スーツケース・キャリーバッグの選び方

このサイトはスーツケース・キャリーバッグに注目した情報提供を行っています。

*

急な海外出張や旅行で、どんなキャリーバッグを選んでいいかわからない。 そんな時間がない人のためのキャリーバッグ特集。

   

例えば、急に海外出張の予定が入ったとします。

もし、手元に長期滞在用のキャリーバッグがなければ、相当あわててしまいますよね。

そもそも、そんな時に、ゆっくりキャリーバッグを選んでいる時間はないはずです。

これは、長期間の旅行でも同じでしょう。

長期滞在ともなると、通常のボストンバッグやビジネスバッグでは、代替できません。

やはり、長期間の渡航にはキャリーバッグが必要なのです。

今回は、時間がない人のために、とにかく読んですぐ参考になる記事を書いてみました。

なお、海外への出張や長期の旅行を想定しているので、記事内では7泊8日向けのキャリーバッグを紹介しています。



私が絶対おすすめするキャリーバッグランキングはこちら

スポンサーリンク

7泊8日向けのキャリーバッグに要求されるスペック

まずキャリーバッグの容量ですが、60~90Lあれば、長期滞在であってもまず大丈夫です。

走行性に影響するキャリーハンドルやキャスターも、きちんとチェックしましょう。

長時間、バッグを引くことはないと思いますが、走行性が悪いと肉体的・精神的にストレスがかかります。

また、海外に渡航する場合、TSAの施錠は必須です。

ただし、最近のキャリーバッグは、標準でTSA施錠を装備しているのであまり心配する必要はありません。

とはいえ、購入する際一応チェックするようにしてください。

では、早速時間がない人のために、おすすめのキャリーバッグを紹介していきましょう。



私が絶対おすすめするキャリーバッグランキングはこちら

スポンサーリンク

ヘイズNO.43430

日本のメーカー、マスターピースのキャリーバッグです。

容量はおよそ80L、サイズは縦71×横48×奥行32cmとなっています。

レザーと迷彩塗装の生地の組み合わせが個性的なキャリーバッグです。

底面のような負荷のかかる部分には、強化したナイロン糸を使用しています。

内部には、取り外し可能なクリアポーチやファスナー式の大型ポケットを装備しています。

またバッグ内には、PC収納に最適なスペースも確保されています。

付属しているキャスターは2輪式です。

収納性と機能性に優れたキャリーバッグに仕上がっています。

価格は、68、000円前後です。

メガマックス

ヒデオ ワカマツブランドのキャリーバッグです。

容量はおよそ105L、サイズは縦70×横56×奥行31cmとなっています。

容量は100Lオーバーですが、3辺の合計は157cmと無料預け入れサイズです。

この点が、「メガマックス」最大の特長でしょう。

外見はアルファベットの「X」をイメージさせる個性的なデザインです。

ボディには、軽くかつ強靭なポリカーボネートを採用し、キャスターには静音性を重視した新サイレント車輪を4基装備しています。

ファスナーには、壊れにくいダブルコイル型を採用しています。

荷物が多くても、無料で預け入れしたい人におすすめのキャリーバッグですね。

価格も23、000円前後とお手頃です。

サルサマルチホイール

ドイツ・リモワ社のキャリーバッグです。

容量はおよそ86L、サイズは縦74×横48×奥行26.5cmとなっています。

素材にポリカーボネートを使用することで、軽さと耐久性を実現しています。

キャスターには、全方向に走行可能なマルチホイールを装備しています。

ハンドルは、3段階で調整可能な仕様となっています。

海外への出張や旅行が多い人におすすめのキャリーバッグですね。

価格は63、000円前後となっています。

RONCATO UNO 100L

イタリア・ロンカート社のキャリーバッグです。

容量は約100L、サイズは縦78×横50×奥行30cmとなっています。

外見は、フェラーリをイメージさせるイタリアらしいデザインです。

ボディには、ヨーロッパ製の100%ポリカーボネートを使用しています。

またボディ表面には、傷を防止するための特殊加工も施してあります。

3.6kgと軽量でありながら、高い耐久性も兼ね備えたキャリーバッグです。

