置き換えダイエットならソイプロテイン!ダイエットに向いている理由や効果的な飲み方

ダイエット方法の定番の1つが置き換えダイエットです。

栄養価の高い飲み物と食事と置き換えることで、1日の摂取カロリーを減らせて体重も減ってくれます。

そんな置き換えダイエットにぴったりなのが、大豆由来のソイプロテインです。

どうしてソイプロテインが置き換えダイエットにいいのか、具体的なやり方などを紹介しましょう。

Amazon新生活セール<最大5000ポイント還元>(3/27~3/30)




ソイプロテインの特徴

スポーツや筋トレに励んでいる人が飲んでいるのがプロテインです。

プロテインにもいくつかタイプがあり、置き換えダイエット向きなのが植物性プロテインのソイプロテインです。

原材料が大豆ですから、動物性のプロテインよりもカロリーが低いのが魅力です。

体にゆっくりと吸収されますから血液中のアミノ酸濃度を高く保つことができて、腹持ちもいいです。




置き換えダイエットの具体的なやり方

ソイプロテインの置き換えダイエットの具体的な方法について紹介しましょう。

1日1食を置き換える

1日3食の食事のうち、1食をプロテインと置き換えます。

軽めの食事1食よりもソイプロテインの方が低カロリーですから、1日の摂取カロリーを減らすことができます。

いつもより摂取カロリーがやや少なめになりますから、生活を変えなくても置き換えダイエットをやっているうちに、徐々に痩せてくれます。

2食もプロテインと置き換えてしまうと他の栄養が不足してしまいますから、置き換えダイエットは1日に1食がベストです。

夕食置き換えなら効果が出やすい

人によって違いますが、たいていは1日3食のうち夕食が一番カロリーが高いです。

夕食をプロテインと置き換えることで大幅にカロリーダウンできて、ダイエット効果が出やすくなります。

夕食後は自宅でゆっくり過ごすことが多いですから、空腹もあまり気になりません。

元々ソイプロテインは腹持ちがいいですから、夕食置き換えでも空腹になりにくいのが特徴です。

夕食が難しい場合は、昼食でも朝食でも大丈夫です。

運動をプラスすると効果的

基本的に置き換えダイエット中は運動をしなくても大丈夫です。

食事制限と同じで1日のカロリーを減らすことができますから、徐々に痩せてくれます。

普段から運動習慣がある人やしっかり効果を出したい人は、運動もプラスしてみましょう。

ウォーキングなどの有酸素運動なら脂肪燃焼効果が高くなりますし、筋トレのような無酸素運動なら筋肉量が増えて代謝もアップします。

置き換えダイエットに適している理由

筋トレなどを行って、筋肉を付けたい人から愛用されているのがソイプロテインです。

手っ取り早く痩せられる置き換えダイエットとして、青汁やスムージー、酵素ドリンクなども人気です。

他の飲み物と比べて、ソイプロテインが何故置き換えダイエットにいいのか、その理由を紹介しましょう。

低カロリーで太りにくい

プロテインは体を鍛えたりスポーツをしたりする人が愛用する飲み物です。

脂肪が付かないように配慮されていて、脂質や糖質がかなり減らされています。

スムージーなどのドリンクは甘みがあったりしますし、意外に炭水化物が含まれている場合もあります。

カロリーで比較するとソイプロテインの方が低カロリーで、脂肪が付きにくくて太りにくいです。

たんぱく質をたっぷり取れる

青汁や酵素ドリンクなどは、野菜や果物の栄養がたっぷりと含まれています。

ビタミンやミネラル類をしっかりと取ることができますが、ダイエットに重要なたんぱく質が不足しやすいです。

たんぱく質は体や筋肉を作る元になっていて、代謝を高めるのに必要不可欠です。

その点、大豆からたんぱく質のみを取り出したソイプロテインなら、豊富なたんぱく質を手軽に得ることができます。

種類によってはビタミンなども追加されていますし、イソフラボンなどの大豆の栄養も含まれていて栄養価に優れています。

