プロテインバーで糖質制限!そのメリットや注意点とは?

inバー プロテイン ベイクドチョコ (14本入×1箱) プロテインチョコバー 手で溶けないしっとり焼きチョコタイプ 高タンパク10g

プロテインバーは、糖質量が少ないので『糖質制限』する事ができます。

最近では『糖質ダイエット』が注目を集めているので、糖質制限したい方たちは多くいるでしょう。

実際に、糖質制限したら様々なメリットを得る事はできますが、デメリットもあるので注意しなければいけません。

そこで、プロテインバーを利用して、糖質制限した場合のメリットや注意点について紹介するので、みていきましょう。






プロテインバーで糖質ダイエット

プロテインバーは、糖質制限しやすいので『糖質ダイエット』をする事もできます。

実は、糖質ダイエットとは糖質制限するだけでは行う事が難しいのです。

しかし、プロテインバーであれば糖質ダイエットを行いやすいので、その秘密に迫ってみましょう。

糖質をカット

糖質ダイエットとは、糖質をカットする必要があるので、糖質量が少ないプロテインバーを利用する代わりに、糖質の多い食材をあまり食べないようにすれば糖質ダイエットできます。

糖質の多い食べ物として有名なのが『お米』や『パン』です。

お米は日本人の主食なので、カットする事は難しいように感じるかもしれませんが、朝食だけでも、お米を食べないでプロテインバーを代用するだけで糖質カットする事は十分に可能です。

カロリーをカット

糖質ダイエットをする方たちの多くが、お米を食べる量を抑えています。

なぜ、糖質ダイエットが注目を集めているのかと言えば、体重を減らしやすいからです。

実際に、お米を食べる場合には、茶碗1杯だけでも200kcalを超えてしまいますし、コンビニのおにぎりでも200kcalに近いのです。

それに引き換え、プロテインバーは100kcal前後になっている物が多いので、簡単にカロリーまでカットする事ができます。

摂取カロリーが多くて、ダイエットできない場合には、プロテインバーはおすすめです。

タンパク質を摂取

糖質ダイエットは、お米を食べる量を減らす代わりに、おかずの量を増やす必要があります。

おかずと言えば、魚・豚・牛などの肉を食べている方は多いかと思いますが、これらの食べ物は『タンパク質』が豊富に含まれているのです。

実は、筋力トレーニングした後にタンパク質を摂取すれば、筋力アップしやすくなって、痩せやすい体質になります。

なぜなら、筋肉は脂肪とは違ってカロリーを消費してくれるので、筋力アップする事により消費カロリーが増えるからです。

プロテインバーは、糖質やカロリーが少なくなっている上に、タンパク質が豊富に含まれているので、糖質ダイエットしやすい食べ物と言えるでしょう。




糖質制限の注意点

プロテインバーを利用すれば、糖質制限しやすくなりますが、いくつか注意すべきポイントがあるので、何か問題が起きる前に詳しく紹介しましょう。

エネルギーが不足

私たち人間が、糖質を摂取したら、体内で『ブドウ糖』に分解されていきます。

ブドウ糖はエネルギーとして利用する事ができるので、私たち人間にとって必要不可欠と言えるほどの栄養素です。

ダイエットする方たちの多くは、筋力トレーニングをしたりランニングしたりしているかと思いますが、エネルギー量が少なくなっていたら、体を動かす事が辛く感じてしまいます。

