スーツケース・キャリーバッグの選び方

このサイトはスーツケース・キャリーバッグに注目した情報提供を行っています。

*

仕事用にビジネスバッグとしてキャリーバッグを使用したい人に

   

Samsonite サムソナイト PFT MOBILE OFFICE キャスター付 ビジネスバッグ

旅行や買物に便利なバッグとして、すっかりおなじみになったキャリーバッグです。

移動は楽だし荷物がある程度重くても、問題にならないしで、あらゆる年代のあらゆる用途に用いられるようになりました。

そして昨今では、ビジネスマンの仕事用としてのバッグとしても、活躍し始めました。

実際外回りのビジネスマン、荷物は結構多いものです。

キャリーバッグなら楽に動き回ることが出来ますね。



私が絶対おすすめするキャリーバッグランキングはこちら

スポンサーリンク

ビジネスマンの荷物はかなり多く重い物

外回りや営業のビジネスマンの荷物というのは、それ以外の人が思うよりもかさばるし重いものです。

仕事の殆どがデジタル化している今でも、やはり紙の書類は必要不可欠ですし、カタログなども販売には重要なアイテムと言えます。

筆記用具やちょっとした雨具、加えてビジネスマンに必須の日用品などあれこれ加えると、重さもかさもかなりのものになってしまうのです。

そしても勿論、今の世の中デジタル機器、パソコンやスマホは勿論手放せない道具です。

これらが結構重いので、移動の時に荷物として運ぶのが辛いというのは言うまでもありません。

ビジネスバッグだと流石に長時間の移動はきつい、と思っている人もいるでしょう。

そんな時に、キャリーバッグの利用はビジネス最前線で活躍する人の、大きな助けになってくれるでしょう。



私が絶対おすすめするキャリーバッグランキングはこちら

スポンサーリンク

キャリーバッグをビジネスバッグ代わりに

しかしキャリーバッグと言えば、旅行や買物の時に使用するものという感覚があるものです。

普段の仕事の時に使うのは、大きすぎるしいくらなんでもちょっと大げさではないか、と思う人もいるでしょう。

しかし今のキャリーバッグのサイズも色も素材も、非常に多岐にわたっています。

仕事に使用するものなら、落ち着いた色合いで素材もしっかりした物を選びたいですが、そういった品も勿論市場に多く出ています。

それに加えて、ビジネスバッグとしての使用が目的で作られた、キャリーバッグも勿論ありますので、日々の移動に疲れているビジネスマン諸氏は検討なさってみてはいかがでしょう。

キャリーバッグをビジネスバッグとして利用するメリット

ではキャリーバッグを利用することのメリットは何でしょう。

移動がらくらく重さが気にならない

なんと言っても最大のメリットは、移動の問題です。

ほとんど1日中外回りしているビジネスマンの場合特に、手に持って運ぶビジネスバッグはその重さで段々と辛くなってくるものです。

また取引先など回れば、中身の書類やカタログが増えてくることもあります。

特に紙製品は、まとまると本当に重いものです。

キャリーバッグならこの重さの問題を解決してくれるというわけです。

パソコンなども、保護ケースを加えると重量は増えてしまうものです。

疲れた背中を見せないためにも、出来るだけ楽に移動をするためにキャリーバッグの使用はいかがでしょうか。

いくつも荷物を手に持たずに済む

こう言っては何ですが、幾つもの荷物を手に持って運んでいるビジネスマン、あまりスマートに見えないことも事実です。

加えて、すぐに手が自由に使えるかどうかというのも、安全面では重要な事です。

キャリーバッグなら完全に片手は空きますし、キャリーバーを離すことですぐに両手が使えます。

荷物が増えても、キャリーオン出来るバッグを用意しておけば、キャリーバーにセットが出来ます。

手元がすぐに自由になるというのは、事故を防ぐためにもかなり重要な事です。

また手持ちのビジネスバッグだと、何か取り出す時にいちいちどこかに置かなくてはなりませんが、キャリーバッグならその心配もなく使えますね。

ビジネスで利用するキャリーバッグはどう選ぶ?

