部活動をした後やスポーツ後にプロテインバーがピッタリな理由

BSN シンサ6 プロテイン クリスプ バラエティ パック 5種類×2 10 Bars (Syntha-6 Protein Crisp 5 Flavor Variety Pack)

多くの学校には部活動があり、特に中学生になると多くの方が部活に入ります。

部活といっても運動系や文化系など色々ありますが、部活動をした後におすすめなものがプロテインバーです。

プロテインバーは部活をした後の疲れた身体にピッタリなもので、スポーツをしている社会人にもピッタリなものです。

ここでは部活動をした後やスポーツ後にプロテインバーがピッタリな理由を紹介していくので、興味のある方はぜひご覧ください。






運動部で酷使した筋肉の回復にプロテインバー

小学校や中学校、高校や大学には部活動があり、部活動に励んでいる学生は多くいます。

運動部としては、野球やサッカー、バスケットボールやバレーボール、陸上競技や剣道などがあり、それらの運動を一生懸命行うと筋肉を酷使することになります。

筋肉を酷使すれば身体は疲労し、筋組織は破壊されてしまいます。

破壊された筋組織の修復にはたんぱく質が必要であり、たんぱく質を補給して筋組織を修復することで筋力を強くすることができます。

そのため、部活動で運動した後はたんぱく質を摂ることが大切ですが、部活動をした後すぐに食事をすることは難しいものです。

そこでおすすめなものがプロテインバーで、プロテインバーなら部活動で運動した後すぐにたんぱく質を補給することができます。

運動した後すぐにたんぱく質を補給することで、筋組織の修復が促進されやすくなり、身体の回復を早めることが可能です。

身体の回復が遅いと、いつまでたっても質の良いトレーニングを行うことができませんが、身体の回復が早まれば短いサイクルで質の良いトレーニングを行うことができるようになります。

