プロテインバーの良いところってどこ?特徴をしっかり紹介!

Premier Protein プレミア プロテイン プロテインバー バラエティパック(72g x 12本入り)海外直送

筋トレやダイエットに役立つプロテイン。

プロテインというと、多くの方は牛乳や水に溶かして飲むタイプのものを思い浮かべることでしょう。

プロテインは飲み物に溶かして飲むタイプが主流になっていますが、食べるタイプである「プロテインバー」というものも販売されています。

ここでは、プロテインバーの特徴を紹介していくので、興味のある方はぜひご覧ください。




プロテインバーって何

プロテインバーとは、たんぱく質が豊富に含まれた棒状のもので、コンビニやスーパー、ドラッグストアなどで販売されています。

お菓子のようなタイプが主流になっていますが、ソーセージのようなプロテインバーも存在します。

プロテインというと、「味が苦手」という方もいますが、多くのプロテインバーはおやつ感覚で美味しく食べることができます。

一般的なプロテインとの違いとは

プロテインバーは、牛乳や水などに溶かす必要がなく、袋を開けてすぐに食べることができるのが魅力です。

一般的なプロテインは、シェイカーに牛乳や水を入れ、粉末のプロテインを入れてシェイクして飲み、飲んだ後はシェイカーを洗う必要があります。

プロテインを作る作業や、容器を洗う作業は意外と面倒ですが、プロテインバーはそのような面倒なことは一切ありません。

袋を開けて食べ、袋をゴミ箱に捨てるだけなので、とても楽ですね。

また、1つずつ包装されていてコンパクトなので、カバンなどに入れて手軽に持ち運びすることができます。

一般的な粉末のプロテインを外出先で飲むために持ち運びする場合、シェイカーや水、粉末のプロテインなどを用意しなくてはいけないので、カバンの中がかさばってしまいます。

一般的なプロテインとプロテインバーの大きな違いは、一般的なプロテインが飲むのに対して、プロテインバーは食べることです。

飲むのではなく食べるので、それなりの満足感を得ることもできます。




特徴1.たんぱく質が多い

基本、プロテインバーは、他の栄養補助食品よりもたんぱく質が多く含まれています。

そのため、効率的にたんぱく質を取りたい時にプロテインバーは最適です。

また、たんぱく質が働くのに必要なビタミンB群が含まれている商品が多くあるのは、とても嬉しいことです。

お肉やお魚などでたんぱく質を摂取しようとすると、余計な脂質を多く摂りがちになりますが、プロテインバーは脂質が抑えられています。

脂質の摂取量を抑えることは、ダイエットや健康を維持するためには大切なことです。

お肉やお魚など食事でたんぱく質を摂ろうとすると、食べ終わるのに時間がかかり、そもそも食事は早く食べるのは良くなく、早食いすると胃腸に大きな負担がかかってしまいます。