さすがに旅行用のものなど転用するのは、いささか難しいと言えます。

専用のキャリーバッグを用意したいものですね。

サイズをしっかりと選ぶ

普通のビジネスバッグだと、A4 の書類が余裕で入る、もしくは手持ちのパソコンが余裕で収まるサイズのものを選ぶのが、一番のおすすめになります。

またビジネスバッグ自体、それを計算して作られていますので、外部で使用するパソコンのサイズさえしっかりと把握して、収納できることが確定できればまず問題ありません。

しかし普通のキャリーバッグをビジネス目的で使用する場合は、サイズからまずチェックしましょう。

基本、ビジネスバッグと同じサイズのものを選べば大丈夫です。

ただ外見サイズだけだと、素材によっては収納のサイズとかけ違ってくることがありますので、その辺りも要チェックポイントですね。

パソコンのことも忘れずに、サイズを選んでください。

素材を検討する

ビジネスバッグの場合、手に持って運ぶもしくは肩にかける、リュックタイプのものなら背中に背負って運ぶことになります。

それに比べてキャリーバッグは、転がして移動をするわけです。

つまり、バッグが地面に近い事になります。

大切な書類やパソコンの入ったバッグですので、地面に近い位置の移動であることも考えて、素材はしっかりしたものを選ぶのがおすすめです。

ハード素材のものか、ナイロン素材でもしっかりと芯が入ったいいでしょう。

加えて、やはり地面に近いことから汚れなどもつきやすく、また濡れる可能性も高いので、撥水加工済みのものを選ぶことも忘れないようにしてください。

4輪の物を選ぶ

特に街中を移動することの多いビジネスマンです。

2輪のもので後ろに引きずって移動していると、人の多い特に都心部などでは事故の元になります。

4輪のものを、身体に引きつけるようにして歩きたいものですね。

また中身の安全性からも、当人の目が届かない後ろに引きずるのは、止めたほうが無難です。

4輪のものをスマートに使用してください。

キャリーバッグをビジネスバッグとして利用するときの注意

このように便利で使い勝手のいいキャリーバッグですが、でもいくつか使用上の注意点も無いとは言えません。

人混みでは事故の無いように気をつける

人混みでキャリーバッグを転がす場合、4輪のものでも2輪のものでも、自分の身体に引き寄せて移動するのは勿論のことです。

加えて、あまりに混雑したところでは、キャリーバーをしまって手で運ぶようにしましょう。

キャリーバッグの使用で最も問題になっているのが、移動の時に後ろを歩いている人の邪魔になったり、足を引っ掛けたりすることです。

特にビジネスマンの場合、街中の移動が多いわけですので、ここは充分注意しておきましょう。

防犯の面からも、しっかりと目の届く自分の脇に引き付けておくのが、最もおすすめです。

地面からの振動に注意

地面と近い位置の移動になるキャリーバッグです。

最も問題になるだろうことは、精密機器にこの振動が与える影響でしょう。

手持ちやショルダーに比べるとどうしても、目の届きにくい足元にある荷物になります。

ひょっとして気が付かないうちに、何かにぶつけるということもないではありません。

勿論ビジネス用途のキャリーバッグの場合、パソコン収納場所もちゃんとありますが、それに加えてもう一つ保護ケースや緩衝材の使用をおすすめしたいです。

特に段差の大きい場所、バリアフリーになっていない歩道の際など、充分に注意して使用していただきたいですね。

まとめ

上手く利用すれば本当に楽に移動と外回りの出来る、キャリーバッグです。

ビジネスバッグとしての利用も、充分に耐えることが出来ます。

近頃では街中でも、結構このキャリーバッグを使っているビジネスマンを見かけるようになりました。

これがもっと普及してビジネスマンの疲れが軽減できると、キャリーバッグ仕様の意味がもっと大きくなるでしょう。

安全に、便利に使用していってみてください。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - キャリーバッグ