スーツケース・キャリーバッグの選び方

このサイトはスーツケース・キャリーバッグに注目した情報提供を行っています。

*

快適に走ることができるバックパックを選ぶには?チェックすべき4つの特徴

   

バックパックは、登山や旅行などで利用するイメージが強いですが、ランニングをするときにも意外と重宝されています。

ただし、走るときに使うのであれば、適当なものを選んでしまうのはよくありません。

走ることを邪魔してしまう要素があったりすると、あまり便利に使うことができないのです。

では、ランニングに合うバックパックにはどんな特徴があるのか、詳しく説明していきましょう。

私が絶対おすすめするリュックサック・バックパックランキングベスト12はこちら

スポンサーリンク

体にぴったりフィットする

ランニングを妨げないような使いやすいバックパックを選ぶには、「体にフィットしているか」というポイントをチェックしてみましょう。

体にフィットしておらず、走るたびに背中で揺れ動くようなものでは、気になって快適に走ることができません。

バックパックが浮き上がってしまい、背中にパコパコと当たるようでは、集中を乱されてしまいます。

普通に歩くだけであれば、多少の動きなら我慢できることもありますが、ランニングのように激しく体を動かすときは、安定しないものを使うと、とても不便に感じてしまうのです。

また、肩のショルダーストラップが浮いていると、走っているうちにずれてしまい、落ちてくることも多くなります。

そのようなデメリットを回避するためには、自分の体に合っているバックパックを見つけるようにしましょう。

体にぴったりフィットするものなら、体を動かしていても、常に安定した状態になります。

それなら、気持ちよくランニングをすることができるのです。

フィッティングで見極める

自分の体に合ったバックパックを見つけるなら、見た目だけでなんとなく決めてしまうのはNGです。

「見た感じ大丈夫そうだったけど背負ってみたら合わなかった」という失敗は、決して珍しいものでありません。

また、値段が安いからといって、それだけで決めてしまうのも問題です。

出費を抑えることができても、もし合わないものだった場合は、またすぐに新しいものを買いたくなってしまい、結局は出費が増えてしまいます。

そんな失敗をしないためには、見た目や値段だけにこだわるのではなく、必ずフィッティングを行うようにしましょう。

フィッティングとは、店頭で実際に背負って確かめることであり、間違いなく体に合う商品かどうか、確実に判断することができます。

気になる商品があったら、即決する前に、まずは試してみてください。

ショルダーストラップと肩の間や、バックパネルと背中の間に隙間ができていないか、よく見て確かめるようにすると、きちんと体にフィットするものを見極めることができます。

余計な隙間があると、走るときに大きく動いてしまう可能性が高いので、なるべく密着するものを選ぶようにしましょう。

私が絶対おすすめするリュックサック・バックパックランキングベスト12はこちら

スポンサーリンク

通気性がよい

バックパックを背負って快適にランニングをするためには、汗のことを考えなければなりません。

走るときにはどうしても汗をかくことになりますが、その汗の対策ができないバックパックを選んだりすると、快適どころか、とても不快な思いをしながら走ることになってしまいます。

