毎日適量摂ることは大切であり、たんぱく質不足を補うことができるものがプロテインバーです。




できるだけちゃんとした朝食をとった方が良い

朝食をプロテインバーに置き換えても問題ありませんが、ちゃんとした朝食とプロテインバー、どちらを選べばベストなのかというと、ちゃんとした朝食の方です。

それはなぜかというと、プロテインバーだけを食べるよりも、ちゃんとした朝食を食べた方が栄養の面で良いからです。

ちゃんとした朝食の方がたんぱく質が多く摂れる

朝食が和食の場合、ご飯や焼き魚、納豆やみそ汁、卵などを食べることでしょう。

焼き魚を食べれば、しっかりたんぱく質を摂ることができますし、納豆や卵、みそ汁などでもたんぱく質を摂ることができます。

一方、朝食が洋食の場合、パンや目玉焼、ウィンナーやハム、サラダや牛乳などを食べるかと思います。

目玉焼き1つではたんぱく質の摂取量が少ないかもしれませんが、目玉焼き2つにしたり、牛乳を飲んだり、ウィンナーやハムなども食べれば、しっかりたんぱく質を摂ることができます。

また、エネルギーも十分に摂取できるので、プロテインバーを1個食べるよりも活発的に動くことができます。

そして、ちゃんとした朝食はプロテインバーよりもお腹に溜まるため、昼食までお腹が空きにくくなります。

ですから、プロテインバーとちゃんとした朝食、どちらを選ぶのがベストなのかというと、ちゃんとした朝食の方がベストになるのです。

ちゃんとした朝食はバランスよく栄養を摂りやすい

ちゃんとした朝食をとれば、たんぱく質やエネルギーだけでなく、ビタミンやミネラルなどもしっかり摂ることができます。

つまり、ちゃんとした朝食はバランス良く栄養を摂りやすいのです。

一方、プロテインバーは、たんぱく質はそれなりに多く含まれており、ビタミンBが含まれているものも多くあり、それらの栄養素を摂ることができますが、ちゃんとした朝食の栄養素にはかないません。

朝食にプロテインバーをプラスしても良い

朝食は食べるが、朝からあまり食べられないという方もいることでしょう。

そのような方は、朝の栄養が不足しがちになりますが、プロテインバーをプラスすることでたんぱく質や糖質などの栄養素を補うことができます。

つまり、少なめの朝食にプロテインバーをプラスすることで、栄養的にしっかり摂ることが可能なのです。

栄養がしっかり摂れることで元気に動くことができるため、朝食は小食になりがちの方にはプロテインバーをプラスすることをおすすめします。

しっかりした朝食の場合はプロテインバーは不要

しっかりとした朝食の場合は、わざわざプロテインバーを食べる必要はありません。

しっかりとした朝食にプロテインバーをプラスすると、食べ過ぎになる可能性があり、カロリーを摂り過ぎてしまう場合があります。

余計なカロリーを摂り過ぎると肥満に繋がる可能性があり、健康的にも良くないため、栄養バランスの良いしっかりとした朝食をとる場合はプロテインバーは食べない方が良いでしょう。

運動後が1番おすすめ

朝食をプロテインバーに置き換えるのは良く、朝食を抜くよりは遥かにマシです。

しかし、一番良いのは朝食をしっかり食べることです。

では、プロテインバーの最適な食べるタイミングとはいつなのかというと、運動後です。

運動後はエネルギーを消耗している状態であり、筋肉が疲労している状態でもあります。

そのような状態の時にプロテインバーを食べることで、筋肉の回復に必要なたんぱく質を摂ることができ、エネルギーも補給することもできます。

運動後、たんぱく質やエネルギーを速やかに補給することで、身体の回復を促すことができます。

ですから、運動後はプロテインバーを食べる最適なタイミングといえます。

間食にもおすすめ

1日3食きちんと食べていても、小腹が空く時があるでしょう。

小腹が空いた時に、チョコレートやスナック菓子、菓子パンなどを食べる方は多くいますが、それらを食べるとカロリーを摂り過ぎてしまうことがあります。

また、栄養面を見ても、糖質ばかり摂り過ぎてしまいます。

小腹が空いた時は、それらの物を食べるのではなく、プロテインバーがおすすめです。

プロテインバーは小腹を満たすことができる上に、たんぱく質などの栄養素を摂ることができます。

つまり、お菓子などを食べるよりもプロテインバーを食べた方が身体に良いのです。

プロテインバーを1個までに抑えればカロリーを摂り過ぎることもないため、間食にはプロテインバーが最適です。

子供のおやつにも最適

プロテインバーは子供のおやつにも最適です。

おやつでケーキやアイスクリームなどを食べるのも良いですが、栄養面を考えるとプロテインバーの方が良いです。

プロテインバーはたんぱく質を多く摂ることができるので、子供の成長に役立ちます。

プロテインバーといっても様々な種類があり、味のバリエーションも豊富にあるので子供好みの味を見つけやすく、おやつとして美味しく食べることができます、

まとめ

朝食を抜くのなら、朝食をプロテインバーに置き換えた方が良いですが、1番いいのはちゃんとした朝食を食べることです。

朝食が小食の場合は、プロテインバーをプラスしても良いでしょう。

また、ゆっくり朝食をとる時間がない時も、プロテインバーがおすすめです。

手軽にとることができ、たんぱく質が多く含まれているというプロテインバーのメリットを上手に活かしましょう。

参考URL・参考文献・根拠など

https://clrbar.com/proteinbar_life/
https://detail.chiebukuro.yahoo.co….