費用を抑えられる

低価格なソイプロテインなら、1kgで2000円程度のものもあります。

青汁や粉末タイプのスムージーは1袋200g程度しか入っておらず、安いもので2000円程度です。

価格のみを見るとプロテインと青汁やスムージーは同等ですが、プロテインの方が圧倒的に量は多いです。

コスパを抑えてダイエットできて、続けやすいのがメリットです。

しなやかな筋肉が付きやすい

軽めの運動と併用することで、プロテイン本来の筋肉を鍛える働きにも期待できます。

筋肉を作る元となるたんぱく質が豊富ですから、筋肉の合成を助けたり回復をサポートしたりしてくれます。

女性なら適度な筋肉が付きやすく、しなやかでメリハリのあるボディを目指せます。

失敗しない置き換えダイエットのポイント

ソイプロテインで置き換えダイエットをするなら、失敗しない方法でやりたいものです。

ポイントを押さえておけば、リバウンドなどの心配もなくスムーズに痩せることができます。

徐々に食事を減らしていく

ある日突然、夕食をソイプロテインに置き換えてしまうと、空腹感に耐えられない場合もあります。

最初は食事を少し取りながらプロテインを飲んで、少しずつ食事の量を減らしていくのがおすすめです。

体が置き換えダイエットに慣れてきますから、空腹感に悩まされることも少なくなります。

低カロリーな飲み物に溶かす

プロテインは溶かす飲み物によっても、カロリーが違ってきます。

甘いジュース類だとどうしてもカロリーが高くなりますが、水などだと低カロリーですみます。

個人の好みもありますから、なるべくカロリーの低いドリンクに溶かして飲むようにしましょう。

できれば水がいいですが、飲みにくいなら牛乳よりも低カロリーな豆乳やアーモンドミルクなどがおすすめです。

基本的に間食はしない

置き換えダイエットやり始めの頃は、どうしてもお腹が空きやすくなります。

間食をしてしまうとついドカ食いになりがちですし、糖質などが体に吸収されてしまって太りやすくなります。

カロリーを抑えるためにも、基本的に間食はしないようにしましょう。

置き換えダイエットにぴったりなソイプロテイン

飲みやすくて空腹感を紛らわしてくれて、栄養価にも優れている置き換えダイエットに適したソイプロテインを紹介しましょう。

ザバス ソイプロテイン 100

大豆プロテイン100%とたんぱく質の含有率が高く、1杯当たり79Kcalと低カロリーです。

健康や美容にも重要なビタミン類が7種類もプラスされていますから、栄養バランスにも優れています。

ソイプロテインは大豆独特の味や香りがありますから、飲みにくいタイプも少なくありません。

ザハスのソイプロテインはココア味やミルクティー風味ですから、甘みもあって飲みやすく続けやすいです。

粉が溶けやすく残ったりしませんから、舌触りもよくなめらかです。

ボディウイング 大豆プロテイン

1kgで約2000円とコスパに優れたタイプです。

粉が溶けやすいですし大豆臭が抑えられていて、作りやすくて飲みやすくなっています。

人工甘味料や保存料など添加物が省かれていますから、体に優しいです。

原材料にもこだわっていますから、安全で安いプロテインを探している人に向いています。

まとめ

置き換えダイエットでリバウンドしてしまわないためには、筋肉を減らさないダイエットが重要です。

たんぱく質の塊であるソイプロテインなら、筋肉を減らさずにカロリーだけ減らしてくれます。

運動なしでもゆっくりと痩せていきますし、運動をプラスすると筋肉も付いてさらに効果的です。

ネットでも手軽に買えますしドラッグストアでも売っていますから、気になる人はお試ししてみましょう。

参考URL・参考文献・根拠など

https://www.meiji.co.jp/sports/sava…
https://www.amazon.co.jp/ボディ…