実際に、筋力トレーニングやランニングをした後に、何も栄養を摂取しておかなければ、筋肉が分解されてしまうので注意して下さい。

低血糖症状

糖質の摂取量が少なくなっている状態が長く続いていたら『低血糖症状』を引き起こす恐れがあります。

低血糖症状とは、血糖値が正常範囲より下がっている状態で、空腹やだるさを感じてしまう症状です。

最悪のケースになったら、けいれんや昏睡状態に陥ってしまう場合もあるので注意しなければいけません。

低血糖症状に陥ってしまえば、車の運転をする事は凄く危険になってしまうので、糖質の摂取量を制限しすぎないようにしましょう。

脳に与える影響

ブドウ糖は、体を動かす際に使うだけではなく『脳』にとっても必要なエネルギー源となっています。

そのため、糖質の摂取量が少なくなっていたら、集中力が低下してしまうので、仕事や勉強の成果を上げる事ができなくなってしまうので注意しなければいけません。

集中力が低下している状態が続いていたら、意識がしっかりとしない状態に陥る可能性が高くなってしまうので、注意して下さい。

糖質制限のメリット

糖質制限は注意すべきポイントもありますが、ダイエットに成功できたら、様々なメリットを得る事ができます。

そのメリットを知れば、プロテインバーを利用する価値もよく分かると思うので、詳しく解説しましょう。

膝にかかる負担を軽減

肥満体型になってからダイエットしようとして、ウォーキングやランニングしようとしたら『膝痛』になってしまう事があります。

なぜなら、ウォーキングやランニングしようとしたら、上半身の体重の負担が膝に加わってしまうからです。

実際に膝に大きな負担をかけていたら、膝の軟骨がすり減ってしまって、痛く感じやすいので注意しなければいけません。

そのような事になれば、病院で診てもらう必要があるので、時間やお金を使ってしまう事になるので、糖質制限でダイエットするメリットは大きいです。

有酸素運動

糖質ダイエットして、体重が減っていけば、ウォーキングやランニングをしても、膝にかかる負担を軽減できます。

膝にかかる負担を軽減できたら、ウォーキングやランニングしやすくなるので、ダイエットしやすい体質にする事が可能です。

カロリーを消費する事ができれば、ある程度まで好きな食べ物を摂っても、太りづらくなるのでストレスをあまりためないで済みます。

そうすれば、ドカ食いを防ぎやすくなるので、効率よく体重を減らす事もできるでしょう。

おすすめのプロテインバー

プロテインバーは糖質量が少なくなっている物ばかりですが、その中でも、糖質量が少なくなっている商品を2種類まで紹介するので、参考にしてみて下さい(商品の値段は2019年4月28日時点の情報なので注意)。

ウイダー inバー プロテイン ベイクドチョコ

inバー プロテイン ベイクドチョコ (14本入×1箱) プロテインチョコバー 手で溶けないしっとり焼きチョコタイプ 高タンパク10g

『ウイダー inバー プロテイン ベイクドチョコ』は、1本当たりの栄養成分が、糖質11.1gになっています。

糖質がわずか11.1gになっているので、糖質制限しやすいプロテインバーになっているのです。

さらに、しっとりとしたチョコタイプになっているので、甘い味になっている上に、暑い夏場の季節でもチョコが溶けづらくなっているのです。

このように利用しやすい商品でも、Amazonでは14本入りで、税込価格1,980円で販売されています。

Quest Nutrition プロテインバー

Quest Nutrition(クエストニュートリション)プロテインバー クッキー&クリーム プロテイン21g配合 60g(2.12oz) 12本入 [海外直送品]

『Quest Nutrition プロテインバー』は、1本当たりの栄養成分が、エネルギー190kcal・糖質4gしかありません。

本商品は、ココアパウダーやアーモンドを利用しているので、少しだけ甘めの味になっているので、甘すぎる食べ物が苦手な方から苦い物が嫌いな方まで食べやすいプロテインバーになっています(個人差があるので注意)。

値段のほうは、Amazonでは12本入りで、税込価格2,999円で販売されています。

まとめ

プロテインバーは糖質量が少なくなっているので、置き換えダイエットする事によって、簡単に糖質制限する事ができます。

しかし、糖質の摂取量があまりにも少なくなってしまえば、集中力が低下してしまいますし、最悪のケースでは低血糖症状に陥ってしまうのです。

そのため、プロテインバーで糖質制限する際には、あまり無理をしないようにしましょう。

参考URL・参考文献・根拠など

https://www.ilacy.jp/miwako/post_19…
https://www.riviera.co.jp/features/…
https://www.diabetes.co.jp/insulint…
http://www.medifoods.jp/blog/post-7…
https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A6%…
https://www.amazon.co.jp/Quest-Nutr…