ダイエット中でも安心!プロテインバーが間食に役立つ理由

ダイエットを頑張っている人にとって、間食は敵だと敬遠している人も多いはずです。

おやつに食べる物を工夫するだけで、実はダイエットにも良い効果を与えてくれます。

そんなダイエット中の間食にぴったりなのがプロテインバーで、ドリンクタイプのプロテインよりもメリットが多いです。

いかにダイエット中の間食に役立つかについて、紹介しましょう。






プロテインバーの効果

プロテインとはたんぱく質のことで、ダイエット中にはとても重要になってきます。

たんぱく質は肉類や魚類、乳製品などに多く含まれていて、カロリーが高いものが多いです。

食事制限のダイエットをしていると、どうしてもカロリーの高いものを避けるようになり、たんぱく質不足になってしまいます。

しっかりとたんぱく質が取れていないと体は筋肉を分解して補ってしまいますから、体が貧弱になったり代謝が悪くなります。

プロテインバーはそんなたんぱく質を手軽に補うことができて、たんぱく質不足を解消するのにぴったりです。

筋肉の分解を阻止してくれて代謝が落ちるのをストップできますから、ダイエットの効果もしっかり出るようになります。




間食を我慢して空腹が続くとよくない

ダイエット中にカロリーオーバーするのを心配して、間食を止めてしまう人も多いです。

昼食から夕食までの間が長くなりますから、どうしても空腹感を感じやすくなります。

この空腹感が長時間続くというのが、実はダイエットにはあまりよくありません。

血糖値が低下していますから余計に空腹感を感じやすくなり、夕食などを食べる量が増えてしまいます。

血糖値の急上昇と急降下が起こりやすくなりますし、体が脂肪をためこもうとする体質になってしまいます。

代謝も低下しやすくなり運動してもしっかり脂肪が燃焼されず、頑張っている割にはダイエットが進まないという結果になります。

筋肉が分解されて使われやすいのも空腹時が多いですから、余計にダイエットには不利になりやすいです。

プロテインバーと粉末プロテインの比較

間食代わりに粉末のプロテインを水などに溶かして、飲んでいるという人も多いです。

お菓子よりも圧倒的に低カロリーですから、太りにくくてダイエットにも役立ってくれます。

そんな粉末プロテインよりも、間食にはプロテインバーの方が優れている点がいくつかあります。

味がおいしくておやつ感がある

飲むプロテインよりもプロテインバーの方が、味がおいしくて食べやすいです。

味のバリエーションが豊富で飽きにくいですし、噛んで食べるので食べ応えもあります。

チョコ味だったりウエハースが使われていたりなど、お菓子代わりに食べられるのでおやつ感があります。

飲むプロテインは癖があるものも多くて、牛乳などに溶かしたりはちみつを加えないと飲みにくいものも多いです。

味のおいしさは続けやすさにもつながりますから、飲むプロテインよりもおいしいプロテインバーの方が間食向きです。

すぐに食べられて面倒ではない

粉末プロテインはシェーカーを取り出して、水や牛乳に溶かしてシェイクしないと飲めません。

ゆっくりと時間のある時ならいいですが、忙しい時や外出先では作ったり飲んだりするのが面倒です。

飲んだ後は洗い物も出ますから、片付けまで面倒に感じてしまいます。

プロテインバーは袋を開けてサッと取り出し、その場ですぐに食べられます。

準備も後片付けも不要で、手間なくすぐに食べられるのがメリットです。

欲しくなった時にいつでも買える

プロテインバーはスーパーやコンビニなどでも売っていますから、間食用にすぐに買うことができます。

値段もお手頃価格でそれほど高くありませんから、お財布にも優しいです。

粉末プロテインが切れたら、売っているところを見つけるのは結構大変です。

ネット通販で購入している人なら、手元に届くまで数日ほどかかってしまいます。

欲しい時にすぐに手に入るという点で、プロテインバーの方が優れています。

適度にたんぱく質が補えてダイエット向き

たんぱく質含有量は、飲むプロテインの方が圧倒的に多いです。

ダイエットのために筋トレやスポーツをしている人などには、運動前後に飲むプロテインを取り入れる方が効率的です。

普通に食事などを減らしてダイエットしている人なら、食事から不足している分のたんぱく質を補えれば十分です。

プロテインバーに含まれているたんぱく質は10gから20g程度ですから、間食として補うには最適な量です。

特に置き換えダイエットなどをしている女性にとっては大助かりで、間食のストレスを和らげてたんぱく質まで補えてしまいます。

間食向けのプロテインバーと選ぶポイント

プロテインバーの種類によってはカロリーが高かったりなど、ダイエット中には向かないタイプもあります。

そこで、安心して間食に食べられる選び方のポイントを紹介しましょう。

好みの味かどうか

間食は長時間の空腹を防いで小腹を満たすのにも効果的ですが、やはりほっとひと息付いて、おやつを楽しむというのも大事です。

おいしくリラックスして食べるためにも、味にはこだわりましょう。

全体の味や食感、入っているものなど、タイプによって大きく違っています。

高いものではありませんから色々と試してみて、好みの味のものを見つけましょう。

たんぱく質の含有量に注目

ダイエットサポート効果にも期待したいですから、たんぱく質がどのくらい入っているかをチェックしましょう。

あまりにも少なすぎるとたんぱく質不足が解消されず、代謝の低下や筋肉の衰えが進んでしまいます。

最低でもたんぱく質が10gは入っているものを選んで、効率よくたんぱく質を補ってあげましょう。

糖質の含有量に注意

ダイエット中に避けたいのが糖質です。

糖質の取り過ぎは脂肪を増やしてしまいますから、太りやすくなります。

プロテインバーは種類や入っているものによっては、糖質の量がぐんと増えてしまいます。

特に甘みのあるおやつタイプだと、糖質の含有量が高いものが多いです。

成分表示などをしっかりチェックして、糖質が少ないものを選びましょう。

カロリーをしっかり確認する

プロテインバーは種類によっては、お菓子なみにカロリーが高いものもあります。

特に甘みがあるタイプや、中に色々と入った食感がいいタイプなどには要注意で、カロリーがどのくらい含まれているのかをチェックしましょう。

せっかく頑張って食事制限していても、カロリー取り過ぎになってしまうと当然体重も増えてしまいます。

ダイエットには逆効果ですから、しっかりとカロリーチェックをして、低カロリーなものを選びましょう。

他の栄養が一緒に取れるものがおすすめ

たんぱく質だけでなく、他の栄養が含まれているものだと健康にも役立ってくれます。

ビタミンやミネラルなどがプラスされているタイプなら、たんぱく質と共に栄養補給ができてしまいます。

特にダイエットには効果的なビタミンB群が豊富なタイプなら、代謝アップに効果的です。

公式サイトやパッケージの裏の成分表示を気にして、他の栄養にも目を向けてみましょう。

まとめ

プロテインバーはお菓子のようにおいしく食べられますから、まさにダイエット中の間食にぴったりです。

おやつを食べてしまったという罪悪感もありませんし、栄養補給という面からもメリットがあります。

チョコ味など甘みがあるタイプもありますから、甘い物が止められない女性にも向いています。

低カロリーでダイエットサポートにもなりますから、1本のプロテインバーで空腹を満たしましょう。

参考URL・参考文献・根拠など

https://oggi.jp/192061
https://thebest-1.com/a244/
https://polipoliweb.com/blog/lowcar…