ソイプロテインの美味しい飲み方とは? その方法や効果を紹介!

ソイプロテインは、女性たちの間で高い人気を誇っていますが、実際に飲もうとしたら苦く感じてしまって、途中で挫折してしまった方は多いでしょう。

水では美味しく感じられない方が多い事から、ソイプロテインを飲む場合には、水で溶かさないで、牛乳で溶かして飲んでいる方たちは多くいます。

そこで、ソイプロテインを飲む方法や効果などをいくつか紹介するので、参考にしてみて下さい。

Amazon新生活セール<最大5000ポイント還元>(3/27~3/30)




ソイプロテインの飲み方

ソイプロテインを溶かす方法は、大きく分けて4つの方法があって、水・牛乳・スポーツドリンク・スイーツなどが挙げられます。

しかし、溶かし方によって、注意すべきポイントもあるので詳しく紹介しましょう。

水で溶かす方法

摂取カロリーを少しでも減らしたい場合には、ソイプロテインは水で溶かす方法が1番おすすめです。

なぜなら、水であればカロリーオフできるからです。

もしも、カロリーの多い物で溶かそうとしたら、ダイエットするためにソイプロテインを購入しているのに、お金を無駄に使ってしまう恐れがあります。

水で溶かす方法は、カロリーオフできる飲み方ですが、苦く感じてしまう方が多いのは事実です。

そのため、苦く感じる方は、フタを閉じた状態で入念にソイプロテインをシェイクして、飲むようにしましょう。

牛乳で溶かす方法

ソイプロテインを牛乳で溶かしたら、ミルクティーのように感じる事ができて、美味しく飲める方たちがいます。

しかし、牛乳で溶かした場合には摂取カロリーが多くなってしまうので、ダイエットしている方たちは注意しなければいけません。

摂取カロリーが増えてしまうのは、牛乳の大きなデメリットですが、カルシウムが豊富に含まれているのは見逃せないメリットと言えます。

なぜなら、ダイエットするために筋力トレーニングする際には、強い骨が必要になるからです。

骨を強くするためには、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)対策のために、カルシウムを摂取する飲み方は、おすすめです。

スポーツトドリングで溶かす方法

スポーツドリングで飲む方法がありますが、多くの方たちは「水で溶かした場合と味が変わらないのではないか」と思ってしまうかもしれません。

確かに、スポーツドリンクは牛乳よりもアッサリとした味になっているので、牛乳ほど味が変わる事はありません。

ところが、多くのスポーツドリンクは、ほのかに甘い味になっているので、ソイプロテインの苦味を少し緩和する働きがあります。

ただし、スポーツドリンクは栄養を早く吸収するという特徴があるので、ソイプロテインを飲んでから短時間で空腹になってしまう恐れがあるので、注意して下さい。

スイーツを利用する方法

スイーツを利用する方法は、スイーツ全体をソイプロテインと混ぜていくのではなく、スイーツの一部を混ぜていく方法になります。

たとえば、わらび餅の粉や、ココア味のお菓子の粉などを混ぜていく方法があります。

粉を混ぜる方法であれば、スイーツを食べるよりはカロリーを抑える事ができますし、ソイプロテインの苦味を緩和する事が可能です。




プロテインバーを作った場合のメリット

ソイプロテインを飲む事が、どうしても苦手な場合には『プロテインバー』を作る方法もあります。

作り方は、インターネットで紹介されているので、それを参考にしたら簡単に作れます。

実際に、ソイプロテインをプロテインバーとして作ったら、様々なメリットを得られるので、詳しく解説しましょう。

外でも気軽に利用

ソイプロテンを溶かす方法は、何種類もありますが、共通して言える事があって、それは溶かす物がなければ飲む事ができないという点です。

溶かす物とシェイクする物などが必要になる上に、溶かすまで時間をかけてしまいます。

そのため、外では簡単にソイプロテインを飲めないので、外で運動した後に飲みたい方は注意しなければいけません。

それに引き換え、プロテインバーとして作っておけば、外でも気軽に食べる事ができるので、利用しやすくなります。

コストカット

ソイプロテインだけではなく、多くのプロテインバーで言える事ですが、ある程度までお金をかけてしまいます。

それに引き換え、プロテインバーを作っておけば、様々な栄養素を加える事ができる上に、自分の好みの分量で作れるので、コストパフォーマンスがよくなります。

ソイプロテイン単体を購入するよりは、お金をかけてしまいますが、栄養素と出費のバランスを考えたら、プロテインバーを作っているほうがメリットは多いです。

プロテインバーを作った場合のデメリット

ソイプロテインをプロテインバーとして作った場合には、メリットもありますが、デメリットもあります。

そのデメリットを把握しないで、作ろうとしたら後悔する事になりかねないので、注意すべきポイントについて紹介しましょう。

料理にかかる時間

ソイプロテインをプロテインバーとして作ろうとしたら、時間をかけてしまうので、忙しい日々を送っている方は注意しなければいけません。

何回もプロテインバーを作ろうとしたら、途中で嫌になってしまうと思うので、そのような場合には、休日のうちに数日分のプロテインバーを作っておく事をおすすめします。

ある程度までプロテインバーをストックしておけば、平日は作っておく必要がないので、忙しい方でも長く作り続ける事ができるでしょう(作ったプロテインバーの保管には注意して下さい)。

季節に合わない種類

プロテインバーを作っている方たちは意外と多くいますが、その中にはチョコを使っている方もいます。

チョコを使えば、ソイプロテインの苦味を緩和する事はできますが、カロリーが増えてしまいます。

さらに夏場の季節では、チョコが溶けてしまう事になるので、チョコを使用した場合には、摂取カロリーや季節に注意したほうが良いです。

ソイプロテインを利用する際のポイント

ソイプロテインを美味しく飲む事ができても、いくつか抑えておかなければいかないポイントがあります。

そのポイントを抑えておけば、ダイエットが成功しやすくなるので、詳しく解説するので、ご覧になってみて下さい。

カロリー計算

ソイプロテインを牛乳またはスイーツなどを利用して飲もうとすれば、カロリーが増えてしまうので『カロリー計算』を行う必要があります。

1日の食事の総合消費カロリーを抑える方法と、1日の総合消費カロリーを増やす方法があるので、どちらを選ぶべきか考えたほうが良いです。

摂取カロリーよりも消費カロリーのほうが多くなれば、体重を減らしていく事ができるので、ダイエットをしている方は、カロリー計算を行うようにして下さい。

ただし、ダイエットには『停滞期』があるので、一時期だけ体重が減らない時もありますが、数週間も経てば再び体重が減るようになります。

テストステロン値

女性であればソイプロテインは利用しやすいのですが、男性が筋力トレーニングする場合には『テストステロン値』に注意して下さい。

なぜなら、ソイプロテインを飲んだら、テストステロン値が低くなってしまって、筋力アップしづらいからです。

テストステロン値は男性ホルモンで、ソイプロテインに含まれている大豆イソフラボンは、女性ホルモンに近い働きがあります。

そのため、男性で筋力トレーニングしている方は、あまり筋力アップできないという点は覚えておきましょう。

まとめ

ソイプロテインを飲む方法はいくつもあるので、苦味を抑える事もできます。

しかし、苦味を抑える事ができても、摂取カロリーが増えてしまう飲み方もあるので、ダイエットしている方は摂取カロリー量に注意して下さい。

もしも摂取カロリーが増えてしまう飲み方でなければ、ソイプロテインを利用できない場合には、運動をして消費カロリーを増やすようにして下さい。