スーツケース・キャリーバッグの選び方

このサイトはスーツケース・キャリーバッグに注目した情報提供を行っています。

*

トレイルランニングで使うバックパックの選び方は?最適なものを見つけるための4のポイント

   

トレイルランニングは、舗装されていない山道など、自然の中を走るアウトドアスポーツです。

そこで使うバックパックを選ぶときは、きちんと自分に合うものを見つけなければなりません。

適当に選んで、不適切なものを背負うことになれば、デメリットに悩まされることがあるのです。

では、選び方のポイントについて、詳しく説明していきましょう。



私が絶対おすすめするリュックサック・バックパックランキングベスト12はこちら

スポンサーリンク

容量が合っているか

トレイルランニングで使うバックパックを購入するときは、外してはいけない条件に注目して選ぶことをおすすめします。

押さえるべきポイントをしっかりと押さえておけば、そう簡単に失敗することはありません。

容量は、その中でもかなり重要なポイントのひとつなので、見落とさずにしっかりチェックしておきましょう。

自分に合わない容量を選んでしまった場合、走ることを妨げてしまう可能性があり、トレイルランニングを純粋に楽しむことができなくなってしまいます。

これは、安定感が低下するためです。

例えば、自分の体に合わない大きなバックパックを選んでしまった場合、荷物をすべて詰め込んだとしても、スペースが余ってしまいます。

すると、走るときに中で大きく動くことになり、荷物の重みに引っ張られて、バックパックがグラグラと揺れてしまうのです。

あまり揺れるものを背負っていると、普通に走るだけでも違和感があるものですが、足場の悪いところを走り抜けるトレイルランニングの場合、揺れたことでバランスを崩し、転倒する危険も高くなります。

そのようなデメリットを防ぐためには、容量を適当に決めたりせず、なるべくちょうどよいものを選ぶようにしてください。

無駄にスペースが余らないものなら、中で荷物が踊ることはありません。

大は小を兼ねない

バックパックを選ぶときは、「大は小を兼ねる」ということわざを思い浮かべて、大きめのものにしてしまうこともありますが、そのような選び方は間違いです。

確かに、普段の生活の中では、そのことわざがぴったりなことも多くありますが、トレイルランニングで使うバックパックには、必ずしも当てはまるわけではありません。

小さすぎるよりは、大きい方がどんな荷物にも対応できますが、スペースが余ることによるデメリットは、どうにも解決できないのです。

したがって、トレイルランニング用のバックパック選びでは、本来のことわざとは逆に考えておくようにしましょう。

「大は小を兼ねない」ということを頭に入れて、むやみに大きなものを選ばないようにしてください。

使い方に合わせるのがベスト

トレイルランニングに不適切な容量のバックパックを避けるためには、漠然と選ぶのではなく、まず使い方を考えることが大切です。

それによって、どれくらいがちょうどよい容量なのか分かってきます。

ここで、「使い方もなにもトレイルランニング一択だ」と思った人は、それがどのようなトレイルランニングなのか、落ち着いて考えてみてください。

例えば、本格的な大会に出るわけではなく、あくまで練習のために使うのであれば、それほど入れるものは多くなりません。

その場合は、かなり小さめのバックパックでも困らないことになります。

また、冬場のトレイルランニングだと、防寒着が必要になるので、それなりに大きいものでないと全部詰め込むことができません。

そうなると、大きめのものを選んでも、スペースが余るようなことはないのです。

このように、使い方をはっきりさせておけば、自然とぴったりな容量がわかってきます。

失敗しないためには、自分がどんなトレイルランニングをするつもりなのか、選ぶ前に改めて考えてみましょう。



私が絶対おすすめするリュックサック・バックパックランキングベスト12はこちら

スポンサーリンク

通気性がよくなっているか

トレイルランニング用のバックパックを選ぶときは、「発汗の対策ができるか」というポイントについても、しっかりと考えておかなければなりません。

山道を走りぬけるとなれば、どうしても汗をかくものです。

夏場などは、特に発汗が激しくなるため、背中がとても蒸れることになります。

それは、痒みやあせもといったデメリットが発生しやすい状態なので、あまりひどく蒸れるようなものは、なるべく使いたくないものです。

蒸れを防ぐのであれば、通気性に注目して選ぶことをおすすめします。

バックパック背面の通気性がよくなっていれば、大量の発汗があっても、蒸れを軽減することができるのです。

メッシュ素材がおすすめ

バックパックの通気性をチェックするときは、背面の素材にどんなものを使っているか、よく見ておいてください。

背面の素材がメッシュになっていれば、とても風通しがよくなるため、蒸れをしっかりと抑えてくれます。

それなら、夏の暑い時期であっても、快適に走ることができるのです。

また、冷却素材を使った商品もおすすめです。

背中を適度に冷やしてくれるので、ひんやりとした涼しさがあり、暑くても気持ちよく背負うことができます。

ボトルホルダーはどこにあるか

トレイルランニングでは、水分補給が欠かせません。

何も飲まずにただ走り続けていると、体からどんどん水分が失われていき、脱水症状になってしまいます。

そのような危険を回避するためには、こまめに水分補給をしながら走ることが大切なのです。

しかし、ボトルホルダーが使いづらい位置にあったりすると、飲み物をすぐに取り出すことができず、スムーズな補給ができなくなります。

そうなると、「いちいち面倒くさいな」と感じてしまい、水分補給の量が少なくなる可能性もあるのです。

前面にあると便利

できるだけスムーズに飲み物のボトルを取り出すには、バックパックの前面にホルダーがあるものを探してください。

前にボトルを入れておけば、走りながらでも簡単に取り出して飲むことができるため、回数が減るようなことはありません。

ただし、人によっては、走るときに邪魔に感じてしまうこともあるので、あまり気になるようなら、背面に収納するタイプを選んでおきましょう。

ハイドレーションシステムがあるか

トレイルランニングの水分補給では、ハイドレーションシステムがあるバックパックも役立ちます。

ハイドレーションシステムとは、飲み物の入ったパックを背負い、口元まで伸びたチューブで吸うことができる便利な機能です。

これをうまく利用すれば、飲み物が背面にあったとしても、取り出しにくさにイライラするようなことはありません。

背負ったままで中身を飲むことができるので、手間がほとんどかからないのです。

また、チューブで少しずつ飲むことになるので、こまかい調整ができるというメリットもあります。

普通のボトルだと、つい多めに飲んでしまい、「最初に飲みすぎなければよかった」とあとから後悔することもありますが、ハイドレーションシステムを使った少量ずつの水分補給なら、そうした失敗は起こりません。

偏りの少ない理想的な水分補給を行うことができます。

さらに、飲み終わったあとにかさばらないことも嬉しいポイントです。

空になったものを小さくたたんでしまえば、場所をとらずに持ち歩くことができるので、走ることを妨げる心配はありません。

まとめ

トレイルランニングで使うバックパックは、どんなものでも便利に使えるわけではありません。

容量が合っていなかったり、水分補給がしづらいようなものだと、とても不便に感じることもあるのです。

そのようなものを購入しないように、ここで紹介した選び方のポイントは、しっかりチェックしておきましょう。

ポイントを押さえた選び方ができれば、自分にピッタリな使いやすいバックパックを見つけることができます。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - バックパック・リュックサック