盗難から荷物を守るダブルファスナーも心強い味方ですね。

このキャリーバッグの最大の特長は何と言っても、内装を取り外して洗浄できる点です。

これは他のキャリーバッグには、ほとんどない仕様ですね。

万一、飲み物をこぼして、内装を汚しても洗濯できるので安心です。

価格は、63、000円前後となっています。

ファイアーライトスピナー69

アメリカ・サムソナイト社のキャリーバッグです。

容量は約73L、サイズは縦64×横47×奥行29cmとなっています。

サムソナイト社といえば、100年以上の歴史を誇るラゲージ(旅行用の鞄)界の老舗です。

世界で初めてキャスター付きのケースを発売したのも、サムソナイト社です。

ファイアーライトのボディには、カーブ素材が使用されています。

このカーブ素材は、ポリプロビレンの薄いシートを何層も重ねて作られた、サムソナイト社独自の特殊素材です。

このカーブ素材を使用する事によって、防水性、軽量性、耐久性を実現しています。

重量は、2.7kgと片手で持ち上げられる程の軽さです。

ハンドルはテレスコープ型(いわゆるT型)となっており、非常にスタイリッシュです。

キャスターは4輪で、車のホイールをイメージさせるデザインになっています。

キャリーバッグに、軽さと強さを要求する人におすすめしたい製品です。

実売価格は、75、000円前後となっています。

トランスポート・ローラー60L

アメリカ・パタゴニア社のキャリーバッグです。

容量はおよそ60L、サイズは縦64×横39×奥行30cmとなっています。

ボディには、丈夫なリサイクル・ツイル素材を使用しています。

ハンドルは格納式で、2基装備されているキャスターはスムーズな走行を可能にしてくれます。

内部には小物を分別して収納できるメッシュ製のディバイダーを装備しています。

60Lの容量を確保しながらも、非常にコンパクトなので、混雑した空港や駅などで威力を発揮するラゲージです。

実売価格は、39、000円前後となっています。

イノヴァスピナー75

サムソナイト社のキャリーバッグです。

容量は約100L、サイズは縦75×横53×奥行29.5cmとなっています。

ボディの表面には、ブラシ加工が施されており、独特のテクスチャーが印象的です。

ボディ本体には、ドイツ・バイエル社が開発したポリカーボネート製特殊素材「マクロロン」を使用しています。

この素材により、軽さと耐衝撃性を実現しています。

キャスターには、悪路にも強いダブルホイールの車輪を4基装備しています。

渡航先の舗装状況が悪い地域や石畳の多いエリアでも、しっかり移動をサポートしてくれます。

ロックも埋め込み方式にするなど、細かい部分まで機能性を重視した設計になっています。

実売価格は、53、000円前後です。

無印良品 ハードキャリー(87L)

無印良品のキャリーバッグです。

容量は約87L、サイズは縦75×横48.5×奥行28.5cmとなっています。

素材には、軽くて丈夫なポリカーボネートを使用しています。

キャリーバーは、1cm刻みで高さを設定できるので、自分好みのポジションに調整できます。

また、手元のボタンを押すだけでストッパーを作動させることが出来るのも非常に便利です。

斜面で一旦停止する時に重宝する機能ですね。

キャスターには、ダブルホイールの4輪を採用し静音性を実現しています。

ファスナーには、撥水加工を施すなど細かい部分の作りもしっかりしています。

価格は、25、000円前後となっています。

まとめ

今回紹介したキャリーバッグは、以下の通りです。

  • マスタピース ヘイズNO.43430
  • ヒデオ ワカマツ メガマックス
  • リモア サルサマルチホイール
  • RONCATO UNO 100L
  • サムソナイト ファイアーライトスピナー69
  • パタゴニア トランスポート・ローラー60L
  • サムソナイト イノヴァスピナー75
  • 無印良品 ハードキャリー(87L)

備えあれば、憂いなしと言います。

今回は、急な長期滞在でも、あなたを強力にサポートしてくれるキャリーバッグを紹介してみました。

この記事を参考にして、ぜひお気に入りのキャリーバッグを購入してください。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - キャリーバッグ