プロテインバーは普通の食事と違って、比較的早く食べることができるので、素早くたんぱく質を補給することができます。

特徴2.とてもお手軽

肉料理や魚料理などは手軽に摂ることはできませんが、プロテインバーはタンパク質を手軽に摂取することができます。

家の中でも、外出先でも、いつでもどこでも手軽に素早くたんぱく質を摂ることができるという手軽さが、プロテインバーの魅力です。

仕事に行く時や遊びに行く時でも、コンビニなどで手軽に購入することができ、ちょっとした時間に手軽に素早くたんぱく質を補給することができます。

特徴3.小腹が空いた時に便利

食事と食事の時間が空き過ぎると、小腹が空きやすくなりますよね。

小腹が空くと、クッキーやチョコレートなどでお腹を満たす人は多くいます。

クッキーやチョコレートなどは小腹を満たすことはできますが、糖質を摂り過ぎてしまう心配があります。

小腹が空いた時にプロテインバーを食べれば、糖質を多く摂り過ぎる心配はなく、たんぱく質をしっかり補給することができます。

また、腹持ちが良く、満足感も得ることができるため、小腹が空いた時に食べるものとしては最適です。

たんぱく質をしっかり補給することにより、仕事や勉強などを頑張る力が湧いてくることでしょう。

おやつにピッタリ

プロテインバーはおやつにもピッタリです。

3時のおやつでは、ケーキや菓子パンなどを食べる方もいることでしょう。

ですが、そのようなものを食べると気になるのがカロリーです。

ケーキなどを食べると、カロリーを多く摂り過ぎてしまう可能性があり、カロリーの摂り過ぎは肥満に繋がります。

肥満は当然健康に良くないので、カロリーの摂取量には注意する必要があります。

3時のおやつとしてプロテインバーを食べれば、カロリーを摂り過ぎることはなく、身体作りに必要なたんぱく質をしっかり摂ることができます。

また、お腹をある程度満たすこともでき、お菓子のように美味しく食べることもできます。

そのような点や、健康の面からみても、プロテインバーはおやつにおすすめのものになります。

特徴4.もちろん運動にもピッタリ

プロテインバーは運動後のたんぱく質補給にもピッタリです。

筋トレをした後は、筋肉を回復させるためにたんぱく質を摂ることは大切ですが、プロテインバーなら手軽にたんぱく質を摂ることができます。

筋トレ後に素早くたんぱく質を補給することで、傷ついた筋肉を効率的に回復させることが可能になり、筋肉が効率的に回復することで効率的に筋肉をつけることができます。

筋トレだけでなく、ランニングをした後や野球をした後、サッカーをした後など、スポーツ全般にプロテインバーは最適です。

運動後すぐに食事を摂ることは結構難しいことで、運動後の栄養補給が遅くなればなるほど筋肉の修復は遅れやすくなります。

そのため、運動後はできるだけ早く栄養を補給することが大切ですが、プロテインバーなら袋を開けてパクっと食べるだけなので、運動後速やかに栄養を補給することが可能です。

たんぱく質は身体を作る材料になるため、スポーツをした後にたんぱく質を素早く摂ることは大切で、手軽に素早くたんぱく質を摂ることができるものがプロテインバーなのです。

特徴5.昼食をとる時間がない時に

プロテインバーは、昼食をとる時間がない時にも便利です。

仕事や用事などで昼食がとれないと、お腹が空いて栄養が不足することにより元気がなくなってしまいます。

元気がなくなると、活発的に活動することは難しくなります。

そのため、昼食をとることは大切ですが、忙しいと昼食をとるのが難しいですよね。

そのような時に便利なものがプロテインバーで、プロテインバーなら昼食をとる時間がない時でも手軽に食べることが可能です。

プロテインバーで栄養を補給することにより、活発的に動くことが可能になります。

特徴6.たんぱく質不足を感じた時に

普段の食事で、たんぱく質が不足していると感じた時もプロテインバーは最適です。

食事で、たんぱく質が含まれているおかずが少ないと、どうしてもたんぱく質は不足しやすくなります。

たんぱく質は、皮膚や髪、内臓や爪など、身体のあらゆる部分を構成するのに必要な成分です。

たんぱく質が不足すると健康を害する恐れがあるため、普段の食事でたんぱく質をしっかり摂ることは大切です。

プロテインバーをストックしておけば、たんぱく質が少ない食事をした時に、プロテインバーを食べることでたんぱく質を補うことができます。

そのように、たんぱく質不足を感じた時に、手軽にたんぱく質を補給することができるのも、プロテインバーの大きな魅力になっています。

まとめ

以上のように、プロテインバーの特徴はとても魅力的です。

一般的なパウダー状のプロテインとは特徴が大きく異なるので、場面によって一般的なプロテインとプロテインバーを使い分けると良いでしょう。

場面によって上手に使い分けることで、効率的にたんぱく質を補給することができ、身体作りや健康に役立てることができます。

プロテインバーにはチョコやバニラなど様々な味があるので、自分好みの味を選ぶと良いでしょう。