そこで注意したいのが、通気性の悪いバックパックです。

バックパックの通気性が悪かった場合、ランニングで大量の汗をかくと、背中がひどく蒸れてしまいます。

しかも、揺れを防ぐためにぴったり密着したものを使っていると、その蒸れはさらに悪化していきます。

そんな状態では、気持ちよくランニングをすることはできません。

蒸れた状態が長く続けば、かゆみを感じてしまうことも多く、ストレスがどんどん蓄積されてしまいます。

常にストレスを感じながら続けるランニングは、かなり辛いものがあるため、最初は長く継続するつもりだったとしても、耐えられずに投げ出してしまったりするのです。

そのようなデメリットを防ぐことができるバックパックを選ぶなら、通気性のよさを必ず確認するようにしてください。

メッシュ素材がおすすめ

通気性がよく、走るときのストレスを軽減してくれるバックパックを選ぶなら、背面の素材に注目してみましょう。

背面の素材がメッシュになっているものであれば、蒸れをしっかりと軽減してくれるため、背中にぴったりフィットしていても、それほど不快に感じることはありません。

速乾性が高いので、汗を吸っても乾きやすく、ジメジメした湿気を少なくしてくれるのです。

それなら、かゆみが気になって集中できなくなることもありません。

ランニングの汗対策には最適なので、快適に使えるものを探すなら、忘れずにチェックしておいてください。

中で荷物が動かない

走りやすいバックパックを選ぶのであれば、荷物の安定性もしっかり押さえておくことをおすすめします。

バックパックの中の荷物があまりに動きすぎるようだと、ランニングを邪魔してしまう可能性が高いのです。

例えば、隙間が多く、走る動きに合わせて荷物が振り回されるようなものを背負っていると、気になって走ることに集中できません。

荷物の重さによっては、バックパックが引っ張られるように感じることもあり、「どうにも走りにくいな」というモヤモヤを抱えたままランニングを続けることになってしまいます。

そのようなデメリットを防ぐためには、中に入れた荷物が動かないことを重視すべきです。

走るたびにバックパックの中を移動したりせず、きちんと固定しておくことができれば、ランニングを邪魔するようなことはありません。

適切な容量を選ぶ

バックパックの中の荷物が無駄に踊ってしまうときは、「容量が合っていない」という原因が考えられます。

つまり、無駄に大きなものを選んでしまったために、中がスカスカになってしまい、荷物が動き放題になってしまうというわけです。

荷物を固定しておくためには、ちょうどよい容量のバックパックを選ぶ必要があります。

ある程度ぴっちりと詰めることができれば、多少体を動かしても、中の荷物がぐちゃぐちゃになるようなことはありません。

そのためには、「どのようなランニングをするのか」ということも含めて考えてみましょう。

例えば、トレイルランニングのためにバックパックを買うとしても、本格的なレースに参加する場合と、練習程度の軽いランニングで使う場合とでは、必要になる荷物の量が違ってきます。

練習だけなら、小さいバックパックでも特に問題はありません。

また、レースに参加するとしても、飲み物の提供があるレースなら、自分で用意する必要がない分、バックパックのスペースを節約することができます。

そのように、自分がどんなランニングをするのか考えることで、最適な容量がわかってくるので、選ぶ前に改めて確認しておくようにしましょう。

水分補給が簡単にできる

ランニングに役立つバックパックを選ぶなら、水分補給のしやすさも、忘れてはいけないポイントになります。

走るときは大量の汗をかくため、放っておくと水分がどんどん失われていきます。

その不足分を簡単に補えることも、ランニングに向いているバックパックの特徴なのです。

水分補給のしやすさをチェックするときは、ボトルホルダーの位置をよく見ておきましょう。

あまり後ろの方にあると、取り出しづらくなってしまい、スムーズな補給ができないこともあります。

すぐに手が伸ばせる位置にあるものなら、ボトルの取り出しに手間取ったりせず、簡単に水分補給をすることができるのです。

ハイドレーションシステム

ハイドレーションシステムとは、水の入ったパックを背負い、そこから伸びたストローをくわえて飲むというものです。

この方法なら、ボトルを取り出す手間が省けるので、よりスムーズな水分補給が可能になります。

ランニングではよく使われている便利な機能なので、選ぶときはぜひチェックしてみてください。

まとめ

ランニングで使うバックパックを選ぶときは、適当に選んでしまうのではなく、ここで紹介したような特徴をしっかり見ておくことが大切です。

走っているときにひどく揺れたり、背中が蒸れやすいようなものは、快適なランニングを妨げてしまいます。

ランニング向きの商品の特徴をよく見て、なるべくデメリットが少ないものを選ぶようにすると、気持ちよく体を動かすことができるのです。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - バックパック・リュックサック