簡単手軽にたんぱく質の補給

一般的な粉状のプロテインは、水や牛乳などと混ぜる必要があるため、プロテインだけでなく混ぜる飲み物やシェイカーも用意する必要があります。

自宅で一般的なプロテインを飲む場合は特に問題ありませんが、外出先で飲む場合は、それらを持ち運ぶ必要があるため結構面倒です。

また、シェイクする必要があるのでプロテインバーよりも手間がかかります。

一方、プロテインバーの場合は、一個一個包装されており、あけてパクっとすぐに食べることができます。

個装されていてコンパクトなため持ち運びしやすく、外出先でも手軽に食べることができます。

つまり、プロテインバーは、どこでも手軽にたんぱく質を摂ることができるものなのです。




部活動をしてお腹が空いた時にプロテインバー

学校で勉強して部活動をした後はお腹が空くかと思います。

しかし、家に帰って食事するにしても、家に帰るのに時間がかかり、家に帰るまでお腹がペコペコだと辛いですよね。

そのような時に最適なものがプロテインバーで、プロテインバーは固形物なため、プロテインバーを食べればある程度お腹を満たすことができます。

お腹をいっぱいにすることはできませんが、お腹がペコペコな状態からは抜け出せるので、部活動後のお腹が減った状態の時にプロテインバーはおすすめです。

エネルギー補給になるだけでなくたんぱく質も摂れるので、筋肉の修復に役立ちます。

文化系の部活でも

身体を活発的に動かさない文化系の部活にもプロテインバーはおすすめです。

運動しない文化系の部活動でも、終わった後はお腹が空くかと思います。

お腹が空いたからといってお菓子や菓子パンなどを食べ過ぎてしまうと、家に帰った後の夕食が食べられなくなってしまいます。

プロテインバーは少しお腹を満たす程度なため、部活動が終わった後に食べても夕食に影響しないことでしょう。

お腹を少し満たすだけでなく、たんぱく質も摂ることができるので、成長期である学生の成長に大いに役立ちます。

スポーツをしている社会人にもプロテインバーは最適

プロテインバーは部活動をしている学生だけでなく、スポーツをしている社会人にも最適なものです。

スポーツをした後の身体は疲れているため、栄養素を欲している状態でもあります。

その状態の時にたんぱく質などの栄養素を摂取することによって栄養素が吸収されやすく、身体の回復を促すことができます。

多くのプロテインバーには、たんぱく質だけでなくビタミンBや糖質も含まれているので、スポーツ後の疲労した身体にピッタリなのです。

スポーツジムでのトレーニングにも最適

仕事が終わった後スポーツジムに行き、トレーニングに励んでいる方もいることでしょう。

仕事が終わった後は小腹が空いて力が出ないと、質の良いトレーニングを行うことはできません。

しかし、スポーツジムで動く前にちゃんとした食事をすると、運動中にお腹が痛くなったり、動きにくくなったりしてしまいます。

プロテインバーを利用すれば、小腹を満たし、運動するためのエネルギーを摂ることができ、胃腸への負担は少ないので、トレーニングで力を出しやすくなります。

身体作りに良いたんぱく質も多く含まれているため、筋肉を強くすることにも役立ちます。

スポーツジムでのトレーニング前だけでなく、トレーニング後もプロテインバーは最適で、トレーニング後の栄養素を欲している状態で速やかにたんぱく質や糖質などを摂ることができます。

トレーニング後、速やかにたんぱく質などの栄養素を摂ることは、筋肉の回復を促すことに繋がるため、スポーツジムでのトレーニング後もプロテインバーは最適です。

マラソン大会で走った後もおすすめ

プロテインバーは、マラソン大会後のたんぱく質やエネルギー補給にもピッタリです。

マラソンを走った後はエネルギーが不足している状態であり、筋肉が傷ついている状態でもあります。

特にフルマラソンの場合は、とても距離が長いので、筋組織が酷く傷ついてしまいます。

そのような状態の時に速やかに栄養補給をしないと身体の回復が遅れてしまい、翌日や翌々日の生活に支障をきたしてしまいます。

ですから、マラソン大会でゴールした後は、できるだけ早く栄養を摂ることが大切で、特にたんぱく質や糖質などが必要になります。

たんぱく質は破壊された筋肉の修復に使われ、糖質はエネルギーの補給になり、疲労した身体の回復を促すことができます。

多くのプロテインバーには、たんぱく質が10~15gほど含まれており、糖質も含まれていて手軽に食べることができるので、マラソン大会で走った後にもプロテインバーはおすすめなのです。

勉強での夜食にもおすすめ

テスト勉強や受験勉強などで夜遅くまで勉強していると、小腹が空くかと思います。

小腹が空くと勉強に集中することができなくなる場合があるため、何か食べることが大切ですが、その際食べる物としてプロテインバーがおすすめです。

普通の量を食べたり、食べ過ぎたりすると眠くなってしまうことがあり、逆に勉強に集中できなくなることがあります。

プロテインバーなら量はそれほどないため、お腹が満たされることで眠くなるようなことはないでしょう。

また、ある程度お腹を満たすことができ、身体に良い栄養素が含まれているので、健康にとっても良いものです。

ですから、プロテインバーは勉強する時の夜食にもピッタリなのです。

しかし、何本も食べるとお腹がいっぱいになって眠くなってしまう場合があり、たんぱく質の摂り過ぎにもなってしまうので、夜食で食べるなら1本までにしておきましょう。

まとめ

部活動が終わった後はお腹がペコペコで、夕食まで食べ物を我慢するのは結構辛いですよね?

そこでおすすめなものがプロテインバーで、プロテインバーは量がそれほどなく、ある程度お腹を満たすことができ、たんぱく質が豊富に含まれているので、部活終わりに食べるのにピッタリです。

スポーツジムで運動した後やマラソン大会でゴールした後でも手軽に食べることができるので、プロテインバーを上手に利用してたんぱく質を補給しましょう。

参考URL・参考文献・根拠など

https://www.morinaga.co.jp/in/bar/